アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

今回、ご縁があって女神セッションを受ける機会をいただきました。 最初にお話をいただいた時は、すごく光栄な気持ちと同時に、抵抗感も込み上げたのが正直なところです。セックスについては、自分の人生において大きな課題のひとつと捉えており、私の望む幸せな人生に、女性としての悦びを全身で体感する経験を知ることは必要な不可欠なことだと常々思っていました。なぜなら、私たち女性が本当の意味で自由になるために、『性の解放』は避けて通れないと思うからです。世の中には「セックスなんかしなくても生きていける」という人も存在しますが、セックスには人が幸せに生きるためのとんでもないパワーが秘められている、私はずっとこれを直感的に確信しながら、自分自身はセックスに対して強い抵抗感を持つという矛盾に思い悩んできました。これまで恋愛感情を持つ男性以外とのセックス経験がなかった私は、いくらセッションとはいえ、既婚者でもある身で、アダムさんとはいえ恋愛感情のない方とセックスをするなんて…とかなり悩みました。結果、受ける決め手となったのは、「女性としての肉体を持って生まれたからには、女性だけに与えられた快楽というギフトを知らないまま死ねない」という思いが強かったからです。
性についての本質を学ぶまでの私は、性に対しては超閉鎖的観念を持ち合わせ、常に得体の知れない罪悪感を抱えながら苦痛の行為としてしか捉えることができませんでした。女性は男性の快楽のための道具であり、女性が犠牲になるものという解釈を無意識に持っていました。セックスによって男性に支配されるような嫌悪感を抱きながらも、愛する男性に求められるまま、それを受け入れてきました。それを続けることによって、自分自身も愛する人もいっぱい傷つけて、今思い返すと、それは本当につらい経験でした。
こんな価値観を持つようになったきっかけについては、セッションの際のアダムさんのカウンセリングの中で、いろいろ明らかになりました。家庭内で威圧的だった父親の影響であったり、好きな男性に対して嫌なものを嫌と言えなかった背景には、幼い頃に植え付けられた容姿のコンプレックスによる自己肯定感の低さも関係していました。そんなことを包み隠さず、お話させていただき、 アダムさんは優しく聞き入れてくださり、私の容姿についても「こんなにキレイなのに・・・」なんて褒めてくださって嬉しかったです。そんなやりとりで、とても緊張していた私もだんだんと安心モードに切り替わり、ようやく肚も決まって、セッションに望むことができました。
セッションを終えた感想としては、やっぱり「受けてみてよかった!」ということ。 今までのセックスでは到底感じることのできなかったすごい体験をさせていただきました。 はじめに一緒に入浴をして、アダムさんの優しいリードで互いに肌に触れ合い、気持ちも高まってきてから、ベッドに入り、まずは背面からアダムタッチで時間をかけて、丁寧に全身に触れていただきました。その後、仰向けで対面になり、顔を見ながら優しくカラダに触れられた瞬間、自分でも驚いたのですが、突然、感情が込み上げて、ドバッと涙が出てしまいました。私のカラダをとても優しく大切に扱ってくださったことで、ずっとして欲しかったことをやっとしてもらえた喜びの涙のように感じました。おそらく、子どもの頃に満たされなかった想いが満たされたんだと思います。こんな風に、幼い時の寂しかった気持ちを、長い年月を経てもカラダはしっかりと記憶しているんですね。セックスって深いヒーリング行為でもあるんだと体感することができました。
