アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

先日、2月2日にカップル講習を受けた、名古屋の羽田尉子です。やっと感想を書ける気持ちになりました。まとまりがなく、長くなるかもしれませんが、書いてみます。主人と出会ったのは、青年海外協力隊でインドネシアのスマトラ島のメダンという田舎の大都市です。私が看護師として先に赴任しており、1年後に、主人は電話線路の隊員としてメダンに赴任してきました。
それからいろいろと起きた偶然は、後で考えると「出会って、結婚するためにインドネシアへ行った」としか言えないもので、それはその後の結婚生活を続けてきた理由になっていた気がします。
子供が産まれて、主人は子育てにエネルギーを注ぎ、2人目が生まれてすぐに「子供と一緒にいたい」という理由で会社をやめて、自然農を始めました。(当時アセンションとか、波動の法則とかにも影響されていました)私もその時はまだインドネシア生活の延長だったので「生きていればなんとかなるわ。生活できなかったら農業をやめればいい」くらいのつもりでした。
ところがそれから、経済難で、私の課題の、お金に対する恐怖や思い込みを嫌というほど経験することになり、それを理解し、解決してくれない主人に対する怒りや恨みを溜めていました。それに、長年の、しかも24時間一緒に居る生活の中で、男女の違いを理解せずに過ごしてきたので、お互いの中にある、相手に理解してもらえない不満、相手に対する不信感は腹の中に溜まっていました。そして喧嘩にも疲れて、諦めていました。
主人を当てにせず、私が自分で何とかしようと働きまくり、私一人が我慢して苦労しているように見えて、主人は主人で、苦労してぼろぼろの老けた妻を見せつけられて、男としての尊厳を奪われ、私に構ってももらえず、「疲れている」という理由でSEXも拒否されて、
という、循環に陥っていました。私は無意識に復讐していました。その結果、自分がそれを受け取っていたのに。
昨年の春から、3番目の末っ子が高校で寮に入り、夫婦二人だけの生活が始まって、このまま人生の終わりに向かうのかを考えた時に、「このままでは死ぬ時に後悔する」「ふたりで楽しいことを見つけよう、わくわくしていたら経済も含めて回るはず」と意見が一致して、
その為にも主人は夫婦の問題を解決したいと思っていて、姫野友美先生の男女の違いの本を聞いて(今は仕事しながら音読で聞けて便利です)、私も目からうろこ、頭では男女の違いを理解できて、以前よりは怒りが減っていました。 いや、怒っても主人に「男女の違い」と言われて思い出す、って感じです。
しかし根源にある怒りや恨みはしっかりと根を張っていて、たまに大爆発となり、どちらかが話を始めても、相手を認めないので、最後は喧嘩になってしまう。私は主人は必ず自分を押し通す、と思うし、主人は私が絶対に折れない、と思ってて、理解を進める解決方法がわからずにいました。
主人は性欲が強くて、何か大きなブロックがあり、何をしても満たされない感じは以前からあって、なけなしのお金を全部渡して、ソープに行かせたこともあります。でも満足は一時的なものでした。最近はそのブロックを外すために、自分の性欲を認めて満たすのが先、と、コスプレやエッチ下着を買って、それを私に着せてからSEXをするようになりました。
私は最初は、主人の性に対するブロックが外れるのなら良い、と付き合っていましたが、それをやると、自分の中の怒りがたまってくるのがわかり、次第に、SEX途中でも拒否するようになり、主人はそれなら、私にソープ嬢のように満足させてくれと言い出し、それもそうだ、とチャレンジしましたが、もちろんできないし、やる気も出ないし。2人とも先がない状態になりました。
そんな時に主人はアダム先生を知り、本を読み、「男は愛する生き物」「女は愛される生き物」に感激して、解決方法はこれしかない、とビデオを見て、パームタッチ、アダムタッチをしてくれました。私は初めてそれを受けて、安心して主人の愛を感じて、心と細胞が開かれることを実感して、SEXで初めて、クリトリスの刺激ではなく、膣の中にペニスが入っていることで、膣でいきました。それまでは挿入した状態で、クリトリスに主人のペニスの根元が当たるのでクリトリスでしか、感じた事が無かったのです。自分は、膣は感じないと思っていたので、びっくりしました。
