アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

今回モニターに応募したきっかけは過去の経験から自分の体に自信がなくなってしまい、私が不感症なので彼氏ができてもセックスが原因で振られてしまうのではないかと不安で悩んでいたからでした。

私の初体験は、22歳の時でした。いきなりフェラをするように言われ即挿入というセックスでした。キスもなかった初体験でしたが、あまり知識がなかったため男性が女性に愛撫をしてというセックスは、ドラマや小説の中だけの世界だったんだなあと思っていました。それから後も、彼とはフェラをして挿入というセックスを繰り返していましたが、ある日彼がイケなかった事があり「お前のがユルかったからだめだったんだ。」と言われ、それ以来ずっと役立たずと言われ続けていました。

次に付き合った方とセックスするとなった時、前の彼に役立たずと言われていたことを思い出し、いつも緊張で体がガチガチになってしまい、彼が喜ぶには、どんな反応をしたらいいのかなどという思いで頭がいっぱいでした。

そんな時にアダム先生のブログに出会い、スローセックスレポートの本を読み今まで友達に相談しても笑い話にされていた私の悩みを、先生なら真剣に聞いてくださると思いメールを送らせていただきました。

先生にお会いした時は、とてもニコニコしていらして、初対面とは思えない印象でした。雑誌などで、拝見していたよりも何倍も素敵な方でした。

ホテルについてからは、スローセックスレポートにもあったように先生は歯ブラシやタオルなどとてもスムーズに準備をしてくれました。ラブホテルに入ったのは初めてだったので、とても緊張していたのですが、先生が準備しながらいろんな話をしてくださったのでリラックスできました。

2人でお風呂に入り先生が後ろから抱きしめて下さいました。「かわいい胸だね。」など、先生が私の体の事をほめてくれました。「濡れてるよ・・・」など耳元でささやかれて体がビクンとなってしまいました。今までは心の準備などする間もなくセックスだったので、気持の切り替えがなかなかできなかったのですが、先生がムードを作ってくださり気持ちが切り替わったような気がします。

それからベッドへ移動しました。先生がアダムタッチをして下さったのですが、自分でもビックリするようなところで、とても感じてしまいました。わき腹から、背中のあたりをなでられるだけで思わず声が出てしまうくらい感じてしまいました。それから、事前のアンケートで乳首は感じたことがないと言っていたのですが、何度か触られるうちにとても気持ちよくなってきました。

あと驚いたのが、肩の下あたりを胸に向かってトントンと先生がつついていくのですが、とても気持ちがいいのです。男性の方って、あまりそのあたりを触る事がないと思うのですが、本当に驚くくらい気持ち良かったです。

あとキスに関してなのですが、施術が終わった後ずっと先生に謝らなければと思っていたのですが、なかなか言い出せずにいました。私はキスの経験があまりなく、多分2回くらいしかした事がないです。先生にキスされた時、どう応えていいかわからず、ちょっと避けてしまうような態度をとってしまったような気がしていて、ずっと気になっていました。先生とキスができてとても嬉しかったのに。すぐに先生にお伝えすればよかったのですが。本当に申し訳ありませんでした。先生が気を悪くされたのではないかとずっと気になっていて。

アナルへの愛撫は初めてでしたがとても気持ちよかったです。人に見られるのが恥ずかしいところですし、汚いのではないかと気になってしまいますが、だからこそ、男性から愛撫されるととても愛を感じる場所だと思います。

クンニは本当にとても気持ち良かったです。手足がしびれてきて、体が温かくなりピクピクしてしまいました。手足のしびれはホテルを出てからもずっと続いていて体が芯から温まっているようでした。先生がとても丁寧に愛撫をしてくださった後「僕にもしてくれる?」と仰向けになりました。

私の今までの経験からフェラなどの男性への愛撫は挿入の前にしなければならない義務的なものでした。なので嫌な印象しかなかったのです。しかし先生に対しては、気持ち良くさせてあげたいという気持ちがいっぱいで、フェラ以外の事をしてあげたくて初めて耳や乳首などをなめました。ただいろいろしたい気持ちはあるのに経験不足、知識不足で、うまくできませんでした。男性だけでなく、女性も勉強が必要ですね。先生の本を読んで勉強したいと思います。

挿入は、やはり最初は少し痛かったのですが、少しずつ体の中に快感が出てきて、座位に変わった時、先生に言われて初めて気がついたのですが、自分から腰を振っていました。騎乗位もしたことがなく、どう動いていいのかわからなかったのですが、先生のサポートもあって、気がつくと自分の気持ちいいところを見つけて腰を振っていました。

私が一番感じたのは、バックと洗面所での向かい合っての挿入でした。バックになった瞬間気持ち良すぎて途中ちょっと覚えてなかったりします。すみません。洗面所に腰かけて向かい合っての挿入では、私の膣に先生のペニスが入っていくところがしっかり見えて興奮してしまいました。女性にも視覚の刺激は効果があるんだなあと思いました。

先生が私の体をギュッと抱きしめて、とても大きな声を出してイッて下さいました。声の大きさには、ちょっとビックリしましたが、気持ちよくなってくれたんだなあと実感できて、とても嬉しかったです。

その後、先生が腕枕をして下さったのですが、脱力感があり眠気がおそってきて寝てしまいました。目が覚めると先生が髪をなでてくれたのですが、実はあの時少し泣いてしまいました。男性にあんなに優しく触れられたのは初めてで、生まれて初めて女に生まれて良かったと思ったんです。このレポートを書いていたら思い出して少し涙が出てきました。

今回モニターに応募するにあたってすごく悩みました。メールをつくっては消してを何度も繰り返し、決意した時には、モニターの募集を休止されていた事にとてもショックを受けていたのですが、アダム先生やスタッフの方のおかげで、モニターを体験させていただくことができ本当に感謝しています。そして、勇気を出してメールをして良かったと今心から思っています。

今日、私はイクという事は体験できませんでしたが、初めてセックスを好きになれました。今までの私にはセックスは男性の欲を満たすものという考えがどこかにあったのですが、モニターの体験で、恋人同士や夫婦が愛を確認するには必要不可欠な行為だとわかりました。

例えば、クンニをしながら私の反応を見てくれたり、頬にキスをしてくれた瞬間、目が合った時にほほえんでくれた瞬間、手を握ってくれた瞬間、イク時にぎゅっと力強く抱きしめてくれた瞬間、女性はそんなふとした瞬間に愛を感じます。そして愛を感じるからこそ、相手にも気持ち良くなってほしいとペニスが愛おしく想えるのです。

またジャンクセックスは男性だけに責任があるものではありません。女性が勇気を出して相手に自分の意思を伝えることもスローセックスには必要不可欠だと思いました。先生にも駅までの道を歩きながら、お話ししましたが、こういう話を共有してくれるパートナーを見つけられるといいなと思います。でも、相手に求めるばかりでは、だめなので先生の本を読んで男性の愛し方もキチンとお勉強しますね。

今まで、どこを触られても気持ち良いと感じる事のなかった私が感じる事ができるとわかり、自分の体に自信がもてました。本当に貴重な時間でした。ありがとうございました。

お仕事、とてもお忙しそうですが体に気をつけて頑張ってください。先生の助けを求めている女性は、まだまだたくさんいると思います。私が今日、自分の体に自信をもつ事ができたように、悩んでいる女性を助けてあげてください。

先生が帰り際に下着をほめてくれた事、私が見えなくなるまで改札口で見送ってくださったこと、とっても嬉しかったです。ありがとうございます。