アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

以前から人肌の触れ合いが大好きで、セックスにも興味が深く、雑誌でセックス特集等があれば、よく読んでいました。はじめてアダム先生の記事を目にした時は今までにない考え方や方法にとても驚きと感銘を受け、それ以降は他のセックスに関するものを見てもいまいちピンと来ず、アダム先生の記事を見かけるたびに手に取り関心を持ち、スローセックスへの興味は益々増していきました。

その後メルマガに登録し読み進めるうち更にスローセックスに憧れと興味をもち、体験してみたくなりましたが、そんな理想的な行為が出来る男性は周囲にいるわけもなく。今までの男性はセックステクニックに自己満足して、女性にとっては勘違いの自信過剰になっているタイプと、経験の浅さやコンプレックスから、逆に努力を怠って軽薄になるタイプの二つに、二極化していたように感じます。その中でも一番順応性のある現在のパートナーにはスローセックスをリクエストして試してみると、未熟な中でも今までの人と比べると気持ちよく、世に蔓延している男性射精主義のセックスにはない愛情を感じる戯れとなり、これはもしかしてマスターしたら素晴らしいのではないか、もうこうなったら本物を体験するしかないと決心しモニター応募に至りました。

応募後のアダム先生とのメールでのやり取りは大変スムーズで、簡潔な文章の中にも相手を気遣う雰囲気が感じられました。オフィスでお会いした先生の第一印象は物腰やわからそうな品のある大人の男性で、お話をすると女性の話をしっかり受け止め聞き入れて下さる懐の深いお人柄が伝わってきました。それまでのセックスの経緯を聞かれ、初めてきちんと自身の性歴を振り返ると、随分ジャンクセックスの輩の餌食になっていたな~と実感しました(笑)。

オフィスからホテルへ移る際のタクシーの中でも、私の身の回りの人やセックスに関してお話を伺ってくださり、タクシーを降りてホテルまでの道のりは「アダムウォーク」で右手と右手をつないで歩きました。人ごみの中でも前後になれるので手を離す事なく歩ける優れものの形、とおっしゃるだけあり確かに優秀な歩き方。今後好きな人と手をつなげる機会がありましたら、取り入れさせていただきます。

ホテルの部屋に入ると、何から何まで至れり尽くせりで感動しました。今までは男性とホテルへ入っても「目的は1つ!」といった感は丸見えで、即行為が始まるか、慣れた男性だと、早々にテレビを付けて見出したりして、「ココは家か!」といったくつろぎ様だったり。とまぁ~それはそれは雰囲気を作るのが下手な人ばかりだったので 逆に男はこういう生き物なのか、と思い込んでいました。

アダム先生はホテルに入ると手際よくさりげなく、お風呂の準備をし、歯ブラシを開封してコップに立てて入れて、バスマットまで引いて下さったので「ここまでしてくれるの!?」とビックリしました。落ち着いた感じの音楽をかけ、しかも「何か飲む?」と聞いてくださり「ココアがいい」と言ったらお湯をわかしたり、ティーセットを準備して下さったり。行為の前に飲み物を勧めてくれる男性は、世の中に何人いるのでしょう。私は見た事も聞いた事もありません。しかもこういう準備は当たり前に女性がするものだと思い込んでいました。男性がしてくれるって、すごく居心地がいいです。アダム先生のスローセックスはタクシーを降りた瞬間から始まっていて、こういう事も含むんだな~と思いました。

お湯がたまったのでいよいよお風呂です。お風呂にはアダム先生が先に入り数分後に私は裸でそのままバスルームへ入りました。先生に後ろから抱きかかえられる格好でバスタブへ入り、とてもソフトなアダムタッチが始まりました。照明は落としバスタブの中が色々な色に光るのが幻想的で、その中でゆっくり動く先生の手が素敵で、かつアダムタッチに興味があった私は、まじまじと観察してしまい、感じるようになるまでには時間がかかりました。しかしたくましい腕と胸に包まれる感触に安心感がありました。

