アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★モデル面接の感想/筒井香織編2
日付: 2019年04月23日

昨日からの続きです。

☆☆

まずはベッドにうつ伏せに
横たわった状態からスタートします。

「これから実技が始まるんだ」
という期待と緊張で
私の心臓はドキドキと高鳴ります!

実技が始まる前、
先生が「これからベッドの上では
恋人として接してくださいね。」

「実技が終わったら元に
戻っていいからね」

「施術する人と受ける人との関係では
効果がでないからだよ」

「意識が男女の陰陽の関係にならないと
性感脳が開かないんだよね」

とおっしゃいました。

「恋人とスローセックスが
できるなんて夢のよう!」

「なんたる幸運!!」

「もちろんOKです!」

「望むところです!」

言葉には出さず、
私は首を思い切り
縦にふりました。

上半身は裸ですが、
下半身には先生が
バスタオルを
かけてくださいました。

こういうさりげないところにも
胸がキュンとします。

「あぁ~愛されてるんだな」
と感じます。

そして先生と片手をつなぎながら
遂に待ち望んだスローセックスの序章!

背中へのパームタッチが
始まりました。

さっきまでの緊張が嘘のよう…。

目をつむれば
眠ってしまいそうなほどの
心地良さです。

マッサージが趣味という
彼がいましたが、
やっぱり男の人の手は
大きくて暖かくて安心するなぁ~と
夢心地です。

そしてその後は背中全体の
アダムタッチに
変わっていきました。

あまり背中の愛撫を
してくれる男性が
いなかったので
不満を感じていました。

アダムタッチが始まると
パームタッチの安らぎの快感から
セックスの前戯としての
性的な快感に
感覚が変わっていきました。

特に敏感な腰に
アダムタッチされると
自分の意志とは関係なく
身体がビクビクと
反応してしまいます。

声をおされられなくて
背中をのけぞらせて
震えていました。

本やDVDで読んだり
見たりしていましたが、
アダムタッチがこんなに
気持ちいいものだなんて
知らなかったです。

もっと愛撫して欲しくて
貪欲に快楽を貪ろうとしている
自分にもびっくりしました。

最初は
「ちょっとはしたないかな~?」
と思いました。

しかし「本能のままに
いっちゃえいっちゃえ~!」
な気分に変わっていった
自分の感情にも驚きました。

自分の知らない
本当の自分の姿を見た気分です。

もっと快楽を求める自分を
認めてあげようと
思えるようになると
その気持ちに比例するように
声の大きさも
どんどん大きくなり、
身体もどんどん大胆に
反応していきました。

先生と手を繋いでいたのも
良かったです。

なんだか快楽に身体をくねらせる
自分を許してくれているような
認めてくれるような
安堵感がありました。

背中へのアダムタッチの後は
仰向けになりました。

☆☆

明日に続く・・・

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る