アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

私は今までセックスに対して凄く嫌な経験があるわけでも、セックスレスでもない。しかし、セックスするたびに相手を傷付けないように演技しいて、疲れてしまっていた。また、本当に気持ちいいと感じてないせいか、すぐに飽きてしまっていた。だからセックスは男の人につきあってやるというイメージが強い。そんな時「スローセックス実践入門」という本に偶然出会い、その内容に共感した。私はというか多くの女性は、勘違いしたテクニックだったり、AVのような激しい絡みより、男性の肌の温もりを感じなら愛しあう行為が好きで、その延長線上にセックスがあるのだと考えている。また男性よりメンタル面で感じたりするのが女性のカラダなのではと思っていた。しかし男性には全く分かってもらえてないとあきらめかけていたので、この本を男性が書いていることに凄く驚き、またわかっていると思い嬉しかった。同時にこんなセックスしてみたいけど、「そんな男性に出会えるのかな」という思いだった。この本を読みスクールの存在を知りどんなものかと興味があったのでHPを見た。そこでモニター募集を発見し凄く迷ったけれど、今は彼氏もいないしよい経験になったらと思い応募した。

当日は緊張とちょっと恐い不安な気持ちだった。けれど先生は優しく迎えてくれて、いやらしさなくきちんとセックスに対する話をしてくれた。その後ホテルに行く時も「ちょっとカップルになった気分で」と寄添って腰から背中にかけてアダムタッチをしてくれた。なんとなく安心したのと、微妙な触れ感がちょっとドキドキした。

部屋にはいり早速一緒にお風呂にはいった。全身を後ろから包み込まれる状態でアダムタッチをしてもらった。やっぱり凄く安心できて、気持ちいいのと同時にドキドキ感が増した。また、その優しさからなんとなく甘えたくなった。その後浴槽のふちに座ってクリトリスを愛撫してもらった。今まであまり気持いいと思ったことがなく反射的に足を閉じてしまったりしていた。しかし先生の愛撫では凄く感じてしまい、恥ずかしいながらもっとやってほしいと思った。

たいていの男性だったらこの後すぐに盛上がって、それについていけなかったりしてた。今回はまずベットでうつ伏せになった私を、やさしくパウダーでマッサージしてもらいすごくリラックスすることができた。アダムタッチが初めはくすぐったかったけれど、だんだん気持よく、また自分の体がこんなに感じるなんてはじめての体験だった。胸もやさしくタッチされて気持よく感じられた。大半の男性は強く揉む事・乳首を激しくいじることで女性は興奮すると勘違いしている気がする。今まで痛くて「優しくして」って言ったことも何回かあるけれど、なかなか私が感じる触り方方をしてくれる人はいなかった。全身のキス愛撫もとても優しくて心地良く身をまかせることができた。そして今回はじめての体験でとても感じてしまったのが、腕の付根から乳首にむけてトントンとタッチされたことだ。こんなことされたこともなくて「えっ何?」って感じだった。けれどすごい気持ちよく感じてしまった。またアナルを舐められたのもはじめてで、ちょっと恥ずかしかったけど、今までにない感覚で気持ちいいかもって感じだった。けど恥ずかしさのほうが勝ってしまいちょっと体に力がはいっていたかもしれない。

そのあとクリトリスをさわられ舐めてもらった。今まではあまり気持ちいいと思ってない状態で、雰囲気的に感じているふりをしていた。けれどぜんぜんイカない私に対し相手はより激しく続けることが多く飽きてしまったり、時には痛かったりした。けれど今回は自然と声をあげ体をくねらせていた。気持いいけれど自分がおかしくなりそうで、どうにもならない感覚ですごい汗をかいた。途中で「もう飽きた?」って聞かれたけど、「もっとやって」って言ってしまうぐらい気持ちよかった。中に指をいれてもらった時もゆっくりいいタイミングでいれてくれたので、自然と体が受け入れていた。いつもは異物感と激しく、ザツな動きで感じるどころか途中でもういいよと思ってしまう。先生はすごく優しい動きだったがとても感じた。ピンポイントでツボをついていて表面的でなくカラダの奥底から感じているという感じだ。途中で刺激しながら先生はGスポットTスポットを教えた。今までどのポイントだか全く分かってなかったので、「ああーこれなんだ」って両方とも気持よく感じていた。これもまた体の奥を刺激される感覚であまり体験したことがない部分だった。少し変かもしれないが、私の正直な感覚だとGスポットは尿意を刺激しTスポットは便意を刺激するような気分だった。どちらともでてしまったらどうしようという変な不安感が少しあった。尿意は慣れればあまり気にならなくなると先生はおっしゃっていたが、ほんとに尿意が気にならずGスポットを刺激されたら物凄く気持いいだろうと思った。