女性はこのようなスタートのセックスなら誰でも嬉しいし、相手に心を開きやすくなると思いますし、スキンシップが好きな生き物なので、お風呂も一緒に入るとより良いと思いました。でも初めてセックスをする相手と、一緒にお風呂に入るに至るまでには回数がかかる場合も多いし、中には「風呂は一人で入るものだ!」と言い放ち一緒に入る事に抵抗がある男性や、「俺は朝風呂派だ」とか「シャワーだけでいいから」とか何かしらの理由で避ける男性も少なくありません。女性を喜ばす事より自分の都合しか頭にない男性が多く、それに従っている女性もまた多い。こんな風に愛を深められる絶好のチャンスを逃している事が非常に残念です。

お風呂からは先生が先に出て、私が後から出ました。体が熱かったのでバスタオルを巻いて出ると先生は裸でベッドに横になって待ってらっしゃって、私を横へ来るよう促しました。部屋の照明はお風呂に入る前より薄暗くなっていました。アダムタッチが始まると「これがあの本物のアダムタッチか~」という興味がまたしてもニョキニョキ出て来て、先生の手の動きを観察してしまったり、「パウダーってこんなに滑るんだ」といった感想が頭に沸き、元々集中力が無い私はこの期に及んで、また感じるまでに少し時間がかかってしまいました。

でも全身に優しくソフトなアダムタッチを受ける事は、全身をアロマトリートメントされているような感じに似たものがあり、ものすごい癒しのテクニックであると実感しました。安心感と心地よさがあり、ストレスもふわふわと一緒に浮き出して消えていくような感じですが、それでいて感じるようになってくれば、どこでも性感帯と呼べる位様々な部位にエロティックな感覚が芽生えます。

胸はソフトに触ってくれる男性の方が限りなく少なく、少々痛い位に上から掴み揉まれるものでしたが、アダムタッチでの刺激は心地よい快感でした。乳首を触られると脳の奥にかすかにチリチリと響く感じが起こり、気持ち良さが体中を走ります。女性の胸は生理周期などの影響が出やすく、時期によっては痛いのでこのようなソフトタッチで充分女性は感じるのだから世の男性は考えを改めるべきです。どうしてガシガシ揉んでしまう方が多いのでしょうか。

先生のキスもとてもソフトでした。なかなか舌を使わないところがもどかしくて、私はもっともっととなってしまうのですが、先生は焦る事なくゆっくり。私はキスは徐々に濃厚になっていくのが好きなので、それも味わってみたかったです。

それからうつ伏せの体制でのアダムタッチの流れからアナルを舐められました。今まではアナルを愛撫する男性はほとんどいなかったので、快感を味わった事はありませんでした。しかし抵抗無く受けられ舐められている自分を想像すると、エッチな気持ちになりました。

ここまでの流れでイメージは大きな器に抱き守られてうっとり&リラックスの癒し系の感覚が大半を占めていましたが、ここからは一変。クリトリスへのタッチが始まると、かすかに指先で触れられるだけですごく気持ちが良く、一気にムラムラ感がヒートアップしていきました。私はもっと「触られたい。触られたい」という気持ちが溢れて仕方なかったけれど、ここでもキスの時のように先生は焦らず、じらしている様です。そのうちにクンニがスタートすると、いきなりすごい先生の舌の動き。とても細かく速くリズミカルな振動を交えた動き、人間の舌ではない様にさえ感じました。とても感じてすぐにイッてしまいました。
「イッちゃった」と伝えると「イッちゃったの?」と答えた先生は、今度は指が膣に触ってきました。膣の中に指を入れる時、先生は少しずつ入り口を開きながら慎重に入れてくださったので、そのお気遣いがさすがだと思いました。どんな男性も膣が濡れていようがいまいが、自分の乾いた指をいきなり差し込んできます。ひどい場合は最初から2本指を挿入した直後に高速なスライド。摩擦で火が出るのではないかという位痛いし、デリケートな部分なので炎症が起きて、数日間後遺症に悩まされます。女性の膣に指でもペニスでも挿入する場合は肌を傷つけない為とスムーズな動きの為のたっぷりな潤いと、膣への“愛情のスタートサイン”が絶対必要です。それを怠ってAV男優の様な強引な行為に及んでしまう残念な勘違い男が蔓延しているから、女性は「やられる」意識が強い世の中になってしまっているのではないでしょうか。アダム先生の様な入念な愛情の下準備が施されていれば、男性が「やる」立場・女性が「される」立場でもなんでもなくて、お互いに「愛し合う」行為に変わるはずです。

