アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

アダム徳永とのスローセックスレポート詳細

アダム徳永とのスローセックスレポート詳細

アダム徳永とのスローセックスレポート

アダム徳永とスローセックスを体験した女性たちの感想の一覧

今まで知ることのなかった女性たちのセックスの凄さを目の当たりにすます。

【金城弥生さん(仮名)27歳】


私がモニターに応募した理由は、中で感じてみたかったから。私の体はもの凄く濡れ易い。それとクリトリスだけはとても感じやすい。なのに、中(膣)では全然感じる事が出来ないのです。それともうひとつ。スローセックスをキチンと男性が理解・実践できる為のお手伝いが出来ればなぁと思ったから(でも、そのためにはまず私がキチンと感じる事の出来る体に成長しなくてはね。)
私はセックスをとても大切でステキな事だと考えています。なので、自分も含めて世の中の人がセックスレスという問題や、満足感も幸福感もないセックスという問題を抱えて生きていくのはとても不幸な事だと常々考えていました。
私自身は今までにお付き合いした彼氏とのセックスに、自分では結構満足しているつもりでした。周りの結婚した友人たちの話を聞くと、すっかりセックスレスになっていたり、彼氏が居ても殆ど相手にされない上に浮気をされたりだとか…、皆あまり幸せではなさそう。その点、私は彼氏とも長い付き合いだったにも関わらず、逢うと何らかの形で関係もあり、短時間の行為でもクリトリスさえ刺激してもらえればイク事が出来ていたので「他の人よりもましよね」と思って納得していました。でも今 良く考えると、いつもどこか物足りなさを感じていたのかな? 彼氏とは付き合いが長くなってもセックスレスにはならなかったけど…、クリトリスを刺激されて短時間でイク事は出来たけど…、でも終わった後にどこか寂しさを抱いていた気がします。
えっちな事全般が好きな私は、彼をもっと悦ばせられるよう、お互いがもっと良くなれるよう、幸せを感じられるよう、自分なりに色々研究してみたり練習してみたりしましたが、いまいち効果が上らなくて。。。
ずっと心のどこかで「もっと気持ちよくなれるセックスがあるのでは? もっと幸せな気分に浸れるセックスがあるのでは?」との思いをずっと拭えずじまいで過ごしていました。そして、長くお付き合いした彼氏とも結局お別れする事になり、研究を実践する場がなくなってしまい、色々な書籍で勉強しようと模索しているうちに、先生の本に出会いました。
本の内容は驚くべきもので、読み進めるうちに感動すら覚えました。今まで満足していると思っていたセックスの何と浅かった事かっ?! 「これで良しとしよう。周りよりはマシ」と、自分を納得させ続けていたけど、でもどことなく感じていた不満。こいつの正体もハッキリ見えました。行為の後に感じる寂しさや物足りなさはまさに『ジャンクセックス』に因るものだったのです!
本には、私が漠然と抱えていた不満(自分でしっかり認識出来ていなかった不満)が的確に文字・文章で書かれています(アダム先生何でそんなに女性の気持ちが分かるの? 女である私自身ですら分からなかった部分なのに。不思議!)。共感できる部分がたくさんあり、私、本を拝見しながら独りで、「そう!まさにその通り!!」と何度も口走ってしまいました。「やっぱりもっといい形のセックスがあったンだ!」と嬉しくて、次々とDVDや数冊の本を購入しました。書かれているテクニックはどれも目から鱗でした。「やっぱり『その先』があったンだ!」と確信しました。
それにしても、奇しくも濡れ易い体がジャンクセックスを招いていたなんて。ちょっと皮肉。私の体はSexyな雰囲気に反応しやすく すぐに濡れてしまう為にセックスの際、愛撫される前から受け入れ準備が整ってしまいます。そのため私も彼氏もすっかり勘違いしていたのですね。終わった後どこか寂しさを抱えるセックスは、先生の本の中に記載されているジャンクセックスにまさに当てはまり、「これだったのかぁ」と納得。そしてその先にもっと深い官能がある事を知った時、ぜひ経験してみたいと思ったのです。
