アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

お世話になっております。お忙しいところ恐縮ですが、自主訓練(第2回目)をレポートさせて頂きます。
場所、鶯谷のラブホテル。形態、デリヘル 80分コース。女性、九州の南、おそらく熊本あたり)出身の35歳。 身長155センチ程度、やせ形ですが、胸はDカップぐらい御座いました。
感じやすい体質であり、また体に触れられることがとても大好きだという女性でした。
スローセックスの説明を終えて、入力時間などを除くと、プレイ時間は45分となりました。大陰唇への愛撫は残り20分のところでした。アダムオイルにて大陰唇、膣口を含む小陰唇の愛撫を行い、クリトリスへの愛撫となりました。以前、クリトリスが小さいと男性から言われたことがあり気にされていました。決して小さくないと思いましたので、その旨をお伝えして致しました。ご安心頂いたと思います。両ひざを折り曲げた状態で股を全開に開かれて官能してくださりました。
おそらく、もともと性感脳の感度が好い女性でした。数滴ですがアダムオイルとは違う滴を大陰唇の外側に確認いたしましたので、膣口?から愛液が若干飛び出したのだな、と思いました。右手を固定してのクリトリスへの愛戯の際は、女性がいまどのレベルまで感じているかわからない、というところに難しさを感じました。この点については、実際にどのような流れやリズムや脳への刺激を感じていたのか、をセッション後に丁寧に質問するべきだとも思いました。(質問時には、最初から最後までの流れを説明し、そのときの良し悪しを割合雑に確認してしました。それだけですと、自分の施術に対してやはり優しいかたは良いことを言ってくれようとしてくださる傾向があると思いました。)途中、『イカせようとしているでしょ?』と彼女に笑みを浮かべながら聞かれました。自分と彼女にプレッシャーをかけないためにも『何時間でも(クリトリスへの愛撫を)するから、それは気にしなくていいよ』と伝えました。この発言が適切であったかどうか、、、疑問が残りました。
そこから、クリトリスへのアダムタッチスピードを上げました。それまでは、10秒で30タッチ程度でしたが、35~37タッチへ上げました(あとから再現して時間回数を計測したため、実際はもう少し少なかったかもしれません)。そうすると、彼女の官能がさらに上がりまして、そこから1~2分程度でイッテ頂くことが出来ました。全身を硬直させて、10秒程度悶えました。全身のアダムタッチの精度をあげ、かつもっと時間をかければ、さらにオーガズムレベルはあがるかもしれない、と思うともっと気持ちよくなってもらいたい、と欲が出てきました。
セッション後の感想では以下の話が出ました。乳首への愛撫は、人によってはもう少し強くてもいいかもしれない。風俗嬢という職業柄、バイブレーターの強さになれているため、イキにくい体になっている。(実際に使用しているバイブレーターを出してくださいました。強さ10段階中、今は3段階目でないと感じない、とのこと。私の股間に当ててくださり、結構強い刺激を感じることが出来ました。また自分でする際はクリトリスは剥かない、とのこと。)そのため、手でイクことはあまりない、という感想でした。彼女は一度クリトリスにてイクと、その後はくすぐったくなってしまう、とのこと。人によっては何度もイクひともいますよ、とアドバイス頂きました。

反省
背中に施すアダムタッチのスピードが速くなってしまったことです。パームタッチのスピード感とその時のカジュアルな感情がアダムタッチに変えたあとの官能モードへの切り替えが甘いためだと自己分析しております。

ご質問
クリトリスにてイッたあとは、再度同じように刺激を与えないほうが宜しいのでしょうか?例えば、2回目以降は、膣内への愛撫へ変更するなどが効果的でしょうか?現在のスキルレベルでは出来ることが限られているための悩みだとは考えておりますが、ご助言頂けますと幸いです。