「ここがアダムGとTスポットだよ」と膣を指で愛撫しながら、とてもエロティックな声で先生が教えてくださいました。その前に1度イッたばかりで感度がよくなった状態のままの私は、とにかく「気持ちイイ」「もっと感じたい」「もっと感じたい」とフワフワした脳の感覚でいたので、スポットの違いと場所の把握には至れませんでしたが、とても気持ちイイので、今後自身でも見つられるよう挑戦してみます。

膣への愛撫がしばし続いた後、ちょっとクールダウンといったところで、仰向けになった先生に「いつもはどんな風にしてるの?」と聞かれ、私から先生への愛撫をさせていただきました。普段は相手に色々するのが好きなのですが、相手がセックスの王者アダム徳永だと思うと、自分のテクニックの未熟さに、申し訳なさと気恥ずかしさが織り交ざり、どうしていいか全然分かりませんでした。乳首を舐めると先生がビクンと反応されたので、初めはその衝撃の強さに、何があったのかと心配しましたが、感じた時の体の反応と伺い驚きました。今までの男性はこちらから愛撫しても、無言だったりただ目をつぶっているだけだったり、よくて上体を少々悶えさせる程度で、我慢しているのか感じてないのかという反応しかしませんでしたので、でもそのくせ女性には多大な感じる反応を求めていますよね、変なの。たまに先生がビクンとなったり、吐息をもらしたり、満足そうな表情をされたりするのを見て「素敵な反応だなー」と感じました。

フェラチオにも挑戦しました。先生のはご立派だったけど、私の口にとても自然に受け入れやすく、普段の「やってもらったからやってあげなきゃ」感は微塵も浮かばず、それまで散々愛されたおかげで、私からも自然の愛情行為となりました。先生は私のでも少しは気持ち良かったのかなー。
“女性は女性らしさを存分に生かすこと。女性の特権であるやわらかさを前面に出すこと。タッチにしても舐めるにしてもソフトに柔らかくした方がいい。そうアドバイスを頂き、とても参考になりました。AVの影響で男性だけでなく間違った認識を持ってしまっている女性も多いと思います。女性はガツガツしないで柔らかく艶かしく相手を愛して男性にも感じてもらいたいです。

小陰部にアダムオイルを少し付け、素股を初体験しました。クリトリスも同時に刺激されつつ、共に亀頭にアプローチ出来るので、気持ちがいいし視覚的な角度もいやらしくてすごく良かったです。これらかのセックスでは絶対にしてしまいそう。

その後コンドームを装着してゴムの上からアダムオイルを付けて、ゆっくりと膣へ挿入してくださいました。大体いつもはペニスが膣になじむまで痛みを伴う事が多かったですが、先生のペニスはとてもスムーズに受け入れられ最初から快感。

正常位・座位・女性上位・から再度正上位と行った後、一度先生がペニスを抜きました。
「どうしたのかな?」と思った束の間、それからまた私のクリトリスへのクンニがスタート。私はまたイッてしまい、普段1度のセックスで1回しかイカないのが常で、1度イケばもうイカないものだと諦めていたので、2回目イッた自分に驚いたし嬉しかったです。そしたら今度はまたGスポットとTスポットへの猛烈な指での刺激と、クンニのオンパレードが始まり、初めの時以上に非常に深い快感の大嵐が襲ってきて、私は少しも我慢できず、足はかなりの力で暴れようとしているのですが、先生が押さえつけて動かない様にしているので逃げられず、この我慢できないほどの強い快感をどうしようと思いながら、ずっと大声で叫び身悶えながら、愛撫を受け続けました。もうずっとイッているんだか何なんだか、というどうにもならない感覚です。私があまりにもうるさいけどギブアップしないので、先生は「快感の拷問だ」と言いながら、たくさんたくさん私に刺激をくれました。私の性感脳が開かれてない状態だったので、ちゃんと開かせて下さったそうです。この性感脳が開かれた上での最高の体験があるおかげで、今後の人生のセックスライフに多大な好効果がもたらされるそうで、自分の今後がとても楽しみでいます。
こんなに強い刺激の嵐に見舞われていると、段々頭が朦朧として、脳みそが溶け出しているのではないかという気さえしました。快感のせいで手がしびれて、物を掴めない程ガクガクになり、こんな体験はもちろん今までにないので感謝感激しました。

