アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★口内射精がなぜか悲しい
日付: 2020年03月27日

先日メルマガで
配信した内容に対して
以下のメールをいただきました。

皆さんと共有し
考えてみたいと思います。

☆☆

こんにちは。

由佳(仮名)と申します。

毎日届くメールを
楽しみにしています。

先日のメルマガの
「フェラチオが嫌いな本当の理由」
を拝読しました。

思うところがありまして
メール致しました。

私には付き合って10年の彼がいます。

彼は50歳で私は40歳です。

同じ会社に勤めていて、
週末婚状態です。

私は元々フェラチオが
そんなに苦手ではありません。

むしろ相手を喜ばせて
あげたいと思う方です。

メルマガに書いてあった、
女性がフェラチオをする
主な4つ動機。

1)ペニスを口に含む
行為自体が気持ちいい。

2)愛する男性のペニスを
口に含みたいという本能的欲望。

3)彼が喜んでくれるのが嬉しいから。

4)彼にして欲しいと
言われるから仕方なく。

その内容で言うと 
私は2と3に当たります。

しかし最近はフェラチオを
したくないと思えてきました。

フェラチオをして
気持ちよくなると
彼が必ず口の中に
出すからです。

最初の頃は彼が
「イキそう」と言うと
手と口を止めてイカせないように
していたんですが、
最近では突然
「あ、もうダメ。イク」と言って
私の口にさっさと
出してしまいます。

「口に出されると
悲しい気持ちになるから嫌だ」
といっても辞めてくれません。

でもなぜ悲しくなるのか
聞かれると私もよくわかりません。

わからないんですが
先日は悲しい気持ちが抑えきれずに
とうとう彼の前で
泣いてしまいました。

なぜ口に出すのか
彼に聞いてみると、
「膣外射精だと、
イク直前にペニスを
抜かないといけないから、
気持ちよさが半減する」
と言われました。

「ではコンドームを付けたらどうか
と提案してみると
「そんなの付けたら
全然気持ちよくない。イケない」
と言うんです。

確かに最近は
膣外射精しようとすると
以前に比べて
時間がかかっていました。

55歳という年齢もあり、
口や手の刺激でないとダメなのかな。

私の体ではもうイケないのかな。

だとしたら
「口に出さないで」
という要望は、
彼の「男」としての自信を
無くしてしまうのではないだろうか。

「ちゃんと気持ちよく
してくれてるんだから、
最後は口に出されても
別にいいじゃないか。」
と思ったり。

でも射精できてるし
ちゃんとペニスも大きく
なってるんだから
やっぱり口に出す理由が
わからない。

次こそはもっとはっきり
「口に出すならもうSEXしない」
と言ってみようと思ったり。

同じ事ばかり何度も
考えてしまいます。

もうどうしていいのか
わかりません。

気持ちよくしてくれるし、
彼を気持ちよくしてあげたいという
思いはありますが、
毎回口に出されると
悲しくなるし、
泣いてしまうから
このままだともう彼とは
SEXできなくなるんじゃないかと
思っています。

年齢的な問題で、
もう口や手の刺激でしか
無理だというなら、
それはそれでいいんです。

これからも彼と一緒にいたいという
気持ちには変わりないですから。

でも彼はどう
思っているのでしょうか。

私はどうすれば
いいのでしょうか。

彼のことは大好きなんです。

誰にも相談できず、
つい書きなぐってしまいました。

もしいつか取り上げていただければ
幸いです。

☆☆

以上です。

読者の皆さんは
このメールをお読みになり
どのような感想を
持たれたでしょうか。

女性と男性とで
かなり違いが出てきそうです。

人は百人百様です。

これが絶対で正しい回答
というものはありません。

ただ悲しくなる感情と
涙する思いは事実です。

なぜ口に出されると
悲しくなるのでしょうか。

私はこう思います。

それは射精という
快感にこだわるあまり
セックスが肉体的快感に
偏ってしまっていることです。

セックスの本質は愛し合う行為です。

ペニスと膣は相互に愛し合うように
構造的につくられています。

たまの口内射精なら
それも変化の一つとして
いいかもしれません。

ただそれが毎回になると
ただの男性への奉仕になって
しまいます。

決して愛し合う行為には
なりません。

由佳さんはそれを感じるから
悲しくなるのです。

男性が射精するときに
膨大な陽の気のエネルギーが
放出されます。

女性はそのエネルギーを
膣で受止めることで
自らの陰のエネルギーと
絡めて爆発します。

それが同時オーガズムです。

男性のエネルギーを
受け取ることで
セックスは完結します。

女性は潜在的に
そのことをDNAレベルで
知っています。

それを得られない事への
虚しさが嫌悪へと
結びつくのです。

「コンドームを付けたら
気持ちよくない」
というのは男のわがままです。

由佳さんは彼のことが
好きなようですが
彼に本当に愛があるのか
私には疑問です。

由佳さんの感情は
真っ当な反応です。

その感情をごまかさず
彼ともう一度自分の気持ちを
伝えて関係性を
改善できるように努めて
みてほしいと思います。

ちなみに体外射精は
避妊の方法ではありません。

1秒の遅れで
体内に射精してしまう
危険性があります。

妊娠を望まないのであれば
避妊をしっかりとすることは
男性の愛です。

またスローセックスは
射精にこだわらないことが
前提です。

彼がセックスに対する
本当の価値を知らないのが
悲劇の原因でもあります。

ぜひ彼には私の本を
読んでもらってください。

お勧めは
「男は女を知らない」
講談社プラスα新書
です。
https://www.amazon.co.jp/dp/4062915154/

セックスに対する
意識が変わることを
お約束します。

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る