アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

今回私がモニター応募しようと思った理由は、現在付き合ってる彼の為でした。彼は私がイクことにとてもこだわる人なのですが、私は挿入では全くイカないタイプなのです。クリトリス周辺でイクタイプなのですが、それもオモチャを使わなければ絶対にイキません。そんなタイプですからセックスの度にイクことを望まれると、プレッシャーになってしまい毎回苦痛でした。彼を悦ばせたいけど、なかなか悦ばせられないのが悩みで悶々としてた時、アダム先生の事を思い出したんです。以前先生の本は読んでいて、あまりにも女性側の気持ちを熟知されている内容に、ビックリしたと同時に日本中の男性に読んで欲しいと思ったものでした。そんな本の著者であるアダム先生からなら、何かイクということに関して良いヒントがあるのではないかと思い、ホムームページにアクセスしました。そしてモニターの存在を知り、私でもイケるようになって彼を悦ばせられるなら‥と思い、相当勇気がいりましたが、思いきってメールさせて頂きました。

私の今までのセックスはとにかく、相手に合わせる受け身的なものでした。愛撫の時に「そこじゃない‥」とかなど、間違いを指摘してるみたいで悪くて言えませんでした。相手のやり方が気に入らないみたいに思われそうで、リクエストもあまりできませんでした。だから今まで私とセックスした男性達には、自分のやり方で正しいと思い込ませてしまったと思います。そんな感じですから私にとっての心地良いセックスというものからは相当遠いものでした。でも相手を傷つけるよりは、自分が我慢した方が気持ちがラクなので仕方ないと諦めてました。でも今の彼がイクことをあまりに強く求めるので、自分の快楽について向き合わざるを得なくなってしまったのです。

モニター当日、通された部屋で待っていると、ニコニコ優しい笑顔の先生が入っていらっしゃいました。明るくフレンドリーな感じのアダム先生に、つい打ち解けて自分の性体験を正直に告白しました。そしてホテルに移動しましたが、タクシーの中でも優しく会話を振ってくれたりして、私は初めて会ったとは思えないほどリラックスできました。ホテルに入ってからも少々緊張してきた私に、コーヒーを入れて下さったり、お喋りして下さったので、こちらの緊張がほぐれたせいか、一緒にお風呂に入ることも自然にできました。

私の後ろにアダム先生という形でお湯につかると、アダムタッチが始まりました。とても弱いタッチの仕方をしているのですが、逆にこちらの感覚が研ぎ澄まされる感じで、タッチされている部分に、物凄く集中してしまうのです。もちろん気持ち良くてです。他の男性ならそこでキスしたり指で膣をかき回したり、アダム先生のようにゆったりまったり過ごすことができません。フェラチオもリクエストされるし、お風呂でゆったり過ごすことはできませんでした。でもアダム先生とはゆったり快感を堪能するゆとりがありました。タッチはゾクゾクして気持ち良く、お湯は適温で心も体もほぐれるようでした。でもそのソフトタッチが焦らしの効果もあるようで、たまらなくなった私は早く指でも良いから挿入されたいと思ってました。でもアダム先生は挿入してくれません。このバスタイムだけで私は完全に潤っていたようです。

ベッドに移動するとうつ伏せになるように言われました。そしてベビーパウダーで体をマッサージしてくれました。お尻を噛まれたのには驚きました。でも不思議と気持ち良いんです。優しく撫でたり噛んだり、そのメリハリがとても良いんです。愛撫が全体的にそんな流れだったように思います。仰向けになった時には愛撫しながら私の手を握ってくれるんです。そんなちょっとしたテクで相手に安心感を与えることができ、女性を質の高いセックスに導く事ができるのに、そのちょっとした事をやらない男性が多いのを残念に思いました。

アダム先生のクンニは優しく柔らかい感じの舌使いで心地良くムズムズしてました。他のモニターさんと全く同じことを言うようですが、大体の男性のクンニは強くて本当に脚を閉じたくなってしまうか、腰が引けてしまいます。それとは全く違ってあまりに気持ち良くて、もっとって感じで思わず腰を振ってしまいました。そして我慢できなくなり指挿入を私からおねだりしてしまいました。自分からおねだりしたのは初めてです。普通は欲しいと思う前にズボズボと入れられてますから。指挿入ではどこのツボを触ってるのかよく分かりませんでしたが、痛みも全くありませんでした。たいがいは少し痛かったりして体が緊張して硬くなってしまうのですが、アダム先生の場合は痛くなくソフトで体に余分な力が入りません。クンニしてもらってる間には何回もイク直前みたいな快感を味わってました。今まで数年間オモチャでしか達した事がなかったんです。それが舌であんなに気持ち良くなれるなんてとても嬉しかったです。イキそうな感覚がずうっと続くなんてすごい体験でした。