私が激しく感じていた後、またアダムタッチで体に触れ愛撫をしてくれた。私の手は先生の誘導によってペニスを触り軽くしごいた。感じるカラダになっていた私はとてもエッチでいやらしい気分になり、大きくなったペニスを口にくわえたくなった。今まではフェラは苦手であまり好きではなかった。けれど好きな人が喜んでくれるなら、という気分でしていた。しかし今回は女の本能というか自分でもいままでないぐらい興奮もしていたのだろう。思わず先生に「舐めたくなっちゃった」と言ってしまった。私がフェラを始めると先生はピクリビクリとカラダを動かした。男の人がこんな感じかたをするなん初めてだったので、正直びっくりしてしまった。けれど反応があるとこちらも嬉しくて、もっと感じさせてあげたいという気持になった。前から苦手で好きな人につきあってやっていたシックスナインもしたが、やっぱりこれは私的にあまり好きになれないかもという感じだった。先生はセックスも遊園地みたいなものでいろんなことをして楽しむというひとつにこうゆうものあっていいんじゃないかなとおっしゃっていた。

そしてエッチな体になり「どうにでもして」って気持になってから挿入へ移った。私は今まで何人かに入れる時、狭いと言われたことがある。またいつも激しく体をいじられた後なのでどうしても体がこわばって、力が入り余計に狭くなっているのではないかと思っていた。挿入がうまくいかない時もしばしばあって、頑張ってリラックスして力を抜くようにしていたこともある。けれど先生の大きくなったペニスはすんなり私の体に入ってきて、ちょっと自分でもびっくりした。そして全身をあずけるように力がぬけていった。ゆっくりと腰を動かしてもらい体位をかえていった。座位はあまりやってくれる人がいなかった気がするけれど、すごくいいなって思った。だっこしてもらっている感じが、幸せな気分にさせられる。またお互いが腰を動かしあい、愛を感じあえる体勢だとおもった。

騎上位は今まで誘導されるままになり、なんとなく雰囲気で腰を動かしていたけど正直気持よさを感じたことはない。今回も誘導されるままに騎上位になったわけだけど、先生が私の腰に手をあて動かしてくれた。それが見事にポイントをついていて気持よく、気付いたら自分で腰を動かし、感じるポイントをさぐっていた。自分で動き気持いいポイントがわかったのが、なんか嬉しくなった。けれどこれもまた尿意を刺激し気になってしまい、すこし躊躇してしまったかもしれない。

また、バックはなぜかあまりうまく挿入できない気がしていた。それなのであまり経験もなく体勢的になんとなくさみしい気がしていた。先生はまた自然とバックの体勢へもっていってくれた。そして私自身も腰を動かし感じられるようにリードしてくれた。セックスは男の人につきあってやっているイメージが強かったけれど、このようにリードしてくれると2人で楽しんでる感じがする。だから私ももっと感じたいって思うし、気持いいように体を動かそうと自然に行動し、エッチなカラダになっていた気がする。

その後正常位でフィニッシュかなと思っていたら先生はペニスをぬき、またクリトリスを舐めてくれた。こんなこと初めてだったから驚いたのと、なんか男の人ペースではなくいっぱい尽くされてる気がして嬉しかった。その後また挿入し正常位でフィニッシュした。先生は大声で叫びイッていた。想像以上の絶叫にびっくりした。私が経験した男性はわりとあっさりイッていたので、これだけ反応があると、「そんなに気持よかったのかな」とこちらも嬉しくなった。終わってから先生の腕枕で「休憩」っていってふたりで寝た。いつもと違って体力を使ったのか、私もやり遂げた感でほんとに寝てしまった。

今回はセックスをふたりで楽しみながら、一緒に気持よくなることができすごく満足だった。今まで激しく動かされ、痛みが残ったりすることもしばしばあった。今回はいい汗もかき痛みも全くなく、カラダも心もすっきりした。また普段私は、忙しく不規則な生活のせいで肌が荒れている。パウダーでマッサージしてくれた時、先生にも気にされた。その時、先生のもとでアルバイトしている女の子で肌荒れが改善された子の話しを聞いた。このセックスを通して私も女の本能を刺激され気持良くエッチなカラダになったことで、女性ホルモンも刺激され、きれいになれるんじゃないかと思った。またこんなに感じたセックスは初めてだった。こんなセックスを好きな相手がしてくれたらきっと離れられなくなる。さらに今までない体験ができたことに感謝している。以前までは男の人のセックスに不満があっても、いいやり方がわかってなかったのでちゃんと話すこともなかった。どうゆうのがいいのかと、彼に試されてもAVの真似事だから全然改善されなかった。この体験をいかし今度つき合う彼とは、ちゃんと話して2人で楽しめるセックスをしたい。こんな気持いいセックスができれば、男女の愛もより深まるだろう。そのことを実感したと共に、セックスの重要性にも気付かされた。きっとこれからは自己満の勘違いしたセックスをくり返す男の人とは、付き合えないだろう。初めは物凄く不安でいっぱいだったけれど、本当に新しい世界が開けた気がする。

最後に世の中の男性に言いたい。女の子を磨くのは男の人で、男の人の力でどんどん綺麗になるし、相手と向き合ったセックスでは、どんどんエッチなカラダにさせる。人間の欲求のひとつで、ふたり一緒に満たしあえるそんなセックスは、とても重要なものですよね。