アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★アダム徳永がノーベル平和賞を受賞する日
日付: 2013年12月16日

2020年に東京で夏季オリンピックが

開催されます。

?

日本の素晴らしさを世界に紹介できる

絶好の機会であるかと思うと

いまからワクワクしています。

?

そのオリンピックですが、

第1回は1896年に

ギリシャのアテネで開催されました。

?

しかし第1回のオリンピックは

男性だけが参加する競技だったのです。

?

どうして男性だけなのか。

?

それは当時、

女性の地位が低かったからです。

?

女性の地位ということであれば、

日本において女性が国の選挙に

投票できるようになったのは

いつだと思いますか。

?

それがなんと1946年です。

?

戦後の昭和21年のことです。

?

選挙法改正でようやく女性にも選挙権が与えられ、

昭和21年に男女平等の普通選挙が実施されたのです。

?

有史以来、

人類は男性を中心として

社会を築いてきました。

?

そして男性はずっと女性を差別し

蔑視してきたのです。

?

しかし近年ようやく人類は成長し

男女が平等な社会を実現しつつあります。

?

日本の社会における『男尊女卑』という言葉も

風化し死語となりつつあります。

?

21世紀に生きる人類は着実に

男女がお互いの価値を認め

そして尊重し合う社会を歩んでいます。

?

残す課題はセックス。

?

神さまからの最高のギフトであるセックスに対して

私たちはいまも罪悪感をもち蔑視しています。

?

それは違うと反論する方がいるかも知れません。

?

いまやフリーセックスの時代で

女性もセックスを謳歌していると。

?

しかし大切な性器を「あれ」とか

「なに」とかといって恥じらい、

口にしないことがその事実を物語っています。

?

セックスの話を公然とできない

社会がそれを示しています。

?

いまだ男性中心の性欲処理のセックスが

まかり通っているのです。

?

私たちがこの意識から解放され、

セックスが男女が愛し合う最高に行為である

という認識に立ったとき

男女の真なる愛が結実し

社会に幸せがもたらされるのだと確信しています。

?

私は男女に幸せをもたらすセックスを

スローセックスと命名し

性の大切な価値を啓蒙し

性の意識を根底から変えるための活動をしています。

?

近い将来、

日のいずる国日本に

スローセックスの価値観が普及し

日本の男女がさらに幸せになることと

確信しています。

?

そして日本の幸福度が上がり

日本がより精神的に豊かになることで

日本の「おもてなし」の文化だけではなく

新しく築かれた愛と性の精神文化が

世界に影響を及ぼしていくのではないかと

と信じています。

?

性の変革はまさに21世紀の最大のテーマです。

?

2020年の東京オリンピックまでには

スローセックスの普及は

間に合わないかも知れません。

?

しかし近い将来スローセックスは世界に広がり

世界の男女が喜びに満たされることで

世界に平和がもたらされると確信しています。

?

ところで私は密かに予感していることがあります。

?

それは私があの世に旅立つ間際に

ノーベル平和賞を受賞するのではないかと。

?

アダム徳永

 

過去のメルマガ一覧に戻る