そして驚いたのはキスです。ビックリするくらいのソフトタッチなんです。あんなキスは初めてです。軽く触れるような優しい感じで今までしてきたキスとは全く違うものでした。その激しく唇を合わせないキスにやはり心地良さと焦れったい気持ちが湧き上がって来ました。こちらの準備も十分過ぎるほどできていよいよ挿入ですが、その頃にはもう焦らされ過ぎて気分が最高潮に高まっていました。こういう気分も非常に大切なのではないかと思います。

私が意外に気に入ったのが座位でした。やってみたことはありましたが、その時はどう動いて良いか分からずにすぐやめてしまいました。今回はアダム先生が私の腰に手を添えてうまく誘導してくれたのでイイ感じで腰を動かす事ができました。相手と抱き合う感じなのですぐキスできるし、表情も見えるし、笑顔を交わす事もできる座位はすっかり気に入ってしまいました。騎乗位はちょうど尿意を感じる所にあたってしまったようで、漏れそうで仕方ありませんでした。この感覚を我慢して通り越せば今まで経験したことのない膣イキができるのではないかと思いました。いつもはその尿意に我慢できず体位を変えてもらったりしていたのですが、このままでは何も変わらないと思いアダム先生を信じ、自分なりに尿意を我慢して腰を振り続けてました。でもアダム先生には思わず「オシッコしたい!」を連発してしまい恥ずかしかったです。また再びクンニしてもらった時、ついにイッてしまいました。時間はかかったけどオモチャでしかイケなかったのに舌でイケたなんて私にしてみれば奇跡でした。アダム先生からは「もうオモチャは使わない方が良い。」とアドバイスを受けました。アダム先生に舌と指だけでイカせてもらえて自信もついたので、アドバイス通りオモチャを封印するつもりです。

その後また座位をした時に尿意がなくなってて、ふんわりした優しい快感だけになっているのに気付きました。「あれれっ??」て感じです。膣がさっきまでと違う感覚に包まれていました。その変化が確実なものかもっとセックスを続けて確かめたかったのですが、私の方に帰る時間が近づいてしまい、最後はアダム先生に慌ただしくフィニッシュを迎えてもらうことになってしまいました。フィニッシュを迎えた時の雄叫びには正直とても驚きました。男性の場合、気持ち良くてもあまり声に出して感じてくれる事がないですが、アダム先生のように素直に叫んで表現してくれるのは、女としてとても嬉しく感じました。終わったあと二人で横たわったまま少し休息しましたが、その間も私の体に触れていてくれて何だか優しい気持ちになれました。

セックスってこんなに楽しく、優しく、リラックスできるものだとは思いませんでした。いつもは緊張して、相手に合わせて、自分の気持ちを押し殺して…そんな感じでした。今回のようなSEXならお互いの愛情も高まり、その結果ますます素晴らしいSEXができるのではないかと思います。全ての男性がAVと同じようにやるのが正しいと思っているようですが、あれは女性側からすればとても迷惑な話しです。全ての男性がアダム先生の本を読んで開眼してくれれば感じないセックスで辛い思いをする女性はいなくなるのではないかと思います。今回は本当にありがとうございました。

☆☆☆

私はここ何年か優しくされたり尊重されたりしたことがありませんでした。Hの時のみ優しいけど、普段のメールとか物言いとか冷たくて人扱いしてないようなひどいことばかり言われて、心底傷ついていました。「便所代わりに使わせてくれ」っていうメールが来た時もあったんですよ。

アダム先生とホテルに向かうとき、先生が優しくてとても驚きました。アダム先生には当たり前だろうけどあんな風に寄り添って歩いてもらったことなかったんですよ。アダム先生が手を腰に添えてくれた時から私のHが始まってました。あんなちょっとのことで気分が高まるなんて不思議です。

ローターなしでイケるなんて奇跡です。今まででは有り得ないことでした。アドバイス通りローター 断ちします。あれが唯一のストレス発散だったから正直辛いけど。私のレポートが世の女性の参考になれば嬉しいです。「日本中の男はみんな先生の本を読めー!」って声を大にして言いたいです。先生イカせてくれてありがとう。