アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

スローセックス実践報告を行います。ホテルに入り、いつものようにセッティングを行いました。ソファーに座りながらお互いの近況報告をしました。時々キスをしながらお互い寄り添っていました。その後、バスタブの温度を何度か確認。お湯が溜まったので、前回教わった手順に入りました。ベットの上でソフトキスから始まり、洋服の上からのアダムタッチ。胸元から手を入れて乳房へのタッチ。ズボンを履かれていたので、ベルトを緩め下げてパンティの上から、人差し指、中指を利用した2本での大陰唇、小陰唇へのタッチ。続いてクリトリスに対して中指でのタッチ、再び2本指でパンティの上からの指を小刻みに前後させるスクラッチ。続いて、ブラウスを外し、腹部からスタートしてブラジャーの上の乳房へのタッチ。横向きになり、ブラジャーを外して乳首への軽いタッチ。何度かディープキスも繰り返し、手を取り合ってバスタブへ移動。

シャワーの温度を確認。なかなか温度調整が難しく少し手間取りました。そして背中にお湯のシャワーをかけ、両手にボディシャンプーを取り背中、首、両手、お尻、そして手を前に移動し、乳房、腹部、両脚の泡立て。右手首から前腕を股の間前後させて陰部の泡立て。次に前向きになってもらい、再度乳房、手を背中に回して再度背中の泡立て。両手をバスタブにつき、四つんばいになってもらい、シャワーで泡流し。そして、2本指でアヌスを広げてのシャワー。これはあまり反応ありませんでした。恐らく、彼女は太め(もし、何か利用される場合はこの「太め」の言葉はすべて排除願います。分かってしまうので。。)のため、お湯がお尻の肉で阻まれたのかもしれません。。シャワーの後はバスタブ内に入り、後ろ向き、前向きになってのアダムタッチ。大陰唇、小陰唇、クリトリスの愛撫。あそこはかなり濡れていました。そして腰をバスタブに乗せてのクンニ。この時点でかなり喘ぎ声も発し始めました。

ベットに移動し、今回は先生のアドバイスに従い、仰向け状態からスタート。ソフトキスから始まり、彼女に舌を尖らせるように話をして、舌の出し入れ。軽く乳房、乳首タッチ、大小陰唇、クリトリスの愛撫。かなり感じている様子でした。そして、いつものようにうつ伏せになってもらい、パウダーを背中から両脚までかけてパームタッチを始めました。前回も注意を受けた圧を軽めにして、できるだけスムーズに行うことを心がけました。肩甲骨の周り、わき腹で感じ始めました。特に左側の肩甲骨が感じていました。その様子を見ながら、意識的に左の肩甲骨周辺、わき腹を何度となくアダムタッチを交互に行いました。喘ぎ声が徐々に大きくなり、身体の震えも始まりました。パームタッチでこのように反応が良かったのは恐らく初めてだと思います。そして、お尻から両脚から土踏まずまで丁寧にパームタッチを行いました。スクラッチも時折入れましたが、これはあまり反応がありませんでした。脚はあまり感度は良くないようでした。ただし、時折土踏まずにスクラッチを施すと悶えていました。

