アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★私の後継者を求めています!
日付: 2014年09月05日

8月のお盆に還暦を記念して

高校の同窓会がありました。

 

それに私は参加しました。

 

それぞれの人生を60年間生きてきた

クラスメイトが一堂に集まりました。

 

顔にしわが刻まれた友人を見ながら

なんだか不思議な気がしました。

 

穏やかな表情の裏に

「山あり谷あり・波乱万丈の人生を

歩んできたんだろうな…」

としみじみと思ったのです。

 

実は自分もそうだったからです。

 

ところである女性の読者からメールで

「アダム先生の33歳のときの霊的な体験は

なんですか」と

質問が寄せられました。

 

ホームページの自己紹介で

人生を大きく変革させる霊的体験があったと

書いてあったからです。

 

このことはまだ皆さんには

公にしていなかったですよね。

 

還暦を記念して

お話しさせていただきますね。

 

私が画家をめざして

アメリカにいたときのことです。

 

早朝に夢をみました。

 

今でも鮮明に覚えている正夢です。

 

私はクルスチャンではありませんが、

夢のなかにイエスさまが現れたのです。

 

私は夢の中でイエスさまと会話をしました。

私:

「なぜ男女が愛し合うセックスを

宗教は汚れたものとして扱うのですか」

 

イエスさま:

「一言では言えない深い理由があります」

 

私:

「私は男女が幸せになることが

人類に平和をもたらす

原点ではないかと思っています。

 

しかし人類はセックスを

卑しいものとして扱ってきました。

 

私は男女が愛し合うためには

セックスは大切ではないかと思っています。」

と矢継ぎ早に自分の思いを伝えました。

 

そして

私:

「私はセックスの大切さを

世の中に広めていきたい。

そのことをもって人類に貢献したい。」

と訴えたのです。

 

するとイエスさまは

「神さまを知ったものがやらずして、

いったい誰がやるのか。」

という返事でした。

 

私は無宗教ではありますが、

宇宙を創造した神さまを信じていました。

 

私はイエスさまから

背中を押された気持ちでした。

 

そして確信しました。

「やっていいのだ!」と。

 

私がこれからの人生で成すべきことを

決意した瞬間でした。

 

以後私の人生はスローセックスの

研究に向けて動き出すのです。

 

続きは次回に…

 

ところで60歳を迎えた私ですが、

同窓生のみんなは自然の流れに従って

黄昏の人生を漂わせていましたが、

私は違います。

 

これからが私の本番の人生です。

 

ようやく人間としての修業が

終わった気持ちでいます。

 

まだまだ不完全な自分ではありますが、

この日本をまた世界を愛の世界にすべく

決意を新たにしている次第です。

 

いつまで続くかわからない自分の命ですが、

これからは天からインスピレーションで

受取ったスローセックスの真髄を

可能な限り多くの男女に

伝えていきたいと考えています。

 

まずは男性。

 

女性を大切に思い

女性を愛したい

女性を喜ばせてあげたい

と思う男性のあなた。

 

あなたは自分の価値に

気が付いていないかも知れませんが、

あなたの精神性はとても崇高なものです。

 

なぜなら今まで男性はセックスを性欲の処理、

快楽と捉えていたのです。

 

女性を愛で満たしてあげようという

思いがなかったのです。

 

今までのセックスは男女の愛を分断する

行為だったのです。

 

なぜならほとんどの女性が

セックスで満たされることがなかったからです。

 

それは男性が悪いわけではなく

セックスを愛の交流と捉える

時代ではなかったのです。

 

ようやく長い歴史を経て

セックスを愛の交流とし捉えることのできる

時代を迎えたのです。

 

だから私が天より招命を受けて

セックスの封印を解き

愛のメソッドを開示したのです。

 

見た目や肩が書きや

女性経験は問題ではありません。

 

あなたが女性を愛で満たしてあげたいと願う

人間性をお持ちであるならば、

あなたは男女の愛の幸せを受取る

レベルに来ているのです。

 

ところで私のような存在は

これから二度と現れることはありません。

 

なぜなら私はセックスにおける基本的な奥義を

解いてしてしまったからです。

 

あとから来る人はただそれを継承するだけです。

 

私は生きている間に

このスローセックスのメソッドを

多くの男性に継承していただきたいと願っています。

 

私の分身が増えることが

この日本を愛の国にする基盤になると

確信しているからです。

 

もしあなたが私の理念に共感されるならば…

このメールに直感的な何かを感じるのであれば…

きっとご縁があります。

 

ぜひ私の元にお越しください。

そしてプライベート講習を受けてみてください。

 

あなたは必要とされている存在です。

あなたの人生は愛にむかって開花します。

 

羽の見えない性の天使

アダム徳永

 

 

 

過去のメルマガ一覧に戻る