アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

アダムさん昨日はありがとうございました。ステキな時間でした。今回もまた性感脳が開かれて、ものすごくいろんなことに対して、敏感に感じられるようになりました。今回は1回目のときのような緊張は全くなく、むしろ1回目のモニターのときの余韻と、性エネルギーが解放されいろんなことが劇的に好転したこともあり、ものすごくアダムさんに会うのが楽しみでこの日を心待ちにしていました。

スタバで待ち合わせをしておしゃべりをしてから、一緒にタクシーでホテルに行きました。今回はアダムさんの動画やHPや著書を何冊か読んで予備知識を入れてのモニターでした。前回は何も予備知識がないため、もしかしたらかなり失礼ぶっこいていたかも。スイマセンでした。

ホテルに着いておしゃべりをしながら、焼いてきたクッキーとココアを一緒にいただき完全にリラックス。その後一緒にお風呂に入りながら、アダムタッチをされている状態ですでに興奮してトロトロになっていたのですが、そこでバスタブに腰をかけた状態でクンニをされて、クリトリスと尿道を同時に刺激されたのかホントにおしっこ漏らしそうな快感に襲われて2回もイッてしまいました。「おしっこもれちゃうからやめて」と必死で言う私に「出しても大丈夫だよ」とアダムさんに言われさらに安心して興奮。もちろんそうならないようにと思いながらも、快感に身を任せていましたが、ダブルの刺激で「尿道を暖かいものが流れ出ているような感覚」がしばらく続き自分では、「漏らしちゃった!?」と思ったのですが、アダムさんに聞いたら「漏らしていないよ」と言われ、自分でどうなっているのか分からないような快感があることに驚きました。

バスルームですでにクンニだけで2度もイッて、メチャメチャ敏感になったカラダに、その後ベッドに移りゆっくり愛撫をされながら、さらにGスポットや、Tスポットや、アダムGスポットを刺激され、カウントできないくらい何度もイッてしまいました。

その後、気付いたらアナルを指で刺激され、羞恥心より気持ちよさのほうが上まって自分で腰を振り始めていたら、指からアダムさんの舌になっていて、さらにオイルを塗られコンドームをはめた指をアナルに入れられていました。「きゃ~、恥ずかしい!!」と思ったのは最初だけで、微妙な指の入り具合で、感じ方が違う不思議な快感を、驚きと感激で声にならない声を出しながら感じていました。

前に付き合っていた人にアナルに入れられたときは、羞恥心がなくなるほどの快感はなく、むしろ不快感しか残らなかったので、ちょっと険悪になりアナルは1度っきりで終わりましたが。「こんな快感を得られるスポットだったんだ!」と衝撃でした。尿道を刺激されているのか、Gスポットなのかもう訳が分からなくなりながらイキまくっていました。

イッた後もう快感に耐えられなくなり、何度も「ギブアップ」を出しましたが意地悪をされそれでも続けて愛撫をされたり、さらに耐えられないくらいの快感スポットを刺激され、気付いたときにはシーツにものすごいしみを作っていました。アダムさんが苦笑いしながらティッシュで拭いてくれていました。恐縮です(笑)。

アダムさんに「うわ~、すごいね・・。これ今、潮吹いたんだよ」と言われ快感の中で全く潮を吹いた実感がなく、いつ吹いたのかも分からず、今まで吹いたことなんかなかったのでにわか信じがたかったのですが、場所を変えて洗面所に腰をかけながらアダムさんに膣の中を刺激されていたら、脳天に突き抜けるような快感が走って次の瞬間「あ、これが潮だよ」と言われ濡れたアダムさんの手と、飛び散った床を見せられ衝撃を受けました。
「ウソ噓!? これホントに私から出たの~!?」と口走っていましたが、その後もさらに刺激を与えられ2回潮を吹かされ、さすがに認めざるを得ませんでした。「うん、おしっこじゃないよ。自分で舐めてみてごらん」と言われ舐めてみたら、確かにおしっこでもなく愛液でもないものでした。これは新しい快感で病みつきになりそうです。潮を吹くっていうのはAVの中だけでヤラセだと思っていたから・・。

アダムさんの言葉を借りるならまさに「快感の拷問」という表現がピッタリくるくらい、ホントに耐えられない気持ちよさで、途中何度も「ストップ」をかけてしまいました(笑)。でも快感の後にもまた快感がくるという今まで体験したこともないような状態に、カラダが付いていけず半分白目をむいて身悶えしていました。