私の中には『Sexyな事にとても興味がある比較的自由な自分』と、『恋人や夫以外の人と肌を合わせるのはいけない事と考える、かなりお堅い自分』との2人の自分が内在します。なので、モニター応募には物凄く勇気が要りました。でも「今私には恋人が居なくてフリーなのだから…」「カウンセリングのモニターなのだから…」「決して子供ではない充分大人(過ぎる)歳なのだから…」「応募に受かるとも限らないし…」と、色々自分に言い訳し、勇気を振り絞って応募しました。
応募した次の日に先生から直々にメールを頂き、少々パニック。『恋人でも夫婦でもない方と肌を合わせるなんて事』をしようとしている自分。何だかとても大それた事をしでかそうとしているンじゃないかしら…? でも色々考えた挙句、「折角機会を頂いたのだから、トライしてみよう」と考えました。約束の日まで少々心の落ち着かない日々を過ごし、いよいよ当日。先生のオフィスを探して少し道に迷い、約束の時間に10分ほど遅れて何とか到着。膝はガクガク、インターホンを押す指も震える、超緊張状態。部屋に通され少しすると、先生がいらっしゃいました。
明るい笑顔で部屋に入っていらっしゃった先生。
「ようこそいらっしゃいました。大変勇気の要ったことでしょう。良く来られましたね」。先生の第一声です。強がりと緊張で「いえいえ」なんて普通に答えましたが、私、ホントは心の中で、『そうなの~! 超緊張してるの! とても勇気が必要だったの!!』と、何だか自分の心境を解ってもらえて甘えたいような複雑な気持ちと安心感で、少し泣き出しそうな気分。
アンケートに記入する際も、手がガタガタ震えてなかなか文字も書けない私に、ニコニコと優しい微笑を投げかけながら色々お話してくださるアダム先生。少し緊張が解けました。そしていよいよ場所を移動することに。
かなり緊張している私を気遣ってか「軽くランチでも?」とコーヒーショップに寄ってみたり、何だかデートでもしているかのような気分。何やら罪悪感の様なものを抱えているらしき私を気遣ってか、色々『性』についてのお話をしてくださったりもして(どうしてアダム先生には、私が抱える緊張や不安が判ってしまうのだろう?)、そして優しい笑顔でゆっくりと根気良く私の緊張と不安を解きほぐそうとして下さるアダム先生の優しさがとても心地よくて、タクシーに乗る頃には随分とリラックスしていました。
ですが、いざホテルに入ると再び緊張。。。(しょうがないなぁ、私…)(どうしよう。生まれて初めて恋人でも夫婦でもない初対面の方と…。私途中で逃げ出さずにちゃんと出来るかしら?)
再び不安と緊張に襲われている私に、にこにこと微笑みやさしく話しかけてくださる先生。そのまま、ごく自然な流れでバスルームへリードしてくれました。かなり照れくさかったけど、湯船の中で先生に抱きしめてもらい、くすくすお話しながらそっとアダムタッチ…。くすぐったいような、でもとても気持ちよくて心地よい時間。
湯船で向かい合わせになったら、優しく微笑みながらお話しくださるアダム先生の顔が間近にあって、私、恥かしくて目を合わせられなくて思わず先生に抱きついてしまいました。先生は私を抱きしめてから背中に優しくアダムタッチ。ゾクゾクする感じが気持ちいい。
バスルームでかなり緊張がほぐれたものの、改めてベッドに移動するとまたちょっと緊張。ベッドにうつぶせになりベビーパウダーをかけてもらい、いよいよ本格的にアダムタッチ。最初は触感さえ感じ取るのが難しいくらい緊張してて何だか解らなくて…。でも、「赤ちゃんみたいだよ」なんてくすくす話しながら、先生は背中を丁寧にやさしく愛撫し続けてくれる。すこしずつリラックスしてくると何だかくすぐったい感じからどんどんゾクゾクするような感じになってきて気持ちいい。
