アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★女性は脳で感じる
日付: 2018年12月22日

セックスにおいて
感じやすい女性や
イキやすい女性がいます。

そのとき男性は、
女性の性感帯そのものが
感じていると錯覚します。

しかし実は性感帯と
いわれる皮膚そのものが、
気持ちよくなる
のではありません。

当たり前のことを言いますが、
感じるのは“脳”なのです。

例えば視覚。

カメラに例えるなら、
目はレンズの役割を
担っていますが、
レンズそのものが
見ているのではありません。

脳が情報を受け取り
ビジュアル化することで
初めてものを
見ることが出来るのです。

感じるという現象も
これと同じです。

皮膚への刺激を
脳が気持ちいいと
認識するから
女性は官能したり
イッたりするのです。

感じるのは皮膚
そのものではなくて
脳なのです。

その観点からいうと
セックスは
脳でするものなのです。

そう言われてみれば
当たり前のことです。

しかし私たちはその事実を
見落としているのです。

だから男性は女性を
感じさせられないし、
イカせられないのです。

20歳以上の女性のカラダは、
感じる機能が
整い成熟しています。

カラダの準備は万端です。

すべての女性は
感じられるように
なっているのです。

皮膚そのものの感覚は
多少の個人差こそあれ、
基本的にはどの女性も同じです。

セックスの愛撫に敏感か、
そうでないかの違いは、
「脳の感度がいい女性」
「脳の感度が鈍い女性」
かの違いなのです。

そのことを考えると
男性がセックスにおいて
重点を置くべきことは
いかに女性の脳を
感じやすい脳に
成熟させていくかなのです。

いわば脳への愛撫が
最重要ポイントなのです。

世の中の95%の女性が
本当の女性としての
悦びを知らずにいます。

その原因が性感脳にたいする
理解がなかったからなのです。

実はその性感脳を
開発するテクニックが
アダムタッチなのです。

これは神さまから
人類へのギフトとして
啓示によってもたらされた
テクニックなのです。

まだ実践されていない方は
これを機会にぜひアダムタッチを
実践してみてください。

まだアダムタッチが
よくわからない方は
DVD教材で学んでみてください。
https://adam-tokunaga.com/ec2/

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る