アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★女性を『あげまん』にするのは男性次第!
日付: 2013年03月27日

私は『女性は愛される生命体』であると

機会がある度に言っています。

 

なぜそう断言できるのでしょうか。

 

それは女性のカラダが全身性感帯だからです。

 

女性のカラダは男性から

愛し尽くされるように

神さまにつくられています。

 

また女性は快感に身悶えし絶叫し

何度でもオーガズムを得ることができます。

 

なぜでしょう。

 

オーガズムを得ることで

女性は喜びと幸福感を自らに

満たすことができるからです。

 

これもまた男性から愛されるために

あるとしか説明がつきません。

 

ちなみに男性の性感帯は一点に集中し

1回射精すれば終わりです。

 

なんとも開きのある性差でしょうか。

 

つまりそれは男性がセックスを通して

女性に尽くすように

DNAの遺伝子に刻まれているのです。

 

女性にとってのセックスは

愛を得るためにあるのです。

 

全身で喜びを感じ幸福感に包まれたとき

女性は女神のパワーを持ちます。

 

そのパワーは男性に自信を与え

男性を成功に導き

男性を幸せにします。

 

『あげまん』とはそのような女性です。

 

しかし女性に愛を与えなかったら

どうなるでしょうか。

 

女性は夜叉になります。

 

愛されなかった怒りは

男性をつぶすエネルギーになります。

 

そして恨みの念となって男性をダメにします。

 

女性は弥勒さま観音さまマリアさまにもなれば

おぞましい夜叉にもなります。

 

それは男性次第です。

 

夫婦喧嘩したあと

セックスをすると仲直りできるといいます。

 

それはセックスが喜びを共有し

お互いを癒し合うからです。

 

セックスが愛の全てとは言いませんが、

しかしセックスはとても重要です。

 

男性の皆さんにお願いです。

 

今一度自分がしてきたセックスを

反省してみてください。

 

愛する行為でしたか?

 

女性の皆さんにお願いです。

 

今のセックスが満たされていますか。

 

もし不満をいだいているのであれば

我慢はよくありません。

 

男性のリードに任せっきりにしないで、

勇気をだして自分の素直な気持ちを

パートナーに伝えてください。

 

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る