そして気になっていたアダムさんの動画の「気による愛撫」について聞いてみたら、なんと実際にしていただけました。これがまたとても不思議な感覚でした。リラックスして、ただエネルギーを感じていたのですが、直接触られているのとはまた違う微弱な電波がジワジワくるような、こそばゆいような、エネルギーが走っていくような不思議な感覚の快感で「なんで? 不思議!!」を連発していました。実際に入っていないのにアダムさんが私の上にかぶさってエネルギーを送ってくれたときには不思議だけど「中に入っているの?」と思うくらい心地よい異物感を膣に感じました。

気による愛撫の後は、これでもかと言うくらいカラダが敏感になり、耳や首筋に息をゆっくり吹きかけられただけで、のけ反ってしまうくらいビンビンに感じまくっていました。安いAVのような、というか私が今までしてきたようなジャンクなセックスでは、絶対に入れない領域に入ってしまいました。

その後私がアダムさんのペニス愛撫を、教えてもらいながら舐めたり、手で触ったりしていたのですが、今までフェラチオって無理やり頭を押さえつけられ喉の奥に突っかかって、吐き気をもよおしながら、させられていたので、感じる余裕がなかったけど、触ったり、自分の口に入れているだけど、自分まで気持ちよくなってくるようなホントに愛おしいと思えるものでした。

実はアダムさんのアナルとか舐めてみたかったんだけど、なんとなくタイミングを逃して聞きそびれてしまいちょっと残念。男の人のはみなそうなのか。アダムさんだけなのか。乳首を舐められたり、かじられると感じると言っていたので「もっと男の人の性感帯を知りたい!!」という好奇心がわいてきました。これも私にとっては劇的な変化。

前は痛いから「クンニはさせない!」か「クンニは早めに切り上げさせ」フェラは吐き気をもよおすので(実際に両手を押さえつけられ喉の奥に入れられ、逃げられずに吐いたことが)できればサクッと中に出してもらって終わらせたいなと思っていたのが噓のよう。ここまでディープな世界があったとはビックリです。でもこんなステキなセックスをしてしまうと、ジャンクセックスはできなくなるという弊害が。

アダムさんのセックスはホントに穏やかで官能的、でも激しく、そして優しく、ときどきワイルドに。まさにアートです。

今回は最後にアダムさんがフィニッシュに向かうとき、また2回イッてしまいました。セックスってカラダも大事だけど、脳でしているんだなと思いました。1回目のモニターのときは、アダムさんの雄叫びを聞いてビックリしたけど、今回はその声が遠くに聞こえるくらい快感の中にいました。なんだか私ばっかりいい思いをしているようで申し訳なくなってしまいました。女性に生まれてよかったなと思えた瞬間です。

今までのセックスは、翌日必ず股関節の痛みと全身の倦怠感、そして全身のむくみで、1日だるかったのです。しかし前回と今回のモニターの後は全くありませんでした。むしろいつもよりスッキリしているくらい。さすがに四つん這いになり、自分で腰を振りすぎていたので、手足は筋肉痛でしたが、あれだけ激しくセックスをしていながら全く負荷がかかっていないということが、改めて凄いことだなと思いました。完全に今までの男性とアダムさんとでは、女性の扱い方が違います。まさに意識の差だと思います。こんなステキなセックスができる人が、世の中に溢れたらどんなにステキでしょう。大事に扱われている感じがしてとても幸せでした。ホントに贅沢な時間でした。そして今回自分の中の眠っていた「M性」に目覚めさせられてしまいました。

快感のピークに達したときのバイトやスクラッチは興奮するし、快感になることが分かりました。今までは激しくされると痛いだけで、興奮している相手を見て心の中でドン引きしている自分がいたけど、ちゃんとカラダが開ききったときにされると何とも言えない快感に変わり、言葉攻めもさらに羞恥心を取り去ってしまうみたいです。

前のモニターから1月以上経っていて、アダムさんに「ところでなんでモニターに応募したんだっけ?」と聞かれて、一瞬思い出せなかったくらい、前の恋愛でセックスを拒否され自信をなくしていたことが噓のようです。

ココロとカラダと魂は繋がっているので、やっぱりセックスレスは無理がありました。そして行き場のない溢れ出るエネルギーが、歪んだ形でいろんなところに歪を作っていたことも改めて感じました。「性」のエネルギーが活発になってますます、生きるほうの「生」のエネルギーも高まり、面白いくらい現実的にいろんなことを実現させられるパワーが溢れています。いい循環です。

まだ2回目モニターの翌日なので、今後ますます時間差でカラダやメンタル面の変化が前回以上に起こってくると思います。またなにか変化があったらメールします。ありがとうございました。

居酒屋でもらった紅花、今ドライフラワーにしています。紅花を見ながらアダムさんとの居酒屋でのイチャイチャを思い出して愉しんでいます(笑)。楽しく、刺激的な夜でした。