アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

こんにちは。先日のカップル講習でお世話になりました関谷成美です。あのときは本当にありがとうございました。今はふたりで、言葉にならないくらい感謝しています。最初は緊張で固まっていましたが、先生からはセックスに対してまっすぐに向き合われている姿勢を感じましたし、講習中はずっと温かいお心遣いや愛情に包まれているような感覚で、先生のお気持ちに触れているうちに徐々に緊張も解けていきました。
先生の、よいセックスの先に幸せな妊娠があるのだから、それがないまま不妊治療で授かるのは本末転倒で・・というお話は、実は私も胸の奥に引っかかっていたことだったので、ドキリとしましたし、納得もできました。
スローセックスは、先生におそわった通りにやってみると、皮膚の感覚が繊細になって、彼からの愛情がすんなり体に入ってくるように感じました。また「性エネルギーが子宮にたまって、上へ上がっていく」というのも体感で分りました。
挿入が痛くて辛い、と思っていた私にとって「互いを感じあうことも、これもセックスだから」、という言葉は「必ずしも挿入にたどり着かなくてもいいんだな。この、相手を楽しむ過程すべてがセックスなんだな」と、今の自分を肯定されたようで、特に安心感をおぼえました。
気の交流の際は、先生から陰部を通じて体の中に風が吹いてくる感覚がありましたし、それでどんどん気持ちよくなる自分にも驚きました。また最後に彼と交流していたときは、体中がじんじんして幸せが込み上げてきて、自分でも不思議だったのですが、涙がとめどなく溢れてきました。
先生が帰られた後、すぐにベッドで教わったことを試してみました。先生から「ふたりで楽しんで研究してみて」と言われたTスポットは、私が少し背中を反らして腰を前に出すとうまく当たり、強い快感を味わうことができました。今までなかった色んな体位で挿入して、また触れ合ってと繰り返していましたが、最後は初めてアダムオイルなしでするりと入っていきました。セックスの途中では、これまでにない嬉しさや幸せがこみあげてきて、また涙がこぼれ、それを見て彼も涙を見せ、ふたりで涙をこぼしながら幸せなキスを何度も交わしました。
体中がじんじんして、相手に触れているだけでとても嬉しくて、途中で冗談を言って笑いあったり、また始めたり・・時計を見たら5時間も経っていて、すっかり深夜になっていてびっくりしました!挿入を目的にしなくても、お互いに触れ合って、肌触りや匂いを楽しんで、相手の全部を五感で感じ合うことがこんなに幸せなのだと改めて思いましたし、こんなセックスがあるのだと初めて知ることができました。
翌日は寝不足だったはずなのに、お肌はツルツルで体もスッキリ。体も疲れ知らずで、六本木から国会議事堂、日比谷、銀座、新橋と手をつないでたくさんお散歩して帰りました。
また、「うちに帰って魔法が解けちゃったらどうしよう・・」とちょっと心配だったのですが、全然そんなことはなく、むしろこれからのスローセックスへの期待で感度が上がっていました。先生が、スローセックスを覚えたら女性の方が底なしになる、と言われていたのが分るような気がします。これまではセックスのたびに寒々しい気持ちになっていたのですが、これからは声を押し殺すのが難しくなりそうで、毎週末ホテルに行かなくちゃね(笑)、と話しています。
あれからはセックスが楽しみになっただけでなく、お互いが自分にとってかけがえのない人なのだという、愛おしい気持ちが日常の中でも増してきましたし、何というか活力が沸いてくる感じがしています。メルマガでたくさんの方々の体験談を読むにつけ、こんなに変われる人もいるんだな、私たちもその恩恵の一端だけでも受け取れたら・・と藁にもすがる思いで受けた講習でしたが、こんなに人生の質がガラリと変われるとは思ってもいませんでした。またセックスはいやらしいものというイメージがあったのですが、本当はごく自然なことで、幸せを交わし合うもので、幸せの源になるものだったんだなと感じています。たぶん私たちはまだ序の口で、これからたくさん幸 せを感じ合っていくのだろうと思っています。
あらためて本やDVDを拝見すると、講習後の方が実感を持ってすんなりと身に入りますし、これまで先生が言われていたことは決して大げさなことではなく、本当にそのまんまだったんだなと分かりました。むしろ過剰な演出をされない先生の誠実さ、芯の太さ、スローセックスに人生を掛けていらっしゃる姿勢を改めて感じました。
実は昨年の5月14日は、ホテルからほど近い場所で挙式と披露宴を行った、人生でも忘れられない日でした。ちょうど一年後のこの日に、偶然にもまた人生の転換期が重なった幸せな偶然を、心から嬉しく思っています。来年の今頃は赤ちゃんを抱っこできていたらいいねと、ふたりで思いを馳せています。そのときはまた、幸せな報告をさせて下さい。
先生からはかけがえのない一生の宝物を頂いたと思っていますし、このご縁を頂けたことを心から感謝しています。本当にどうもありがとうございました。心からの感謝を申し上げます。