そして、その後も優しい前戯が徐々に快感に変わっていった時、だんだんとカラダに大きな変化が起きてきました。クンニの最中に、快感が高まるとともに、足先と胸元に電流が流れ続けるような痺れを感じ、感じれば感じるほどどんどん痺れが強くなり、しんどくて耐えきれなくなるほどでした。これまで私は快楽に対して恐怖心を抱いていたようで、前戯の途中で快感が高まってくると、苦しくなって「もうやめて!」といつもストップさせてしまっていました。なので、これまでオーガズム を感じられなかったのも当然で、今回のセッションではその恐怖を超えることもひとつの挑戦だったんです。ですが、あまりに痺れが強くなったので、一旦、落ち着くまで休ませてもらいました。アダムさんは「快楽の扉が開きはじめたね」とおっしゃいましたが、本当に強く扉を閉じていたんだなとこの時、初めて知ることができました。
そのあと、二度目のクンニでは、変わらず痺れは生じたものの、つらさは軽減し、十分な快感を得られるようになっていました。挿入してからはほとんど記憶がないくらい快感に浸りました。これまでのセックスで思考が飛ぶような経験は初めてです。そして、アダムさんが私のカラダから離れた時には、もう私には肉体感覚がなく、視界もブラックアウトして、意識だけはしっかりあるのですが、まるで宇宙空間にいるように、見える世界は真っ暗な中にキラキラとした星のような光の輝きだけ。カラダは強い電流が全身を絶え間なく駆け巡り、自分のカラダなのに自分の意思では動かすこともできず、どこまでが自分のカラダなのかすらもわからない状態。ものすごい勢いでエネルギーが体中を行き渡る感覚と、カラダの重みを全く感じない宇宙空間を、フワフワ浮かんでいるような不思議な感覚を、ただただ感じていました。この時、どのくらい時間が経ったのか時間感覚もまったくありませんでした。
起きた後にわかったのですが、その時、アダムさんは私の横でずっと手を握ってくださっている状態で、互いのエネルギーが行き来していたようです。人のカラダのものすごい神秘を体感することができました。セックスという行為が単なる快楽のための行為でないことが、この時はっきりわかりましたし、人の霊性を開く鍵も、もしかしたらセックスにあるのかもしれないと感じ、ますます人間という生き物の奥深さに興味が湧き、セックスについても探求したい気持ちが高まりました。
本来、セックスという行為は、命を生み出す神聖な行為であることからも、人を幸せに導く根源であることは間違いなく、肉体を通じてこの上ない快楽を感じることができるわけで、それは肉体を持つ者だけが味わい尽くすことのできる、神様からのとびきりのご褒美のはず。神道には「中今(なかいま)」という、“今この瞬間”を大切するという教えがありますが、快楽を感じている瞬間こそ、この「中今」が最も満たされる瞬間のひとつであり、この時間を大切にすることが、内面の豊かさとなり、外の世界への豊かさの発信にも繋がることのように感じました
私自身の経験からも、女性は性に素直になると心も体もみるみる健全になっていくし、逆に、性が狂うとすべてが狂うということを感じます。この事実をもっと多くの人が当たり前に共有できると、世の中は大きく変わっていくと思います。このことをアダムさんは熟知され、現在の尊い活動を続けられているのだと改めて感じ、深く感謝いたします。今回、このような素晴らしい体験をさせていただく機会に恵まれたことに、心より感謝いたします。本当にありがとうございました。

■メール報告(1)

あれから自分の内面でもカラダの面でも変化を実感しており、アダムさんにもご報告をしようと思っていた矢先でした。これまで自分の中の女性性については頑なに閉じていたものを少しずつ解放してきていましたが、セッションを通して思っていた以上に今も閉ざしていた部分があったことに気がつきましたし、性の解放によるエネルギーの解放の計り知れないパワーを体感と知れたことで、自分自身の奥深い部分への探究心がますます刺激されました。
実際にその後のセックスでは今まで以上に素晴らしさを肯定できたおかげで、より解放的になり、自分も相手も信頼してより本能的に委ねることができるようになりました。最近ではますます相手の方の自分に対する熱量が明らかに変化したのを感じています。笑
私は長い間ずっと自分の本質を見せることに、恐怖を抱いていました。本質を知られると
