★女性の愛撫は微弱がいい


男性は強い刺激ほど
気持ちいいと思い込んでいます。

乳房を鷲掴みして揉みしだき、
クリトリスを指で強く擦りつけ、
膣を指で激しくかき回す。

あなたはこんな経験が
あるのではないでしょうか。

女性にとっては悲劇ですが、
男性に悪気はありません。

男性はあなたを
感じさせたいと思って
していることなのです。

しかしAVが男性のセックスの
テクニックの教材なので、
激しくすれば女性は感じると
勘違いしてしまっているのです。

ところで感じるのは
性感帯そのものではなく、
脳が感じているのです。

つまり性感帯で受けた
刺激を脳が受信し
それを快感として感じるのです。

そのことからいうと、
感度がいい女性とは性感脳が
高感度な女性なのです。

では性感脳の感度を高めるには
どうすればいいでしょうか。

実は強い刺激とはまったくの逆で、
弱い刺激それも限りなく微弱な刺激を
受けることが重要なのです。

その刺激こそが快感を感じる
感性を高めるのです。

もしあなたが自分を感度の悪い
カラダだと感じているとしたら、
それは性感脳の感度が
鈍くなっているということです。

このことは味覚に置き換えると
わかりやすいと思います。

濃い味付けの料理に
慣れてしまうと、
舌が鈍感になって、
素材そのものの味が
わからなくなりますよね。

強すぎる愛撫は
それと同じことです。

最適に味付けされた料理に香辛料を
過剰にかけるようなものです。

そのことを踏まえてみてみると
愛撫はソフトが基本です。

性感脳を強い刺激から
微細な刺激にチューニングするには
どうすればいいでしょうか。

実はそれが私が提唱している
アダムタッチなのです。

アダムタッチは手の指先で
触れるか触れないかの
ギリギリのところで
肌に触れる愛撫の方法です。

このタッチを受けると、
愛撫をされている箇所に
感覚が集中され、
脳は研ぎ澄まされます。

愛する彼からその愛撫を受けると
性的なモードがオンになって、
脳のセンサーが起動するのです。

するとそのタッチが
快感として感じとるのです。

アダム徳永