アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

私はスピリチュアルを扱うお仕事をしている事もありほぼ直感で生きています。アダムさんは性を伝えておられるけれど、神様の事を伝えおられる方なのだと感じていました。私はアダムさんにお伝えしたいことがありFBでメッセージを送ってみました。すると一度お会いしませんかという返事が返ってきました。それでアダムさんとお会いすることに。

お食事をしながら随分とお話をさせていただきました。アダムさんとお会いするまえに女神セッションの話しは伺っていました。真摯で誠実なアダムさんに触れることができ女神セッションを受ける覚悟ができました。そしてお話のあとそのままホテルに移動することになりました。しかしそうは言ってもホテルの部屋に入ると性が開いていない私は緊張でガチガチです。本来なら一緒にお風呂に入るようですが私のわがままから別々にシャワーをしました。

バスルームから出るとガウンを羽織ったままベッドにうつぶせに横たわりました。「ガウンを外しましょうね」とアダムさんに言われました。しかしどうしても裸になるのが恥ずかしくて「それなら下着をつけさせて下さい」とわがままを言ってしまいました。それで私は下着をつけた状態でアダムタッチを受けました。きっとアダムさんにとって始まって以来のことだったと思います。(ごめんなさい!)

下着をつけ安心することでアダムタッチがなんとも言えない心地よさを感じます。それは性的な快感というよりはまどろみの状態に誘われているかのような気分です。少しずつ心がほぐれていくのがわかります。「仰向けになって下さい」と言われ仰向けに。優しく抱き寄せて下さりソフトに唇を重ねて下さいました。あまりにも優しいキスで涙がでそうになりました。そして髪の毛と首筋、腕や手首への愛撫。心地いいのに、性で解放されたことのない私は触れられるとまた緊張でカラダがガチガチになります。「もう恥ずかしくてたまりません」「電気を消して下さい」とまた面倒くさいことを言いってしまいました。それでもアダムさんは優しくて・・・。でも力強く根気よくリードしてくれました。

そしてクンニ。恥ずかしくてたまらないのにそれとは相反し気持ちよくてたまらない。もう私の頭の中は何が何だかわからなくなり何を叫んでいたのかもわからないくらいでした。

クンニの途中でアダムさんが電気をつけました。こんなこと言うときっと笑われてしまいますが私はセックスで生まれて初めて男性にあそこを見せました。カチカチに凝り固まった自我が壊された瞬間でもあります。「恥ずかしい、でもやめないで!」「気持ちいい、でも恥ずかしい!」これまでに感じたことのないエネルギーの波が押し寄せてまた押し寄せる。

「もうダメ」と思った瞬間にスパーク!!この時ずっと閉ざされていたものが解放され私は悶えるというよりも叫び大号泣をしてしまいました。イッたと同時に次元が変わり私の過去世が見えてきました。私の究極な陰の頃の過去世です。古代より人類が辿った道。時の流れなのでしょう。私は神官として女性たちの子宮や乳房を取り出し神に捧げていたのです。私が苦しめられた側ではなく苦しめた側の過去世。きっと一番知りたくなかった過去生です。なので実は一回目の女神セッションではこの過去世が見えたことはアダムさんには話せませんでした。この映像が強烈すぎたのか挿入されてから後のことはあまり覚えていないのです。アダムさんは「辛かったんだね」と言いって私を強く抱きしめながら優しく挿入をしてくれました。最後のアダムさんのフィニッシュの時の雄叫びだけは、哀しみとも怒りとも感じるエネルギーで印象に残っています。きっと私の古いエネルギーを放出して下さったのだと思います。

ここまでが一回目の感想です。その時はわかりませんでしたが、昨日の二回目の女神セッションを終え見事に点と点が繋がり全ての意味が分かりました。この日から私の人生は、変化をしていくのですが、一回目はまだ女神セッションの助走だったのです。

書き忘れていましたが女神セッション1回目のときです。私が騎乗位でアダムさんの上にまたがって抱き合っているときです。私は何故か「私を愛して、私を愛して」とアダムさんに言っていたのです。異常さを感じたアダムさんは、一旦行為を中止されました。そしてしばらく休憩することになりました。アダムさんが、私の背後に若い髪の長い幽霊が観えたようなのです。背後霊なのでしょうか。実は私の中にもう一人の誰かがいる事は薄々感じていました。アダムさんにズバリ言い当てられてしまいました。アダムさんがエネルギーワークをし、ずっと私の中にいた浮かばれない女性を天国に上げてくださいました。その女性はこれまでの社会の中の愛される事が許されなかった集合意識であったのだと思います。

セッションを終えたあとアダムさんと恋愛の事などベットの中で話しました。アダムさんが「今付き合っている彼とはもう会ってはいけない」そう言われました。何故かというとその彼は私ではなく、私の中にいるその女性と惹きあっているからという事です。その事は私自身本当に、もう十分に感じていた事です。嫉妬と怒りと執着心からエネルギーが枯渇してしまい彼と出会ってから私の人生は転落していました。アダムさんの言葉とエネルギーによってようやくその相手と離れる事に決心ができたのです。本当に不思議な事なのですが、女神セッションを終え彼への気持ちが一切なくなって円満に離れる事もできました。でも変化はそればかりではありませんでした。他の方との人間関係も、切り替わりかのように変わりだし、ご縁のない方とは縁がドンドン切れていってしまうのです。そして離れた人の事が後から情報が入ってくるのですが、その人と離れて正解だったと思うような事が浮上しています。アダムさんとの1回目の女神セションでは、わがままは言うし幽霊は出てくるし、きっともうアダムさんには私に対して幻滅されているに違いない。そんな事を思いながら、セッションを終えました。