アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

今回も先生と楽しい時間を過ごさせて頂いてありがとうございました。いつもの部屋に着いて、ソファーに座ってゆったりしながら先生の肩にもたれかかっていると、先生がいつも優しくキスをしてくれるのですが、先生のキスはただ優しいだけじゃなくて、ねっとりいやらしいキスなんです。なので私の場合、それだけでエッチな気分に切り替わってしまうから、この続きがどうなってしまうかが楽しみでしょうがなくて、ワクワクドキドキしてしまいます。そんな状態のまま先生の手が、胸に触れて乳首をコロコロ指先で遊ばれると体がビクっと反応してしまいました。今度はそのまま先生の口で乳首をころがされて指とはまた違って、生温かい舌の温度が気持ちいいんです。

同時に下の方に手が伸びてきて、クリトリスを指先で刺激され始められると、腰からお腹の辺りがムズムズしてきて、腰が自然と動いてしまいます。触れるか触れないか位の小刻みな振動が、くすぐったいような気持ちいいような感覚がたまらなく好きです。クリトリスを触りつつ少しずつ膣の辺りも軽く出し入れされ始めて、しばらく触ってもらっていると、脚が勝手に開いてきてしまって、体が完全に気持ち良さに支配された感じになってしまいました。そうなってくると膣にもっと入れて欲しい状態になってきてしまいます。そこで先生に「入れて欲しい」ってお願いしたのですが、その時「どこに何入れて欲しいの?」なんて意地悪なこと言われてしまい、でもその意地悪さが私の中のいやらしさを余計掻き立てられた様にも思います。そのまま指を入れて欲しくてどうしようもなかったので、して欲しいことをそのまま言ったら、指入れてくれて一瞬腰の力が抜ける感覚になってしまいました。そこから色々な所を刺激してもらいました。いつも思うことですがやっぱりアダムGスポットは凄いです。私の場合は他の所はそんなに違いを感じられないのですが、ここを触られると声が抑えられない程強い刺激を感じます。同時に凄い体力を使う場所でもあるように思います。アダムGスポットを中心に膣内を結構な時間、愛撫してもらったら少しぐったりしてしまいました。このまま本番に入ったら確実に体力持たなかったと思います。

一旦止めて、二人でお風呂に入りました。いつものように先生に後ろから抱き締められる形で湯船に浸かって、アダムタッチで体中を撫でてもらいながらキスしたり、こうしてリラックスしている時間はSEXするにあたって本当に大切なように思います。今回は早くから激しめだったので、いつもと違う展開もそれはそれで新鮮で良かったのですが、私の場合はもう少し助走があった方が、より気持ちが入っていくのかなと感じました。大げさかもしれないですけど、抱き締めてキスしてなでなでされている時って、もの凄く幸せを感じられるような気がします。だから丹念なアダムタッチからのSEXは最高なSEXの入り口なんじゃないかと私は思います。いつも先生が歩いている時から背中からお尻にかけて撫でてくれるのって、こういう効果があるってことなのでしょうか。

そして今回は初めてお風呂場でのクンニを体験させてもらいました。先生が私をお風呂の淵に座らせてそのまま脚を思いっきり開いた状態でのクンニをしてもらいました。こんな格好でされたことがあまりなかったのですが、ここから見る眺めがあまりにもいやらしくて興奮しちゃいました。演出一つでいつもとは違った感じ方ができたように思います。

それからお風呂を出てベッドでの愛撫に入りました。お風呂で少し汗ばんだ体にパウダーでさらさらにしてもらってから、今度はいつものクンニをしてもらって十分に体の感度を上げてもらった所で、やっと先生のモノを入れてもらえました。挿入までこんなに時間をかけてしてもらったことはまずないです。大抵の場合、今回のお風呂に入る前の段階で一回戦は終わってますね。今回はかなり準備万端の状態での挿入だったので、いつも以上にすんなり受け入れられた様に感じました。ベッドで十分楽しんだ後で、ソファーの方に行って先生が座った上に私がまたがっての挿入をしました。ソファーの脇にちょうど鏡があって、先生の上で腰を振っている自分がもの凄くいやらしく映っていて、自分じゃない他の誰かを見ている様な変な感覚でした。変な話ですが、そんな自分を見ていたら自分に興奮してしまいました。

そこから色々体位を変えて入れてもらったのですが、ソファーの上といういつもと違った場所での挿入だったせいか、ここでこんな格好させられていれられているという状況に気持ちが高まったように感じます。

それからまたベッドに戻って始めたのですが、今回は色々な体位からの挿入をしてもらいました。先生が「体位によって当たる感じが違うでしょ?」って言われたんですけど、まだまだ感度が未発達なのか、あまり違いを認識することが出来ませんでした。ほぼ先生に任せていたので、私の方も自ら探して動いたりしたら、もしかして違いを感じられるのかなとも思いました。

そして一旦抜いて、ゆったりした時間に入ってから今度は私が先生にフェラチオをしました。いつも自分がやっているようにやっていたら、先生が感じるポイントを事細かに教えてくれました。口に含んでしゃぶって手でしごいていればいいってもんじゃないと、その時痛感したように思います。ここまで細かく教えてもらったことが無かったので自己流でやるしかなくて、正直どうしていいか分からないままにやっていたので、先生の教えてくれる事にただただ関心するばかりでした。先生が世の中の男性は女心を何も分かっていないとおっしゃるように、実は女性の方も同じ事が言えるのではないのかなと思ってしまいました。自分の思い込みと出回っている情報だけでのSEXでは、限界があるということですよね。

そして先生の言った通りにフェラチオしていたらどんどん大きくなってきて、そのまままたゴムをつけて挿入にはいり、正常位でフィニッシュに向かいました。何だかんだいって正常位で抱き締められながらしてる時が、一番幸せなように思います。それでキスなんてしてもらえるとさらに気持ちの相乗効果がアップします。先生の体かどんどん熱くなっていくのを肌で感じながら、とうとうフィニッシュを迎えてそのまま先生の腕枕で深い眠りに落ちていきました。

毎回毎回、内容の濃いSEXをして頂いて本当にありがとうございます。色々志向をこらしてくれる先生の様な男性が、もっと世の中に増えてくれたらいいのにな、なんていつも思います。でも男性に限らず女性も努力しなくてはいけないですよね。これからもご指導のほどお願いします。