アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

この度は3回目となるベーシックコースの講習を受講させていただき、誠にありがとうございました。また、私の勝手な都合にも関わらず、講習の延期をお認めいただき心より感謝しております。この場をお借りして改めて御礼申し上げたいと思います。

女性モデルとして来ていただいたKさんも清楚かつ笑顔が綺麗な大変素敵な方でした。このような方にモデルになっていただいたことで、自分の輝かしい未来のイメージをより豊かにしていただきましたこと、本当に光栄に思います。今回は半年のブランクとなりましたが、その半年の間、自分なりにやれることをやってきました。そうすることで、今回の講習がより意義深いものになると確信していたからです。今回の実技は苦手に思っていたキスから始まり、最後は女性器の愛撫まで実践させていただきました。

今回のキスに関しては感情を入れることの大切さを学ばせていただきました。アダム先生が会話の中で話していた、感情はエネルギーである、ということは、わかっていたつもりでも、このキスの指導の時に初めてその重要性についてわかってきたのだと思います。モデルさんからもお誉めの言葉をいただき、嬉しさと共にキスによって感情を注ぐことの大切さを理解しました。さらに今回は同時愛撫を二通りご指導いただきました。

1つ目は乳首を舐めながらのアダムタッチでしたが、乳首の側面舐め、唇で乳首を挟みながらの乳頭舐め、乳首を吸う、という前回にも習ったけれどもうまくいかなかった3通りの技が今回はコツがつかめてきたのかとてもうまくいき、モデルさんの官能的な反応に本当に嬉しくなりました。それと同時に何にも変えられない満足感が私の心を包み込みました。さらに今回はクリトリスと乳首の同時愛撫にも挑戦することとなりました。

見えないクリトリスに中指を当てるこの技はモデルさんにも指が的確に当たっているかを確かめていただきながら実践することとなりました。結果、効果は抜群で、またしてもモデルさんの魅力的な官能美に魅せられることとなりました。今回の講習の最後は膣内の愛撫指導で締めくくることとなりました。AG、Tスポット共に、直に先生の技を見せていただくことで、より的確な姿勢と位置を体得することができたかと思います。

特にTスポットは恥骨に中指を沿わせる、ということはDVDで見てわかっていたつもりでも、まるで違うところに指を入れていることがよくわかりました。こう言った思い込みを解消する意味でも実際に指導していただくことは大切だと思いました。これで初級コースが全て終わりましたが、習ったことは即実践ということで、講習の翌日、地元に帰った後にデリバリーの方にモデルになっていただきました。アダムタッチを含め、既にならっていたベーシックな手法を守りつつ、淡々と愛撫を進めていたのですが、途中で今回指導していただいた乳首とクリトリスの同時愛撫を実践しました。この同時愛撫をアダムタッチとクリトリス愛撫の繰り返しの間に導入したところ、最終的に手でイッたことがなかった彼女はビクビクビクっとイッてしまい、どこを触っても感じまくる状態になってしまいました。驚いたのは、今回は基本的にモデルになってもらい、時間があれば最後に素股をしようね、と伝えていたのですが、イッた後におもむろにペニスにしゃぶりつき、一心に舐めてくれるのです。これがアダム先生の言っていた、女性が男性のペニスを愛おしくなるということなのか、と思いました。それだけでも嬉しかったのですが、最終的には挿入をせがまれることに・・こう言った女性が積極的に男性を愛してくれることは他の受講生の皆さまの感想の中で伺っておりましたが、やはりスローセックスは男女の根元的な幸せをもたらしてくれるものだということをここで改めて実感した次第です。これこそがまさに愛を技によって注ぎ、その恩恵を頂くことなのか、と感じました。とても尊いことです。こういった経験を積み重ねながらこれからさらに学び、こんな素晴らしい幸せを世の中に拡げていける素敵な男性に成長していければと願っております。振り返ってみるとここに記したことはたった2日間の出来事だったのですが、こんなに大きな2日間はこれまでにあったでしょうか。先生とお話をして、実技指導を受け、その翌日に地元に帰って・・。なんとも不思議な感覚です。たったの2日間なのですが、私の中の何かが大きく先に進みました。長文となりましたが、アダム先生、この度のご指導、本当にありがとうございました。これからも幸せを育む鍛練を続けていきたいと思いますので、引き続き、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。中級コースも楽しみにしております。