その後、順調にいくかと思いきや、主人はビデオの通りだと、1回のSEXで数時間かかる、と言うことに躊躇し、まずは自分の性欲を満たすのが先と、またコスプレに戻ったのです。もちろん二人の関係がうまくいくはずもなく、主人の性欲も満たされない。問題解決脳の主人もこのままでは先がない、と思ったのか、まずはアダム先生に会おう、と、大きなハードルでしたが、カップル講習を申し込んでくれました。
他の人に裸を見られるとか、主人とのSEXを相談するとか、を考えると、どうなるのだろうという不安はありましたが、このままじゃあ、この先の人生をどうしたらいいのかわからない。それに、東京へ行く前はその段取りでいろいろと忙しくてまずは無事に東京へ行けるのか、とか、で直前まであまり考えずにいました。
実際にアダム先生が部屋に入ってきて、スマートで誠実で真面目な感じにほっとして、実物に会えて感激し、安心して話をしました。講習が始まってからは、身体を触られても恥ずかしいと思うこともなく、終わってからは誰も教えてくれない、「大事なことを教わった」という感覚でした。
その日の夜は、二人とも東京まで来た目的が達成されて、気持ちが解放されて、二人でゆっくりと食事したり、お酒を飲んだりしました。翌日朝に、講習で学んだことを実践して
十分ではないものの、今までと違うSEXができ、今まで嫌だった、キスや乳房、クリトリスへの愛撫が嫌じゃなくなり、「後はこれを実践していけばいい」という確信を持てたと思っていました。
ところが、帰りの道中で話していたら、またいつもと同じ口喧嘩になり、中身は全く変わっていない自分たちに気づきました。光を見て、深い深い影もくっきりと現れたのか、以前よりも、話をするとひどくお互いを傷つけあう、という印象。
それから、いろいろと話をするうちに、主人は自分だけが女性を喜ばせる、奉仕するということに大きな不満を持っていて、その気にさせるエネルギーになるものを、私が出してないということに不満を持っているとわかりました。
主人はいろいろと調べて、有名店のホステスさんの本とか、甘え上手な女性の本とかを読んで、それを実践してと言いました。私も納得し、反省して、確かにそうだ、と実際にはどうしたら良いかわからないと混乱しながらもやろうと思いましたが、ずっと一緒に生活している人が話すことに同意できない場合は、違うと思っているのに「そうよねー」とどうしても簡単に聞き流せませんでした。違う理解をされたら、後で困ると思ってしまいます。
そんな中でもスローSEXをやるしかない、とやろうとしていた講習から5日目に、主人が突然口もきかずに黙り込み、不機嫌な様子になり、何もしないので、そのまま二人とも寝てしまいました。翌日も主人は何を聞いても返事もせずに、食事を聞いても「要らない」の一言で、一日布団でふて寝?していました。何かあるのはわかっていましたが、主人が言い出すまで待っていました。
夕方まで主人は布団の中で、「こんなに自分を認めてくれない女性に何を注ぎ込んでも無駄」「どうして自分が幸せになれないのに、一緒にいるんだろう?」「いっそのこと離婚してやり治す方がいい」という結論になっていたようでしたが、その後、偶然、昔買っていたいくつかのSEXに関する本を手に取り、その中の1冊「マグダラの書」を読んで衝撃を受けて、一転して、SEXで男性が女性から受け取るものの大きさに気づき、やっと心から、妻を愛する決心をしたそうです。
「マグダラの書」は昔読んだ時には全く理解不能でしたが、私も再度読んでみたら、アダム先生が言っていることと同じで、講習を受けた後の今、よく理解できました。そしてそれが幸せになる唯一の道で、すべてがうまく回りだすということも。アダム先生はイシスの性愛の指導者でしたね?そしてイエスとマグダラのマリアは、決して手の届かない人ではなく、同じ肉体を持った人間。普通の人でも、スローSEXを実践することで、イエスとマリアの境地に近づけると思いました。