ウエストの辺りを指が通ると思わず声が出そうになる。脚も気持ちよくて、くるぶしや膝の裏が気持ちいいなんて初めて。お尻に至ってはあんなに気持ちいいとは思いませんでした。特に「おいしそうなお尻ですね」なんて褒めていただいた後は、物凄く感じちゃって。。。それと愛撫の合間に時々お尻を優しく噛むの。超刺激的!! アナルを舐められた時はもう気持ちよくって(いや~ん!ずっとしてて欲しい~!!)って心の中で思っちゃいました。
オフィスで受けたカウンセリングの中で、「クリトリス以外はあまり感じません」「胸は?」「あまり感じないです」なんて言っていたのですが、すっかり体に火がついてしまってたせいか、乳首を愛撫されると身をよじって声を上げていました。「胸はあんまり感じないンじゃなかった?」なんて、先生にちょっと意地悪なことを言われるとますます感じちゃう。キスされながら体中タッチされるのもとても気持ちが良くて、幸せな感じ。
よくよく考えて見れば私、あまりキスはしてもらってなかったなぁ。キスがあんなに気持ちいいだなんて。キスが大好きになりました。もっともっとキスしたくなっちゃいました。
それと耳。自分でするときに、耳も刺激してみたりしましたが、殆ど良くなくって…。でも先生にキスされて、体中優しくアダムタッチで愛撫されて、タッチされながら耳にキスされたり舌を這わされると、もぅ声を抑えることが出来ないくらい気持ちいい! いつも感じない耳があんなに感じるなんて、ビックリしました。
私の体の中で一番感じるクリトリスを愛撫されてる間はもう大騒ぎで、いっぱい声上げていっぱい感じちゃいました(先生に爪立てなかったか、後からチョット心配になりました)。あんなに丁寧にクリトリスを愛して貰ったのは初めて。やさしい刺激、でもどかしいような、でもいつもより凄く感じちゃって。シャープにすぐ終わる快感ではなくて、ずーーっと気持ち良いの。じっとしていられなくて、勝手に腰が動いて『もっと』って押し付けちゃうような感じ。凄く気持ちよかった。
私は最初に話したように、膣の中は感じない。指を挿入されてもペニスを挿入されても下手すると殆ど感覚がない。なかったのですが…。先生にゆっくり優しく指を挿入されて、ここがGスポット…と説明しながら順番に刺激すると、今までは中に何か入ってる感覚すら無かったのに『何か気持ち良いかもっ?!』って感じがありました。
正直、今までは挿入感すらないほど未開発だった部分なので的確「これが快感だ!」みたいなものを的確に感じたわけではないのですが、確かに『いや~ん! でももっとして欲しい!』な感覚を感じました。摩擦していたわけではないのに、何だか物凄く感じるの(正確には「物凄く気持ちいいような感じがする」といった感覚ですが)。指で圧迫したり離したりが物凄くいい! 今までほぼ無感覚だった中が、『何か良いかも!もっとして欲しい!』って感じに見舞われたのには感動しました。ホントにずっとしていてもらいたかった。
いよいよアダム先生のを受け入れる時が来ました。今考えると、この時点で既にかなり時間が経っていたと思います。でも時間の感覚がすっかり無くなっちゃってて、全然気がつかなかった。先生は「まだまだこれからですよ」なんて言いながらゆっくりゆっくり入ってきます。正直に告白すると、今まで男性を体に受け入れる時は、殆ど中に感覚が無いので相手が射精する為のサービスタイムのようなスタンスでした。なので失礼な話ですが「早くいってくれないかなぁ」という感じだったのです。
アダム先生は入れてすぐにガンガン動く事は無く、ゆっくり馴染むのを待つかの様に時間をかけた後、愛撫するように優しく動きます。初めは相変わらず私の中は無感覚でしたが、アダム先生がペニスで私の中を圧迫するような動き(どうやってたンだろ?)や、『いや~ん!気持ち良いかもっ!?』な感じがする所(どこだったンだろ?)を突くような動きをされると、何かどんどん「やめないでっ! もっと!!」な感じが高まります。まだ未開発なのかシャープに上りつめる感じはないのですが、また、まだ何処が良いのか自分でまだ良く解らないので、積極的にそこが当たるようには動いたりは出来ないのですが、でもペニスの挿入で感じたのは生まれて初めて! とても嬉しくて楽しくて幸せな気分。
