アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

今回も先生にまた機会を頂いて、素敵な時間を一緒に過ごさせてもらいました。この日を心待ちにしていただけに、そんな気持ちの相乗効果もあってか、いつも以上に気持ちがこもったSEXだった様に感じました。ホテルに向かう際も、先生に背中からお尻にかけて優しく触られていて、また全身をこのタッチで触ってもらえるかと思うとそれを想像しただけでも気持ちが高められて、早く抱きしめて欲しいって思わずにはいられなかったです。

到着して部屋に入ってベッドの方で待っていたら、先生もこっちに来てくれてそのまま始まってしまいました。いつもならお風呂に入ってから始めるところだけど、それよりも求め合いたい気持ちの方が強かったのかも。先生も同じ気持ちでいてくれていたのかなって思ったら、嬉しさと先生への愛しい気持ちで満たされて、SEXをするのに最高のモチベーションで始められたように思います。

優しいキスから始まって、それだけで色んな事を思い出して、気持ちが高まっていくのを感じました。いつも思うのですが優しいキスなのに、なんでこんなにいやらしい気持ちにさせられていくのか不思議なんですよね。キスだけでこれだから、これから私はどうなってしまうんだろうって感じです。それから首筋に降りてきて手が服の中に入ってきて指で乳首コロコロされていたら先生が「こんなに固くなってるよ」なんて言ってくるから余計興奮してしまいました。「先生のいじわる…」なんて思いながらも、そんないじわるさがたまらなく、私をいやらしい気持ちにさせてくれました。舌先で乳首を転がされた時は声を出さずにいられるはずもなく、それと同時に下のほうも触られて最高に気持ちよくて、どうにでもして欲しいって思わずにいられませんでした。

そんな状態にさせられて先生にクンニをされた時は、腰が勝手に動き出してしまう状態にまでなっていました。小刻みで絶妙な舌のタッチは、ほんとに気持ちいいんです。これは言葉では伝えきれないのが残念ですが、女の子になって世の男性にこのクンニを受けてみてもらいたい位です。先生のクンニの気持ちよさを知ってしまったら、他の人では満足できる自信がないって思ってしまう程です。今まで経験したクンニは闇雲に舐められて終わり、というのがほとんどで、攻めるポイントもかける時間も先生とは全然違うので、今までしてもらっていたクンニって何だったんだろうと、考えさせられてしまいます。大げさに聞こえてしまうかもしれないけれど、それほどに世の中の男性と先生の差は大きいのではないかと私は思います。そして先生にクンニされていると、いつも自然と入れて欲しくてしょうがなくなってしまいます。ここまでしてもらって挿入されると、待ちわびていだだけに、幸せな気持ちで満たされて心から気持ち良く感じることができました。挿入してからも、いきなり腰を振りたてることは絶対なくて、私の様子を伺いながらしてくれる所にも先生の優しさを感じます。

それから思いっきり脚を広げられていれてもらったり、先生の上で思いっきり腰を振って自分で気持ちいい場所を探しながらの挿入だったり、こんなにSEXを楽しめるようになったのは、先生に出会えたからだと思います。気遣いがあるし全てを受け入れてくれる心の余裕があるから、私も安心して身も心も預けて楽しめるんじゃないかと思います。今回はベッドの上だけではなくて、ソファーに座って目の前の鏡に映った自分の乱れた姿を見せられながらの挿入を初めて経験しました。できれば自分の乱れた姿なんて見たくないというのが本音なのですが。でもやってみて、こんな姿を先生に見られているのかをという恥ずかしさはもちろんありましたが、こんな風になっている自分のいやらしい姿に少し興奮してしまいました。

それから場所を移動して今度は洗面台の上に私を座らせての挿入をしました。こんなこと今までしたことなかったけれど、非現実的な感じがなんだか新鮮でした。そして体位を変えて今度はバックから。やっていると脚がガクガクしてきて自分で立っているのがやっとといった感じにまでなってしまったので、そのままベッドの方でじっくり楽しませて頂きました。

そして今度はアナル攻めが始まり、まだアナルへの抵抗が少しあったのではじめのうちは申し訳なさと恥ずかしさから引け腰気味でした。でもしてもらっているうちにどんどん気持ち良くなってきてしまって、最終的には自分から先生にもっとして欲しいという感じで、お尻を突き出した格好になってしまい、恥ずかしいのだけれども体は正直に反応をしてしまいました。今までそこまでしてくれる人に出会った事が無かったので、そこまでしてくれた先生に対して、もの凄く愛しさを感じたし先生からも愛を感じました。 十分にSEXを楽しんで、先生に強く抱き締められ最後を迎えて今回もこれでもかっていう程先生に愛してもらって最高としか言いようがないです。本当にいつもありがとうございます。

先生に会う回数を重ねて行く程に、初めて会った時ももちろん今まで経験したことないようなことをさせてもらって本当に良かったのですが、回数を重ねて先生の事をもっと知って、どんどん好きになってより気持ちが入って行くことで、体だけじゃなくて気持ちの面でも最高のSEXになっていっているように思います。私にとって先生に会う時は思いっきり女の子になれる時間です。こんなに楽しい時間を与えて頂いて、感謝の気持ちでいっぱいです。先生に出逢えたことを本当に幸せに思います。