アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★オーガズムは最高の喜びの表現
日付: 2014年06月06日

熱闘を繰り広げる夏の高校野球。

優勝したその瞬間、

甲子園球場は怒涛のような歓喜に沸き立ちます。

 

選手はマウンドに駆け寄り

拳を天に突き上げ

カラダをジャンプさせながら

絶叫し歓喜します。

 

応援に駆け付けた観衆もまた

隣の人と抱き合い歓喜します。

 

その情景をテレビで観戦する私たちも

感動する一瞬です。

 

私たちはそこに人間としの

生命の美しさを感じ共感するのです。

 

ところで歓喜するこの動作

いったい誰から習ったのでしょうか。

 

皆で打合せして練習したのでしょうか。

 

そうではありませんよね。

 

自然にでるのです。

 

面白かったら

声を上げて笑う。

 

愛するものを失ったら

涙を流して悲しむ。

 

嬉しいことがあったら

笑顔で喜ぶ。

 

自分に危害を加えられたら

顔を真っ赤にして怒る。

 

このような感情の表現は

すべて習ってするのではありません。

 

自然な発露として出るのです。

 

それはなぜでしょうか。

 

それは人間のDNAに

情報として刻まれているから

できることなのです。

 

そこでセックスにおけるところの

女性の官能美。

 

女性は男性から愛され愛撫を受けることで

喘ぎ悶え官能します。

 

その姿は男性にとって

本当に美しいものです。

 

まさに男女が愛し合う美しい姿です。

 

この官能美、

これもまたDNAに刻まれた

情報の表現なのです。

 

ところで女性が快感に絶叫し

オーガズムを得る瞬間、

これは女性にとって

最高の喜びの瞬間なのです。

 

日常生活で

このような喜びを表現することは

あるでしょうか。

 

美味しいものを食べたからといって

絶叫するでしょうか。

 

せいぜい「ウマイ!」と舌鼓を打って

唸るぐらいです。

 

学校のテストで100点を取ったからといって

絶叫するでしょうか。

 

「やったー!」と言って喜ぶ程度です。

 

喜びのレベルを考えると

セックスに勝るものはありません。

 

セックスで絶叫し喜びを表現することは

人生のなかで最高に素晴らしい瞬間なのです。

 

ですから私は常日ごろ

『セックスは神さまからの最高のギフトである』

といっているのです。

 

男性の皆さん

ぜひ女性に最高の喜びを

提供してあげてください。

 

女性の皆さん

ぜひ最高の喜びを体感してください。

 

これが生きている証しであり、

生きる上で極上の喜びなのですから…

 

 

アダム徳永

 

 

過去のメルマガ一覧に戻る