アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら

久しぶりのアダムさんとのデート。私の胸は「中学生の初恋?」と思うくらいドキドキしていました。前回、アダムさんのモニターに応募して素晴らしいSEXを体験させてもらい、私は嫌いだったSEXがとても大好きになりました。私の身体をこんなにも愛おしく扱ってもらったのは初めてで、愛されているという実感が沸くほど。恋や愛やSEXに関する本はたくさん出ています。でも、本を読んでも解決しない悩みはたくさん。そんなことに悩まされている自分をふっとばしてくれるものがあるのだと、それこそが本当の愛ではないかと思ったくらい感動したことを思い出しました。初めて会った相手にそう思わせるほど、本当のSEXって素晴らしいものなのですね。
待ち合わせのカフェから一緒に歩いている間も、アダムさんのエネルギーを感じます。2人の目的がきちんとわかっているからでしょうか。これからSEXという行為へと向かうことが素晴らしいことだと思える。これにはすごいなぁと我ながら感心しました。私は今までSEXが好きではありませんでした。「身体目当て?」「したいだけ?」「なんなの?」「まっ、いいか」と積極的になるどころか、彼に合わせてばかり。無理することも彼への愛情だと勘違いしていたのです。そんな私が、アダムさんとのSEXを心待ちにしていたのです。SEXに飢えていたわけではありません。なのに、どうしてかわからないほど身体が求めています。そんな私になれたことが誇らしかったほど。SEXとは、うそ偽りない愛の表現だと思います。いいSEXこそが本当の愛をつくって行くのかなぁ。アダムさんとホテルに向かう間、そんなことを考えていました。
ホテルに着いてからは、初めてではないのに緊張してしまいました。でも、アダムさんはいつも紳士、優しくリードしてくださいます。ふと思ったのですが、もしアダムさんが品もなく清潔感も感じられない方だったら、私は身を任せきれなかったんじゃないかなと。始めてお会いした時から、アダムさんの清潔感と品性はどこからくるのだろうと不思議でしたが、やはり細やかな優しさと相手を思いやる人柄からくるのでしょう。今の世の中の男性は、格好だけを追い求めている気がします。だから女性の扱いも格好にこだわってしまう。AVや情報に惑わされて自分のSEXはイケてると勘違いしてしまうのでしょう。以前、付き合いたての彼が激しくキスをしてきたことがありました。とても興奮して、クラッときたのは事実です。でも、そのまま下半身に手が伸びて、性器をいじられ、「痛い!」一気に覚めてしまいました。気持ちが盛り上がるシチュエーションなのに、なんだかショックでした。
女性は素敵なSEXを求めています。愛されて、愛されていることを感じたい。クリトリスで感じたい。中で感じたいと本当に望んでいます。私もそうです。私は、まだ中でオーガズムを迎えたことがないと思います。(最近微妙なのですが!)でも、できるならやっぱり迎えたい。そう思えたのはアダムさんの愛撫からです。アダムさんの愛撫は、心を酔わせてくれます。「私はこんなに感じてる・・・こんなに・・・」と思い始めた瞬間から、思考を吹き飛ばしてしまうくらいの快感が走り始めるのです。SEXの入り口に、「私は感じてる・・・」という意識をもてたのはアダムさんが初めてです。今までは「また気持ちよくないのかなぁ・・・」から始まっていましたから(笑)。オーガズムは女性の目的ではないと思います。いちばん求めているものは、愛する人とのSEXで、身も心も感じたいという気持ち。その先にあるオーガズムこそ最高のものなのでしょう。
お風呂場で身体を洗うときも、アダムさんは違いました。私は一緒にお風呂に入るのが大好き。でも今までは、身体を洗ってもらうのが嫌でした。いつも石鹸のついた手で性器を触り、中まで入りそうなくらい洗おうとします。ヒリヒリするし怖いし、濡れるわけありません。「AVの見すぎ?」なのか、それが気持ちよいと思っているかのようです。だからとても嫌で我慢ばかりしていました。アダムさんは違います。身体をゆっくりと愛撫するかのように洗ってくれます。私は、「あそこはどうなるの???」「洗うの????」と気になるばかり。ところが、アダムさんの手が身体に触れるたびに気持ちよくってため息がこぼれちゃいます。アダムさんの手は背中を洗いながら胸へと伸びていきます。その瞬間思わず腰を引いてしまいました。なんと、意に反してアダムさんの大きくなったペニスが私の太ももの間に入りクリトリスに一瞬触れ、ビリビリと電気が走るかのように感じてしまったのです。頭の中は「性器は洗うの???」と気になっていたのに(笑)。結局アダムさんは性器に手を触れることはありませんでした。それはまるでシルクの布が肌を滑りおちるかのようなアダムさんの腕が、私の足の間を一瞬柔らかく通り抜けただけでした。すべてが柔らかで本当に気持ちがよく、こんな風に洗ってもらえるなら、「いつでも!」と思ってしまいました。
