アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

日本人の美徳として『我慢』があります。

 

クライアントの理不尽な要求に我慢。

 

部下のやる気ない態度に我慢。

 

上司の横柄な振る舞いに我慢。

 

色気のない妻の姿に我慢。

 

下手な夫のセックスに我慢。

 

じつはこの世の中に我慢が蔓延しています。

 

いずれにしても人生を長く生きていると

いろいろと不満が生まれ

我慢することが多くなります。

 

しかし我慢して

いいことがあるでしょうか。

 

和を重んじる日本人にとって

お互い波風を立たてないようにと

不満をこころに収め

我慢という涙ぐましい努力をします。

 

その場は我慢することで

人間関係を穏便にすることができ、

いいように思えます。

 

しかし我慢し続けるとどうなるでしょうか。

 

実は不満が溜まり

怒りの感情が生まれます。

 

怒りはこころに沈殿し、

いつか爆発します。

 

ある男性の話です。

 

自分は『S』だと誇りながら

喜んでセックスの自慢話をします。

 

女性の髪の毛を鷲掴みにして

フェラチオを強要。

それが快感だというのです。

 

そして前戯なしで

ガンガンと腰を振ってペニスを突きまくる。

 

彼女は喜んでいるというのですが、

私にはそのときの情景が目に浮かび

とてもこころ穏やかに

話を聞くことができませんでした。

 

女性の悲痛な苦しみと

我慢が目に浮かぶからです。

 

あとで彼にお母さんとの関係を聞いてみると、

母親に対して恐れに近い抑圧を

子供のころより引きずってきたのです。

 

本人は気付いていませんが、

母親に対する我慢が

女性に対して暴力的な振る舞いを

招いてしまったのです。

 

子供のいじめ問題も

原因は同じだと思います。

 

人はみな尊厳ある存在です。

 

我慢して怒りを溜めて

いいことはありません。

 

どうしたら我慢しなくて済むか。

 

実は今も私の課題です。

 

みなさんも自分なりに

我慢しなくてすむ方法

怒りを流せる方法を模索してみてください。

 

人生は経験を通して学び

そして成長していきます。

 

それが人生の目的です。

 

さあ幸せになるために

人生のテーマをクリアし

一歩ずつ前に進んでいきましょうね。

 

最後にセックスに対する不満と我慢。

 

これは最高にネガティブな感情です。

大変な破壊力を持っています。

 

人生を狂わす大変な力を持っています。

 

大変なことになる前に

しっかりと向き合ってください。

 

 

アダム徳永