アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

単独男性講習の感想

単独男性講習の感想

単独男性講習の感想

アダム徳永から直接指導を受けた受講生の感想です。

受講生によって書かれた本音の内容です。

【後藤信司(仮名)50歳】


まず一番印象的だったことは何かと言うと、それはキスの心地よさです。これまで私は、キスは、あくまでも好きな女性と唇を合わせることによる「精神的な満足感・幸福感」を味わうものだと考えていました。極端な言い方ですが、キスはあくまでも恋愛感情と言う「気持ちの問題」なので、「身体的な感覚」だけで言うとキスの快感はゼロに等しいものだと思っていました。ですから、キスに関しては、正直なところテクニックは重要ではないと思っていましたし、練習する必要も感じていませんでした。また、相手の女性が私に恋愛感情を持っていない場合には、楽しくありませんでした。しかし、講習で丁寧に「Bキス」を教えていただいた結果、キスには「精神的な満足感」だけではなくて、お互いに相手の唇の柔らかさを味わうと言う「身体的な快感」もあるのだと知りました。これは、私にとって大きな発見でした。次に今回のモデルさんは、この講習が初めてとのことで、最初はとても緊張されていました。アダムタッチに対しても、「くすぐったい」と言われ、あまり気持ちよくない様子でした。「くすぐったい」と言われたのは今回が初めてで、私もなんとなく自信がぐらつきます。「これは良い経験になりますよ」「くすぐったいと言うのは感度が良い証拠」と言うアダム先生の言葉に励まされつつ、パームタッチを織り交ぜながら愛撫を続けます。特に脇腹へのアダムタッチについては、手の動かし方や自分でも気づかなかった癖を指摘していただき、とても勉強になりました。そしてとうとうクンニで、モデルさんの反応が豹変しました。それまでの堅い感じがまるで嘘のように、文字通り「我を忘れて」官能される様子は、驚くほどでした。そういえば、1回目の講習でクンニを指導していただいた時は、まさに感動でした。今回の講習をとおして、もう一度あのときの新鮮な感動を思い出すことができました。それにしても、講習と言う限られた時間にもかかわらず、モデルさんの性感が鮮やかに開花するのを目の当たりにすると、改めて「スローセックス」の威力を実感します。そして、このスローセックスの指導を、アダム先生から直々に受けられると言うのは、本当に貴重な経験だと思います。お陰さまで、また一歩、自信が深まった気がします。先生もおっしゃっていたとおり、3回目にしてやっとスローセックスが自分の中に根付いてきたように感じます。