アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

新庄麻里子(仮名) 46歳

家に帰っても、まるでシェークスピアの真夏の夜の夢みたいで、主人も「何だか不思議な夢を見ていたような気がするね」と言っていました。爽やかな笑顔で現れた先生は想像以上に清廉で、愛情が内から溢れているようでした。温かい笑顔と、深みのある声に緊張が解け、ゆったり優しい時間が流れました。そのあとの出来事は大学の実験のようであり、東洋医学の研究会のようでもあり、限りなく神聖なものでした。愛と性が統合されると、こんなにも人は幸福な気持ちになることを初めて知り、何度も涙ぐんでしまいました。せっかく20年前に東京で夫婦になったのに、仕事の重責から2年でセックスレスになり、今回また再び夫婦になることが出来て・・夫婦どころか、まるで恋人の頃に戻ったような新鮮な毎日です。
スローセックスは、こんなにもお互いを慈しむ行為なんですね。セックスレスが解消されたのではなく、初めてセックスを経験したような気がします。アダム先生から講習を受けた日が私達の結婚式、これからは2人で性愛を築いていきます。ひとつ困るのは、スキンシップが苦手だった主人が、毎晩くっついてきてアダムタッチをしたがるんです。「眠いから、また明日ね」そう言うと、しょんぼりして寝ますけど~これまでのことを考えると、嬉しすぎる悩みですね。先生のお陰で18年ぶりに肌を触れ合い、抱きしめ合い、愛し合うことが出来、素晴らしいギフトを頂きました。今も優しい笑顔が浮かびます。本当に有難うございました。

☆☆☆

新庄義久(仮名) 50歳

すべては夢の世界のようでした。現実とは思えない小説か映画の世界の出来事のよう。
それだけ強烈で感動的な経験でした。「生まれ変わる」とはよく言葉では言いますが、現実に感じたのは今回が初めてのような気がします。
私は過去に妻を裏切ることをしてしまい、ひどく傷つけてしまいました。妻は傷つき苦しみながらも私を許そうとし、それでも苦しみ、たどり着いたのがアダム先生でした。
アダム先生は不思議な雰囲気を持つ方でした。端正で清潔感のある方でした。私はとても素直な気持ちで、先生の指導に身も心も委ねることができました。おそらく妻もそうだったでしょう。アダムタッチや様々な愛撫のし方など、まるで学生に戻ったかのように一心に学び、吸収しようとしました。それは私にとって初めての学び、新鮮な驚きと喜びの学びでした。3時間はあっという間に経ち、過ぎてみれば夢の世界を漂っていたように思います。先生が教えてくれたこと、それは技術だけでなく心の持ちようでした。過去の贖罪に生きるのではなく、前を向き現在をこれからをしっかり生きること。もっと早く学んでいればという後悔でなく、今からでも決して遅くはないこと、今までの苦しみやマイナスが大きければ逆にそれだけこれからの喜びやプラスが大きいこと。など、様々教えていただきました。身に沁みる心に沁みる言葉でした。妻と私は、翌日、先生の教えを思い出しながら愛撫しあい、慈しみ合い、最後に二人向き合い抱き合ってすることができました。その時の喜びは、言葉では言い表せません。これ以上の喜びはない、こんな世界がある。感動に満たされました。まだまだ学ぶことは多い私です。しかしこれから妻と二人で、二人だけの喜びの道を捜し歩くことができる。二人の関係を再生し、喜びに充ちたものに作り上げていくことができる、そういう自信のようなものも生まれたように感じます。