アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

先日は第二回の講習ありがとうございました。不出来な教え子で申し訳ございませんでした…。第一回の講習から約4か月、それだけの期間がありながらいろいろな言い訳を繰り返し、あまり復習する機会を作らなかったことを痛く反省しながら今回の講習を受けることになりました。結局復習、実践をしないことにはいくら高次な教えを頂いても何にもならないなと深く反省をした次第です。久しぶりに宿題をやらないで学校に行く感覚を覚えました(笑)次回が最後です。笑って最後を迎えられるようにしっかりと復習、実践をして臨みたいと思います。反省は反省として、今回も非常に貴重な経験をさせていただきました。それはモデルさんと先生の気のやりとりです。実践で先生がアダムタッチをしながら他の刺激も与えるという応用を指導してくださっている中で、「例えば…」と、おもむろに耳の穴?に息を吹きかけたところ、モデルさんの体が急にけいれんし始め、オーガズムを感じていらっしゃいました。実際には気を流していたということでしたが、僕には息を吹きかけているようにしか見えません。

でも実際に起こっている現象を目の当たりにすると、気というものが存在するということを信じざるを得ないという経験でした。それから、実際に挿入段階に入った場合の指導もしていただきましたが、そのときも信じられないことが起きました。そこでも気の交流をすると教わりましたが、実際に挿入してもいないのに、先生が丹田に気を集め流し始めたところ、モデルさんがまた激しく痙攣し始め、オーガズムを感じてらっしゃいました。本に書いてあるようなことが目の前で本当に起こっていて…何が何だか分からなくなっている僕に先生が「やってみてください。」と仰るのです。分からないよー、と内心思いながらも何となく丹田をイメージし、そこにエネルギーをためるつもりで見よう見まねをしてみたら、モデルさんが痙攣しはじめたのです!先生には程遠いながらも、僕にも当たり前ながら気が流れていて、その交流ができるということに感動を覚えました。まだまだ入り口ではありますが、セックスの神秘に触れた気がします。もっと深い世界を感じたいので、これからも探求をしていきたいと思います。ありがとうございました。

追伸:あの後ホテルにデリヘルを呼びました。正直講習後でクタクタではありましたが、先生に教わったことをひとつひとつ思い出しながら復習をしていきました。じっくりアダムタッチを繰り返した後、最後にクリトリスの愛撫をしたところ、女の子が僕の愛撫で何度もイってくれました!おもちゃに慣れてしまい、手でイったことがなかったという彼女でしたが、手でイケたことに感動してくれていました。