人は離れていくという強い思い込みを持って生きてきたので、愛されるために相手を困らせるような本音はグッと堪え、素顔を見せないように身も心も、しっかりとメイクを施して取り繕ってきたように思います。だから裸になって交わるセックスという行為はごまかしが効かないのに、それでもなんとか真っさらの自分を見せないように抵抗してきたので当然、苦痛でしかない行為だったのです。でも、今思えば真理とは真逆のことを信じていましたね・・・。それが頭でわかっても正直、全てをさらけ出すことはとても怖くて勇気の要ることでしたが、主人に対してももう1人のパートナーに対しても。
ここ1ヶ月と少しの間、とにかく感じるままに向き合いました。自分が自分を解放することを許すことで深い自己愛が目覚め、それによって相手のエネルギーとも共鳴して彼らの熱量もより大きなものに変わったのかなと、勝手に推測しています。今まで以上に女性として大切に扱ってもらい、こちらが困惑するくらいに、自分に対してエネルギーを使ってくれるようになって正直、驚いています。本当は真っさらな自分の姿ほど神聖なものはなく、それにアクセスできるセックスという行為が、どれほど素晴らしいものかをやっと知ることができ、改めて感動しています。
そういえば、レポートではお伝えしていなかったのですが、セッションを終えた帰り道、
自宅を目前にした場所で、ふと夜空を見上げたら生まれて初めてUFOを目撃しました。
ものすごく美しい数種の色の光を放つ物体が、空に数分間停滞しており、その後、不思議な動きをしながらあっという間に遠くに消えていきました。高次元の存在と遭遇することができるのは、同じ周波数を発するからだと言いますが、あの日、セッション中に宇宙空間にトリップするような体験をした直後のことだったので、なんだかとても腑に落ちました。その後、主人との関係については、女神セッションの話や感想もオープンに伝えることができ、私の生き方も肯定してくれ、ますます大切な存在であることは間違いないと確信していますが、それぞれが大切にしたい価値観には大きな大きな違いがそこにあることもはっきりと見えました。この数年で互いのエネルギーが異なる方向に大きく変化したのかもしれず、男女の関係としてセックスが復活するには至っていませんし、もしかしたら私も彼も2人の間でそれを望んでいないのかもしれません。逆に現在のもう1人のパートナーとは今のエネルギーがマッチしているのかもしれません。今後も自分の感覚をますます研ぎ澄ませて私生活も社会活動においても充実させていきたいと思います。この世の中がますます愛に向かって動くことを信じてこの世の全ての人が
すべての選択を恐れではなく愛から選び、愛で動き、生きていく世界を1日も早く取り戻していきたい。そう思いながらこの想いを共有できる仲間を増やし、そういう世界があることを1人でも多くの人に伝えていきたいと思います。実際に最近では急速に心強い仲間たちが周りにたくさん集まりはじめましたので心のままに想いを広げていきます。形になりましたらまた色々ご報告をさせていただきますね。

■メール報告(2)

こんにちは。遅くなりましたが女神セッションのその後について感想をお送りさせていただきます。昨年、女神セッションを体験してから1年が経ちました。振り返ってみると
はじめにこのお話をいただいた時はセッションという形でセックスをすることには大きな抵抗がありました。ただ、人は性に目覚めることで無限の可能性を見いだすことができる、
人の真の豊かさと幸せに性は切っても切り離せないものと確信していたのでとにかく自分もそれを探求してみたいという探求心が抵抗心を大きく上回り、セッションを体験させていただきました。
当時、セッション前の私はセックスに苦手意識があり、自分の中にあるエロスを受け入れられず、当然、大きな快感など、感じたこともありませんでした。イクという感覚もマスターベーション以外では得たことがなかったのでセッションで性を解放すると自分自身にどんな変化が起きるのか?とても楽しみでした。
