アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

10年来の性交痛の悩みを持ち、2回目のモニターを受けました。1回目は、モニター体験そのものに緊張していたのですが、2回目は大まかな流れが分かっていたので、よりリラックスして体験に望むことができました。

1度目のモニター以降、アダムタッチをされると身体が勝手に動き、自分でも止めることができないくらいにビクンビクンと大きく波打つように反応するようになっていました。自分がこんなに感じやすい身体だということを嬉しく思い、不感症だと思っていた自分に自信を持つことができました。

そして、自分で一番驚いたのは、私もアダムGスポット、Tスポット、Aスポットを刺激してもらった時に、アダムさんのDVDに出てくるような女性のように、叫び声のような声を上げながら、快楽を感じることができたことです。

もうその時には、普段のセックスで気にしているような、「喘ぎ声が変なんじゃないか。」という恥ずかしさや、「快感に酔っている自分の顔が不細工だったらどうしよう。」ということは、考える余地がありませんでした。まるで自分の中から止まらない何かが放出されている感じでした。

アダムさんは、「女性の官能している姿を見るのが喜び」とおっしゃてくださっていたので、こんな姿になっていても、ヒカれて自分が嫌われてしまうのではないか、という心配をしないでいられたのも、快感を大きくさせた要因ではないかと思います。

そのあとの交接の時も、いろいろな体位をしながら、つながっていました。普段は、性交痛があり、挿入時は、いつも「痛いか?痛くないか?」の2択になっていましたが、初めて腟の中が気持ちいいという体験をすることができました。

普段、マスターベーションで感じている、瞬間的に「イク」という感じとは全く違い、ずっと高い水準の、いや別次元の解放感と快感でした。後半には腟の入口に痛みが始まってきましたが、こんなに長く挿入しながら、気持ちよさを経験できたことに、アダムさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ホテルを出る前に、化粧直しをしていた時、「あんな獣みたいな声を出して悶える姿を見られておきながら、今は澄ましてこんな化粧をして取り繕っているなんて、もうアダムさんにすべてお見通しなのに何だか恥ずかしい。」と思ってしまいました(笑)。

アダムさんとの2回のモニター経験での、一番大きな収穫はなんだったろうと振り返ると、それは、「世の中に、本当に女性のためを思って、セックスをしてくれる男性がいる」という事実を、身を持って体験できたことではないかと思います。そして、そのような男性からの愛撫を素直に受け止めて、それに身を任すコツを体得できたのは、本当に私の今までのセックスヒストリーを変えるような有難い出来事でした。

歴代の彼氏は、前戯で腟やクリトリスを愛撫していても、触り方が強すぎたり、AVのような早さで、私のためよりも男性の「自己満足」のような行為に思えていました。また、男性の表情を覗き込むと、途中で寝ていたり、つまらなさそうな顔をしていたことがあり、それからは、「彼は、もう指が疲れたかな?」「彼の体勢はつらくないかな?」「もう本当は、触るのが飽きていないかな?」と面倒だなと思われていないか心配で、ますます体を男性に委ねることができないでいました。それでも乱暴な前戯の最中に、「この間に、腟を濡らさなければいけない…」と考える始末で、快感に近づく気配すらないセックスでした。当然、男性が挿入したくなったタイミングでは濡れが足りないので、「もう少し自分で触って、濡らしてみるから少し待っていて。」と言うような始末。

それでも、過去の彼氏たちには、アダムさんの『スローセックス入門』をプレゼントしたり、具体的にどのように触ってほしいかを、力加減や場所など、何度も何度も伝えていましたが、学習してもらうことはできませんでした。

■モニターを体験した後、彼とのセックスがどのように変化したのか?

アダムさんとの2回目のモニター経験で、快感を全身で表現する機会を得て、何か「突き抜けた」ような気がしていました。モニター終了後、すぐには彼とセックスの機会を持つことができず、3週間のブランクがありました。彼は、女性の立場に立って、根気強く、優しく愛撫をしてくれる優しい人です。それにも関わらず、過去のセックスの癖で、男性に「嫌われてしまうのではないか」という恐怖をぬぐい去ることができず、彼の愛撫を素直に受け入れることができない状態でした。

そして待ち望んだ彼とのセックス。アダムさんに愛撫をしてもらった時のように、彼を信頼して、快感に集中することができました。身体は同じように波を打ち、腟の中の気持ち良さも感じることができました。

彼も、私が「今日は、膣の中も気持ちいい。」言うと、本当に嬉しそうに抱きしめてくれました。そして、角度さえ気をつければ、挿入時の痛みも逃れることができ、医者にもあきらめられていた性交痛も改善の兆しが見えました。たった2回のセッションで10年以上も悩み続けていた、痛みや不安を解消していただき、本当に驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。

これからアダムジュニアが日本全国、そして世界に広がって、間違ったセックスの被害者たちを救って、幸せなカップルライフを送ってほしいと思います。一人の男性との出会いで、セックスライフが大きく変わる女性が続出するはずです。婚活をしている男性は、アダムジュニアであることをアピールしたら、きっと人気が出るかもしれませんよね。アダムさん、モニターの機会を与えてくださり、本当に、本当にありがとうございました。これからもさらなるご発展、ご活躍を心よりお祈りいたします。