昔から不思議だった錬金術に関しても、アダム先生がおっしゃっている、「愛で満たされていたら、愛が寄ってくる」結果が同じエネルギーであるお金も寄ってくるんだなあ、と理解しました。本来は、現実に物質化するという事らしいですが、私の中では、類は友を呼ぶ、という理解です。
話を戻すと、さすがにその日、主人から、今まで私に傷つけられてきた男の気持ちを延々と聞かされて、それは「私を非難しているわけじゃあない」と言われても、私はずっと非難されているように感じ、心が痛くて涙が出ました。同じことを、私も主人を非難しているつもりでなくても言っていたので、それが主人の心に溜まっていて、「私を愛する」と決心できなかったんだと反省もしました。

私の心の痛みが治まってから、主人は私を愛する、私は主人に愛される、という決心を改めてやって、やっと講習後7日目から、スローSEXに取り組んでいます。私はエクスタシーで爆発するエネルギーを自分の中に留めて主人に渡し、主人は私の中にエネルギーを注いでくれます。
まだ始まったばかりですが確実にSEXは今までと違います。これからもまだいろいろと出てくるかもしれませんが、2人で乗り越えていきたいです。主人も私も、心と身体の調子が良いです。私は顔も皮膚も体型も若返っています。この前は気が付いたら4時間経っていましたが、昨日は4時間くらい過ぎていると思ったら2時間弱でした。身体の感覚に集中していて、時間感覚がありません。
まとまりがなく、長くなってしまいましたがこれからの人生に期待、希望が見えます。
ありがとうございます!!アダム先生にお会いできたこと、本当に感謝します。これからもお身体を大事にして沢山の人を救って、でも先生自身の幸せを一番に考えてください。

☆☆☆

丁寧なお返事、ありがとうございます!東京に行ってからの変化は大きくて、喧嘩や不満が噴出したりと大変でしたが、10日ほどで落ち着きました。主人は「妻を愛しぬく」と決意してくれて、私の方がそれに応えられるのか、少々不安もあります。が、私は私らしく居よう、と思っています。それに今まで外観は放棄していたのですが(笑)周りに「奇麗になった」と注目されるようになって、気になり始めました。あまりに汚いままだと、主人にも申し訳ないと思えるように。おしゃれの楽しさも、若い時のように思い出してきました。
先生にお会いしてから、多くの気づきやシンクロが起こり、昔の本や、新しい本に出会い今まで知識だけで、おとぎの話だったものが実際に体験できるという確信に変わってきています。今は週に3回月水金でスローセックスをやってみようと決めて始めています。まだとても寒いので、暖かい部屋を用意しようと今日新しいエアコンが民宿のほうに設置されます。ほかにもアロマやガウンを買って、主人は本気で環境を整えてくれています。そして、おかしな話ですが、私は予定が決まっていた方が準備や心構えで安心するのに気づきました。ムードでその気になって、と言うのは朝ならその日の予定とか、夜は遅くなって翌日早い時とかはもうそれが気になってしまい、没頭できません。そして主人はセックスの無い日は、「マスターベーションで射精をしない」練習に励んでいるようです。
男って面白いですね。というか、やぎ座だからか(アダム先生も?)何か目標があると、それに夢中になれるようです。二人ともアルコールは弱くて夕食で少しでも飲んでしまうと、すぐに寝てしまうので、その決まった日はアルコールを飲まずに、早めに食事を終わらせます。こういうのもありなんだなあ、と面白く感じています。決まって「ハイ、じゃあ」という風に始めてもパームタッチ、アダムタッチと進んでいくと私があえいでしまって、だんだんと気分は盛り上がっていくので、結婚20年過ぎていてもムードは起こって不思議です。
主人は今は「イニシエーション」という本を夢中で読んでいます。エジプトへ行き、イシス宮殿?を見に行くんだそうです。私は興味がないので留守番します。これからが楽しみでやはり大きな機転は先生にお会いできたことです。そこからすべてが動き出した感じがしています。どうかお身体を大事にしてくださいね。そして休みたくなったら、ぜひゆっくり遊びに来てください。またまた長くなって申し訳ありません。返事は結構です。ありがとうございました。