再度仰向けになってもらい、アダムタッチのステップ1から始めました。髪の毛、唇を軽くタッチしながら頬、耳、あご、首筋、鎖骨。左耳を時折軽くソフトキスをすると声を上げました。そして、ステップ2にうつり、前腕、ひじをやさしくタッチするとここでも反応。さらに左手を握り頭上に上げ、わきの下タッチを始めると、一層感じ始めました。ためしに、反対側も同様にすると左側の方が何故か強く反応。ステップ3に入り、横向きで仙骨から上にタッチを始めるとここでも身体を震わせて官能しました。太もも、ふくろはぎ、足首へのタッチ。脚部の反応はあまりありませんでした。次に前回教わった、この状態から手を緩め彼女の身体をベットにさらに倒して、乳房、乳首への軽めのタッチ、陰部へのタッチを行いました。そして、ステップ4に入り、腹部タッチの後、乳房を丁寧にアダムタッチしました。乳輪に触れないように数回左右を繰り返し、次に乳輪を何回も回して乳首に徐々にタッチすると、喘ぎ声を上げました。乳首のつねり、真上からのタッチ、2本指での前後タッチ、ソフトキスを行うとさらに悶え始めました。この乳輪周辺ぎりぎりのタッチを何周も彼女の反応を見ながら行いました。かなり感じ始めた様子でした。そして、陰部に移動し、脚の付け根にそって左右から愛撫。軽く、指を陰部に滑り込ませるとさらに官能しました。(後で聞くと、G, AG, Tよりもこのときが凄く良かったと言っていました。)そのまま指を中に入れ始め愛撫を、さらに手首を当恥骨の皮を上に押し上げたクリトリス愛撫を行いました。(正直太っているため、肉に挟まれて、クリトリス位置確認が非常に難しかったでした。)何とか推測で指腹をクリトリスに当てて愛撫開始。さらに指を奥に入れて、G、AG、Tを行いました。イヤイヤと声を上げていましたが、かなり感じていたと思います。特にAGでしょうか?Tは少し強く感じたためか嫌がり始めたので(感じているためか真意は定かではありません)あまり、無理はしませんでした。ここで数回イッタ感じでしょうか。次のステップがあるので、この程度で次に移りました。

その後少しトーンダウンしてステップ5の脚関連でふくろはぎ、太腿から陰部のタッチを繰り返しました。そして、最後に四つん這いになってもらい、お尻のバイト、アヌスの軽い愛撫を行いました。イヤとか言いましたので、あまり続けませんでした。そして仕上げとして陰部に再度指を挿入して後ろからのG、AG、Tを行いました。Tは少し長めに。クンニも行いました。かなり感じ、「もうイヤ。やめて」と声を上げ始めましたが、5分程度継続して彼女が数回イッタ後、彼女が「もうしたい」といい始めたため、アダムタッチはここで終えました。先生の相互愛撫のブログを思い出し、彼女にフェらをできるか聞いたところ、できるとのことなのでフェラをしてもらいました。かなり丁寧に上手くフェラをしてもらいました。かなり感じてきて、イキそうになったため、慌てて交接に入りました。ここまで1時間半ぐらいでしょうか。

今回お恥ずかしいことながら2週間振りでしたので(メールで報告させて頂いた事情により。。)、自分でも長く持たせる自信がありませんでした。対面上体立位でじっとして陰部にフィットするまで待ちました久しぶりだし、大きいので少し痛いです。と言ったので。。)。その間、早漏防止として呼吸法を試みました。息を鼻からスーッと吸って、ゆっくり息を吐き出し、肛門を閉めることを10回ぐらい繰り返しました。(そのうち、彼女が声を出し始めました。対面座位でゆったり身体を前後左右に揺らしました。この体制ですと何とか持ちます。時折、膣奥を突き上げるように腰を動かすと声を上げました。そのまま彼女に両手を後ろにつかせる体制でも同様に。そして、対面騎乗位で腰を持って前後に動かすと、彼女自ら腰を動かし始め官能し始めました。ここで私もそろそろ限界になってきたので(お恥ずかしいお話ですが。。)、彼女が一緒にイキたいと言って来たため、ここで正常位に移り、一揆にフィニッシュに入りました。私も雄たけびの声を上げ。。。交接は15から20分程度だと思います。。。

アダムタッをしてから合計で2時間ぐらいの時間でした。その後、両手を握り心地よく軽く寝、再度バスタブに入り、コーヒーを飲みながら感想を聞きました。彼女曰く「こんなに感じたのはじめてでした。もう他の人とのセックスはできなくなりそう。バスタブに入る前のベットの上での服の上からの愛撫、バスタブでのボディシャンプーで身体を洗ってもらったこと、今まで長時間のクンニは痛くて他の男性には断っていたけどこんなにソフトに気持ちが良い長時間のクンニははじめてだった。」等の感想を頂き嬉しく思いました。最後にお金の話をしますと「いいんですか?任せます」との話しでしたので、1,2本と考えましたが、ここは割り切って1回目と同じく3本払いました。できれば出費は抑えたかったのですが、あまりここでセコイことを言っては男が廃りますので。。ただし、次回以降は考えたいと思います。その後、帰路に着きました。