実際のセッションでは、想像していた我をなくすような大きな快感の波が押し寄せるセックスではなく心と体と魂を目覚めさせるエネルギー調整のような行為でした。背面のアダムタッチの後、仰向けに体勢を起こした時には心も体も溢れるほどに満たされ、「私はずっとこんな風に愛されたかったんだ」と喜びで魂が震え、涙腺が崩壊しました。
その後、セックスが終わった後は全身の体感覚を失い、重力からも解放され、時間の感覚も超えて果てしなく広い宇宙空間を浮遊するような不思議な体験をしました。
その後、パートナーとはセックスについてかなりオープンに話をするようになり、恥ずかしさの壁を超えて少しずつ自分の快感に積極的になっていきました。どれだけ乱れても自分を受け入れてもらえる、そんな安心感を持てるようになってから体はどんどん感じやすくなっていきました。
毎回、ベッドのシーツがビシャビシャになるくらい体がしっかり反応するようになり、パートナーからも「体がすごく変わった。気持ち良くて会うたびにセックスしたくてたまらなくなる。すぐに会いたくなってしまう。」そんなことを幾度となく言われるようになりました。
セッションから半年後くらいに初めてセックスの最中に手や口でクリトリスへの刺激によってイクという経験をすることができました。それからは私ももっと気持ちよくなりたい!という意欲も高まり、セックスも楽しめるようになりました。
もともと私はサバサバした男性的な性格と言われ続けてきたのですがセッション後、数ヶ月した頃から親しい友人たちに「中身がおじさんから女に入れ替わった(笑)」「まるで少女のようにピュアなオーラになった」「年齢を重ねてから女性としての色気が溢れてきた」
「王妃のような高貴なオーラが出ている」そんな言葉をいただくようになり、自分自身は日常において特別なことをしたつもりはなかったのでとても驚きました。
自己信頼というものも高まってきたようで特に仕事に関していい影響が出ています。素直に自分の直感で「これがしたい!」「これがいい!」と思うものを自信を持って実行できるようになり、行動範囲は大きく広がり、大きな舞台に立つ場面も増えチャンスに恵まれることが多くなったので収入も昨年よりも格段に増えました。そのおかげで豊かさを人に分け与える余裕もでき、得たお金を応援したい人や広げたい活動に支援できるようなりました。それによって少しでも社会が良い方向に向かっていくことは私にとって大きな喜びです。
もともと私の活動のテーマは「日本女性の目覚め」で日本女性の意識が変わり、視座が上がることで世界に大きなインパクトをえる力があると信じています。まずは自分自身が輝くことで周囲を照らし、周囲にパワーを与える、それが女性にしかできないリーダシップの形であり、女性に生まれたからにはそういう生き方をしたいと強く思うようになりました。
以前であれば自分がこんなことを考えるなんておこがましいと思っていましたが今はそういう気持ちはありません。これも大きな意識の変化のひとつですね。
また、霊性についてもずっと自分にはそのような能力はないと思っていましたがセッション中に宇宙体験をしてからその日の帰り道、自宅の前でUFOに遭遇し、その後も数回、目撃したり、文章を書いている時にポンポン言葉が降りてきてまるで書かされているかのような感覚になったり、朝目覚めるとすぐに「これを伝えなくては!」と言葉が降ってくることがたびたび起こるようになりました。自分には「伝える役目」があるのだろうと捉え、
人前で講演をしたり記事を書くなどの活動を続けています。書き出してみると思った以上にいろいろと変化が起きていますね(笑)
こうして振り返ると昨年、女神セッションのチャンスをいただけたことに改めて感謝申し上げます。ただ、まだまだ私も未熟ゆえに今はパートナーとの関係に苦戦中です・・・。
主人とは昨年末頃から今まで以上に関係性がよくなり、互いに違いを認め合いながら愛おしい気持ちが溢れ、外で精力的に活動ができるようになったのも家庭が一層、安心できる場所になったことが大きく影響していると感じます。相変わらず1年以上も主人とはセックスはしていませんが、手を繋いで寝たり、ソファでくっついてくつろいだり、スキンシップはあり、結婚10年目ですが私はいまだにドキドキしています。