☆☆☆

関谷哲治(仮名) 44歳

こんにちは。先日は本当にありがとうございました。初めてお会いしたとき、自宅で拝見していたDVDとまったく変わらない、背筋の伸びたスマートで若々しいお姿に驚きました。これまでセックスで妻を感じさせることができず自信をなくし、困り果てて講習を申し込んだのですが、先生の手ほどきを受けて、妻がどんどん反応を見せてくれる様子に本当に嬉しくなりました。
自分の腕の中で官能する妻を、あらためて可愛らしく、愛おしく感じ、自分がここまでできるのだと自信を持てるようになりましたし、人生が変わる思いでした。また今 までセックスに対してどこかいやらしいものという思いがあったのですが、先生とお会いしてそのイメージが大きく変わりました。もっと神聖なもので、最高のコミュニケーションなんですね。
決して安くない金額に最初はためらっていましたが、今ではお金に換えられない、大きな財産を頂いたと思っています。これからふたりで、楽しみながらよいセックスを重ねていきたいと思っています。本当にどうもありがとうございました。

☆受講前の質問 

こんにちは。明日のカップル講習でお世話になる、関谷成美と申します。今は期待と緊張の入り混じった気持ちでおります。当日を前にして、限られたお時間の中で私達の背景や行き詰まっている状態をうまくお伝えできるかどうか、何より短い時間で先生からちゃんと技術を吸収して身につけられるかどうか、少し不安に思っています。また彼の前ではお話ししずらい内容もあります。講習を実のあるものにするために、少しでも私達のことをご理解頂ければと思い、ためらわれたのですがメールを送らせて頂くことにしました。どうぞお許しください。
彼は44歳で私は41歳、現在新婚1年目です。しかし彼とのセックスで感じることができず、毎回痛みと虚しさが残り、今は多くて月に1回程度となってしまいました。彼は一見明るくフランクな人柄なのですが、中身はシャイでデリケートな人です。交際中の初めてのセックスの際に、実は交際も女性経験もないのだと打ち明けられました。そのときは私のリードで切り抜けましたが、私もこれまで1人の人と長く交際していただけでセックスには自信がなく、困っていたときにアダム先生の本を知って購入しました。
読んで気が付いたのですが、私の初めての相手が、なんとアダムテクニックを駆使してくれていたのでした。その彼と8年付き合う間に、処女だった私はすっかり開発され、毎回絶叫して、驚くほどシーツをびしょ濡れにするようになりました(元彼とのセックスは主人に話したことはありません)。
ただその中で軽くイクことは多かったのですが、はっきりと強くイクという感覚は掴めないままでした…。イキそうになると、無意識に「どうなってしまうかわからなくて怖い。自分を抑えなければ。」という気持ちが生まれていたからかもしれません。これも小さな悩みのひとつです。それでもセックスは温かくて幸せに満ちたものという実感を充分持っていたのですが、主人とのセックスでは驚くほど何も感じないのです。濡れたことも全くありません。同じアダムテクニックなのに、です。
むしろ皮膚の弱い私は、主人とセックスし始めの頃は、終わった後2日間ほど乳首や陰部、皮膚がヒリヒリしていました。セックスの最中は、私が高ぶって いかないとヒリヒリした皮膚をいつまでも触れられて続けてしまうことになるため、途中から感じたふりをしていたこともあり、彼もそんなに熱心に先生の本を読み込んでくれませんでした。
しかし、きちんと向き合ってくれない姿勢に辛くなった私がセックス中に何度か泣いて訴えてから、不器用ながらも今では真剣に取り組んでくれるようになりました。…ですが、どうしてもただ優しく触られているだけで、セックスの快感には程遠いのです。自分でもどうしてこんなに感じないのか全然わかりません。
首筋や胸を触れられているあたりは少しずつ高ぶっていくのですが、その後は徐々に冷めてしまい、クリトリスにたどり着く頃には冷め切っていて痛みしかありません。
アダムオイルがあるから、かろうじて緩やかな気持ち良さと挿入ができています(ですがいつも痛みが残ります)。ふたりで悩んで、DVDも拝見して取り組んでいるのですが、「うっすら気持ちいい」くらいでとどまっています。また彼にも快感を味わってもらいたくて色々触れてみるのですが、くすぐったがって笑い出してしまい、いつも「男はペニスしか感じない」と言われてしまいます。ふたりともプラトニックなタイプですが、こうなってみると、やはりセックスが愛情を高めるために大切なものだったと知りましたし、あの宇宙に漂うような幸せな感じをふたりで味わうことは一生ないのかと思うと、さみしい思いがしています。私は、普段から女友達でもセックスの話をすることはほぼありませんし、まして主人とのことを相談もできません。ハグやキスは毎日交わしてとても幸せですが、セックスになると億劫で仕方ありません。もうご相談するのはアダム先生しかないと思い、少し恥ずかしい気持ちを押して、講習を申し込ませて頂きました。お互いを思う気持ちを、どうかセックスで形に表して、幸せを分かち合いたいと思っています。お忙しい中長文をお読み下さり、本当にありがとうございました。当日は、どうぞよろしくお願い致します。