アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

受講生のスローセックスレポート詳細

受講生のスローセックスレポート詳細

受講生のスローセックスレポート

アダム徳永から直接指導を受けた受講生の感想です

男性たちの受講の感想を通して、より深くスローセックスの素晴らしさが理解できます。

【山本直樹(仮名)51歳】


アダム先生いつもお世話になっております。本日縁があって知り合いました女性にスローセックスを実践することができました。想像を絶する効果で我ながら驚いている次第です。少しでも日々スローセックスを勉強されている方々に参考になればと思いレポートさせて頂きます。
彼女は今まで付き合ってきた彼氏と満足の行く性生活を送ることができなかったと話してくれました。せっかく好きになった彼氏も、変わった性癖があり色々と悩んでおられました。また、今まで一度もイッたことがないとも告白してくれました。そのためでしょうか、今日私と初めてホテルに行きソファーでくつろいでいるときも、心なしか身体が震えていました。
講習で教わりました各ステップに従い、アダムタッチを実践しました。まずはうつ伏せの状態で、パウダーを背中、脚に振りかけてのアダムタッチ。彼女はとても気持ちよさそうにしており、時折身体をくねらせて感じ始めました。両脚のアダムタッチもかなり感じる様子でした。また、時折臀部への愛撫、スクラッチを入れメリハリを付けました。かなりジョイフラワーも濡れてきました。その後、仰向けになってもらい、髪を優しく撫でながら、頬、耳、顎のアダムタッチをソフトキスを織り交ぜながら行いました。
次に、脇の下、二の腕、肘のアダムタッチ。体制を横向きに変えて抱き合いながら、軽く乳房への愛撫、そのまま腹部に下がり、ジョイフラワーへの軽い愛撫。再度仰向けの体制に戻して、腹部、乳房のアダム達を行いました。乳房は焦らした後、乳首を軽く触れると、身体を激しく揺らして震わせながら、声を上げ始めました。そして、つねり、人差し指と中指でのバイブレーション、乳房筋への垂直方向からの刺激、等を行いました。次に、下部に移動し、ジョイフラワーへの愛撫を始めました。最初は縦のソフトタッチから始まり、徐々に中に挿入して縦横のバイブレーション、そして、G、AG、Tスポットの愛撫を実践しました。この時点で彼女は身体が麻痺しているかのように揺らし始め、「頭がおかしくなりそう」と叫び始めました。そして、クンニに入りました。彼女が今まで一度もイッたことがないと話していたため、ここはアダム先生から教わった一番の勝負処であることを思い出し、上皮を指で上げて、ひたすら粛々と舌でジョイフラワー愛撫を続けました。次第に彼女の口から「イキそう」との言葉がでるようになり、かなり私の舌も疲れて麻痺し始めましたが、諦めずにクンニを続けました。そして、とうとう彼女が身体を硬直させ、「イクー」との発生とともに激しく身体を動かし果てました。おそらく、30分から40分クンニをし続けたと思います。
その後、交接に入りました。ルービックキューブの動きを中心に行いました。まず、対面上体立位で、丹田に意識を集中して呼吸を行い、性エネルギーが私の体内と彼女の体内を循環していることをイメージするように心がけました。そして対面座位に移り、御互い抱き合いました。暫くすると、彼女が徐々に身体を震わせ始め、声もかなり荒々しくなって来ました。その後、騎上位、抱え騎上位、再度、対面座位、対面上体立位を繰り返し、彼女が一緒に「イキたい」と言ってきたため、最終的に正常位に体位を戻しました。そこで、私も溜まっていたエネルギーを最大限に集約させ、爆発するがのごとく、雄叫びをあげて一気に二人で絶頂に達しました。
終わった後、彼女は嬉しさのあまり目頭に涙を浮かべていたのが印象的でした。生まれて初めての感動だったと告白してくれました。そのまま、お互いの手を握り締めながら、1時間近く眠りについてしましました。目が覚めて、再びバスタブに入り、愛撫をすると再度彼女は官能し始めました。このような経験は初めたったようです。スローセックス恐るべしです。バスタブでリラックスするつもりで、彼女の身体にタッチすると、再度彼女は官能し始めました。これほどまでに、性エネルギーが影響を及ぼすとは思ってもおりませんでした。アダムタッチによる性エネルギーが彼女の身体を開花させ炎を付けたとは、まさしくこのようなことだと実感しました。しかし、あいにく、時間も迫っており、すでに4時間が経過しておりましたので、余韻は次回に取っておきましょうと彼女に話して、私がバスタブを後にしました。後で感想を聞いてみると、こんなに優しくしてもらったことは今までなかった。こんなにセックスが楽しいものだとは思っても見なかった。生まれて初めてイクことができて涙が出た。やはり、時間をかけて丁寧に行ったクンニが一番感じて感動したなど、喜びを説明してくれました。
このように感動を与える事ができたのも、一重にアダム先生のお陰です。本当にありがとうございます。
スローセックスも、マスコミで取り上げられ、ブログもかなり普及して、いよいよ新たな段階に入った気がいたします。これからも、国内のさらなる展開、さらに海外展開にも拍車が掛っていくことだと確信しております。
最後になりますが、超多忙のアダム先生。くれぐれも体調を壊されませんよう、健康に留意され、世界中の男女カップルの幸せ実現のために頑張られて下さい。