身体を洗ってもらっただけで気持ちよくなってしまった私は、バスタブでも濡れ濡れ。女性って不思議です。心も身体も気持ちよくなったら、こんなにも開放されるのですね。もう何も気になりません。今までは、「こんな格好は恥ずかしくてできない!」とか、「声出しすぎると引かれるかも?」と相手の顔色を伺うSEXだったような気がします。そんな私の理性なんて吹き飛ばしてしまうからアダムさんって本当にすごいですね。女性の心からほぐしてくれるからこそでしょう。ほとんどの男性は、そんな「心」の部分がSEXにどれだけ影響するかを考えていない気がします。「ここを触ればきもちいいだろう」ということばかり追求していても、女性はわかってしまいます。(追及さえしない人多いですけど・・・)女性は男性の気持ちに余裕があるととっても安心して身を任せられます。そこからが本当に満足できるSEXの始まりかなと思いました。
ベッドでは、野獣のごとく叫び続けてしまいました。身体中をアダムタッチで愛撫されて感じない女性はいないと思います。胸を愛撫しながらスクラッチする、手を握りながらキスしてアダムタッチする。アダムさんの愛撫は全身全霊をかけてのものです。「どうしてこんなに違うんだろう?」って考えてみたら、ジャンクセックスは胸の愛撫をされていてもキスの後の唇がさみしい。下半身を触られている時は下半身にしか意識がいかない。それも「ぐりぐり触るのはやめてー!はやく終わんないかなぁ・・・」と頭と心と身体がバラバラな感じです。アダムさんの愛撫では全身が温かくなります。エネルギーが充満するような感じです。だからどこを触られても全身で反応してしまう。野獣になってしまうのです(笑)。今まできれいなSEXを演じていた私は、野獣になれるSEXのほうが数段美しいって思いました。すべてのエネルギーを開放して、愛されることを受け入れる。そんなSEXは、美しい行為だなって思ったのです。
クンニは最高です。「アダムさんは神様?」って思うくらいずーっと天国にいる気分です(笑)。今まで私が経験したクンニはちょろちょろっと舐めてハイ終わり。長くてもたぶん3分くらいで、的外れなもの。気持ちよいというよりも、強すぎてほとんど感じない。「そこじゃない、もっと優しくしてー!」と言えずにいました「。言えばいいじゃない!」と思うかもしれませんが、一生懸命してくれている彼に対して言うのが失礼と思ってしまい言えませんでした。女性から積極的に気持ちよくなることを求めると、いやらしいと思われるんじゃないかとか、これこそ的外れな考えですが、実際はそんな女性も多いのではないでしょうか。アダムさんのクンニは、足をしっかり押さえているため身動きできません。その状態でものすごくソフトに優しく舐めるのです。(想像しただけで濡れちゃいます・・・)クリトリスに唇が触れた瞬間から全身が快感の波に包まれてあえぎっ放しです。その波がどんどん大きくなっていき、何度絶頂を迎えたかわからないくらい。それでもアダムさんはクンニを続けます。身動きできないから逃げられない。あまりの快感にシーツが大海原になっているのにも気づきませんでした(笑)。普通の人なら女性が絶頂を迎えたのを見て満足して「ハイOK」と終わらせてしまうのではないでしょうか。アダムさんはその絶頂を越える絶頂までもっていってくれました。最初の快感の波の高さはゆるやかですが、クンニをされてイクごとに波の高さがどんどん高くなっていきます。さらに間隔も短くなり、最後はいきっぱなし。まさに天国です。こんなクンニなら、「永遠に続けて欲しい!」と誰もが思うはずです。
こんなにもきもちのいい愛撫を受けてからの挿入は、突き抜けるような快感を伴うものでした。Gスポットでは、あまりの快感に怖くなったほどです。今まで感じたことのない快感にとても驚き、自分の身体がこんなにも感じるなんて奇跡としかいいようがありません。でも、どんな女性も潜在的に感じる能力をもっていると知ってから、私はSEXに積極的に向かおうと決心しました。そしてアダムさんに導かれ、自分の身体が開かれていきました。扉が開かれてからはどんどん感度がよい身体になっていくのが自分でわかり楽しくて仕方ありません。やはり女性も努力しなくてはいけませんね。アダムさんのペニスでの愛撫をくまなく受けながら、女性に生まれてきて本当に幸せだなって思いました。ずっとずっと感じつづけることができるなんて、1年前には想像つかなかったこと。「私って不感症かも」とも思ったこともあります。でも今は、SEXを楽しめることが嬉しく、SEXが大好きといえます。それ以上に、素晴らしいSEXは人生を豊かにするものだと身をもって感じることができました。
アダムさんとフニッシュを迎えて、アダムさんの大きな叫び声を聞きながら男性の絶頂の瞬間を受け止められることがとても嬉しく、男性の愛を全身で受け止めることが女性の大きな歓びなんだな~と確信しました。SEXだけでなく、すべてにおいていえることかもしれません。でも、身体も心も開放してお互いをしっかりと感じあうスローセックスこそが、人間の最高の愛の表現なのではないかと思います。これからもっともっと素敵な女性になれるように、がんばっていこうと勇気がわきました。そして今回は野獣になってしまいっきりだったから、今度は男性への愛撫を練習してもっと素晴らしいSEXができるように頑張ろうと思いました。本当にありがとうございました。アダム先生との出会いとスローセックスに心からの感謝をこめて・・・。