座位で抱きついて、キスしたりちょっとお喋りしたりしながら、先生に手でリードしてもらい腰を使うと、先生のが私の中で暴れるような感覚があり、私の中のあちこちの「気持ちいいかもっ?!」を刺激します。ずっとそうしていたいような、欲求を抑えるのが大変なくらい。
次の体位に移るとき、『いや~ん! やめちゃ嫌なのぉ! もっと~』な感情と『次はどんな事になるンだろう!』との期待感が頭の中でグルグルして切ないようなでもウキウキするようなとても楽しい感じ。本にあったように、先生は色んな体位をルービックキューブみたいにくるくる変えて、色んなところを刺激してくれるの。
挿入があんなに心地よかったのは初めてです。
それにあんなに長い間繋がっていたのも初めてです。
それとあんなに長い間してたのに疲れなかったのも初めて。
後でひりひりしなかったのも初めて。
何もかも初めての経験でした。
 付き合った人の中には、「開発してやる」なんて意気込んで、指を激しくピストンして中をかき回す人もいました。そんな時は決まって、終わった後に尿道炎のような残尿感が暫らく続いたり、次の日もヒリヒリ痛かったり。とても辛い思いをしました。
先生に気持ちよくしてもらった後は全然痛みなどなく、帰り道で「すごーい。。。」なんて改めて感動してしまいました。
やはり正しい知識は大切です。世の中の皆さんにも是非知っていただきたいです。本当に全然疲れないの。あれだけ長い間してたのに(お逢いしたのはお昼前だったのに、お別れする頃はすっかり夕方でした)。彼氏との行為は、ちょっと彼氏が気合を入れて長めに関係すると、物凄く疲れて次の日にも物凄く疲労感が残って。。。それが全然無かったの。むしろ元気を頂いた感じさえあって、した直後も、その次の日も、『あぁ。もっとしてみたいなぁ』と考えてしまうくらい。
そんな感じで全然疲れないセックスだったので、終わった後先生に腕枕をしてもらって余韻に浸りながらのお喋りもとても楽しくて、物凄く幸せで心地よい気分。本当に時間なんて忘れちゃってました。時間の感覚が無くなるとは、あのような事をいうのですね。
それじゃーそろそろ出ようかって時も、『え~。もっと・・・』と、名残惜しく後ろ髪をひかれる思いでホテルを出たのですが、何と外はすっかり夕方。お逢いしたときはお昼前だったのに(本当に失礼しました。時間の事すっかり忘れちゃってました。ゴメンナサイ!!)
先生は私を駅までお見送りしてくれました。駅までの間も色々楽しいお話をしていただいて。私、駅で物凄く名残惜しくて名残惜しくて・・・。
先生、改札口での別れ際に 腕を広げてくれたので、私 思わず人目も構わずハグしてもらい、キスまでしちゃいました♪(人前でなんて、これも初めての経験!!)。改札を通り抜けて少し歩いてから振り返ってみると、先生まだ改札口に居てくれて、手を振ってくれる。私嬉しくて胸が熱くなって、涙が出ちゃいました。
私、何となく解っちゃいました。先生のセックスは、『相手への思いやり』が基になっているのですね。なので、気持ちよくなれないわけが無い。幸せな気分にならない訳が無い。でなければ、私があんな身も心も温かく幸せな気分に浸る経験が出来るわけが無い。
やっぱりセックスは身も心もとろけるような幸福感を得る事のできる素晴らしい行為だと改めて再認識しました。ただし、間違った知識ではダメです。正しい知識をもってするセックスは奥が深くて尊い行為。人を幸せにすると思います。私 帰ってから、既に持ってる本を、もう数冊購入しました。最近悩んでた友人にプレゼントするの。「先生のような人が世の中にいっぱい増えればいいなぁ・・・」本当にそう思いました。
勇気を振り絞って、1歩踏み出してみて良かったです。先生に肉体的にも精神的にもケアしていただき、これからの人生をかなり変えられそうな気がします。
もう少し肩の力を抜いて生きてみようかなと思います。