アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

受講生のスローセックスレポート詳細

受講生のスローセックスレポート詳細

受講生のスローセックスレポート

アダム徳永から直接指導を受けた受講生の感想です

男性たちの受講の感想を通して、より深くスローセックスの素晴らしさが理解できます。

【中村哲也(仮名)29歳】


アダム先生、先日はプライベート講習ありがとうございました。 さっそく成果を報告させて頂きたいと思います。
 彼女の部屋でいちゃいちゃして、いよいよベッドインです。教えて頂いたことを思い出しながら、彼女を愛撫し始めました。優しくアダムタッチで全身を愛撫し、彼女のあそこに手を伸ばした頃には太ももまで濡れるほど感じていました。そしていよいよGスポットの愛撫です。講習を思い出しながらゆっくりと指を入れていきました。集中して場所を確かめて指を動かし始めると、彼女はいきなり身をよじって感じ始めました。あまりにも気持ちよすぎて腰をずらして逃げようとします。おしりを手で支えて愛撫を続けました。指はぎゅうぎゅう締め付けられ、彼女は身の置き場がないように体をくねらせ、声を抑えようと必死で耐えていました。しばらく楽しんでから今度はTスポットです。これまた講習を思い出しながら体勢を整えて愛撫を始めると、彼女は耐えられずに声を漏らし、びくっと反応しました。愛撫を続けると体をがくがく震わせて感じていました。体を弓なりに反らしたり、枕に顔を埋めたりして快感に耐えているようでした。
「気を失っちゃいそう」「こんな気持ちいいの生まれてはじめて」おもいっきり感じてリラックスして開放的になったのか、以前よりもセックスに積極的になったようです。「今度は声を思いっきり出せるように、一日中ホテルでエッチしたいね」と甘えてきます。そして、僕を気持ちよくさせようと一生懸命愛撫をしてくれます。そんな彼女が愛おしく、「入れていい?」と聞くと、彼女が僕の上にまたがってきました。次の日は仕事だったので、一通りの体位を試して正常位でフィニッシュしました。彼女は足をがくがくさせて感じていました。そのまましばらくキスをしながら抱き合いました。それから、イチャイチャ抱き合いながら眠りにつきました。「寝る前にキスして良い?」と甘えてくる彼女がかわいいです。すばらしいセックスでした。おかげでさらに彼女との愛が深まったと思います。今後もアダム先生にいろんなことを教えて頂いて、もっともっと彼女を気持ちよくさせて上げたいと思います。ありがとうございました。