私がギブアップして少し休憩。先生はご自身は「イッてもイカなくてもいいんだ」とおっしゃっていましたが、噂の雄叫びを目の当たりにしてみたくて「先生がイクの見たい!」とねだってしまいました。

そのリクエストに答えてくださってまた挿入。その後は騎上位をかなり長くがんばりました。私は座位と騎上位が好きなので気持ちよく楽しかったです。汗だくになりながらでも動き続ける私に、先生は「体力あるねー」と冗談っぽく茶化したり、他愛無い会話を交わしながら挿入を楽しんだり。でも感じ合う時は目を閉じて集中した方がより深く感じられる、と教えていただき実践してみると、より良い快感を得られました。

バックスタイルの時、女性は股を大きく広げるものだと思っていたのですが、閉じたままで色々な角度からの挿入が施されたので新鮮な発見でした。バックは私にとって痛みの出やすい体位だったのですが、全然痛みはなく逆に気持ちがいいのです。しかもバックからの挿入に色々な角度を付けられる事に驚きました。洗面所の鏡越しに自分達のセックスや表情を見ながらの行為も興奮しましたし、横向きでの後ろからの挿入も。そして正常位に戻る課程での少しずつの体位の変化、特に両足を真っ直ぐ上に上げられ上下にスライドさせての挿入は初めてですごい快感でした。

そして先生が上になり、私の肩をしっかり抱きしめ強く突きだすと段々先生の体が熱くなり先生の体内エネルギーが上がっていくように肌身で感じました。いよいよ先生がフィニッシュするんだと悟り、その瞬間を大切に感じたいと思って、私も一段と心を開きました。それは噂以上に野生的で、本当に大きな雄叫びで「これがあの先生のフィニッシュだ!!」と感動したのを今でも覚えています。「この声は爆発現象だから自然に出る」とおっしゃっていましたが、こんな風に声を出す男性は見た事がないです。という事は大半の男性諸君は、どのレベルでイッてらっしゃるのでしょう。

念願の先生のフィニッシュを体験出来て満足した後、先生の腕枕で一緒に眠りました。すぐに入眠された先生を横目に「さすが大物だな~」と感じつつも、私もすごくリラックスして眠りにつきました。目が覚めてベッドサイドにある部屋の電気のスイッチを入れた先生は、電気がつく前に掌で私が眩しくないように、目隠しをして下さったので感激しました。そこまで気遣うことの出来るアダム先生に大変感銘を受けました。

散々動いて感じてお腹がすいたので、ホテルを出てお食事を一緒にしました。いつになく美味しくて充実したセックスをすると、味覚もアップする事を知りました。スローセックスを広めていく事を、ご自身の使命と実感し先陣切って活動されている先生のお話は大変興味深く、会話もお食事もとても楽しかったです。それに先生はダンスが上手。先生お得意の男女の情熱のサルサダンスを私もこれから挑戦してみたいと思ってます。

初めから最後まで常に女性を気遣い喜ばせ心地よくしてくださる配慮、誠実な対応、スローセックス意外にもたくさんの事を教えて頂きました。それらすべてが充実した愛のあるセックスへつながると思いますし、スローセックスの一つ一つの行為すべてが無駄のない意味あるテクニックの連続であるからこそ、フィニッシュ時に最高の快感と感動をもたらしてくれるのだと思いました。これから私も本物のセックス、スローセックスを追及していきたいと思いました。先生、本当にお世話になりました。私に最高の一日をありがとうございました。