アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★些細な行き違いがセックスレスに
日付: 2018年12月08日

廊下ですれちがった同僚が、
挨拶を返してくれなかったとします。

あなたは勝手に
無視されたと思い込み
勝手に傷つき
勝手に怒ってしまうのです。

そしてそれがきっかけで、
同僚との関係が
悪化したりします。

しかしそれはたまたま、
相手がコンタクトレンズを
していなかったからかもしれません。

または他のことで
頭がいっぱいだっただけ
かもしれません。

もしあなたが
「さっき声かけたんですよ~」
と話しかけてみたら
どうでしょうか。

「考えごとをしていたの」
「ごめんね」
という返事が返って
くるかもしれません。

それで話しは済みます。

お互いにコミュニケーションが
とれていれば問題は起きません。

ところでコミュニケーションで
気をつけなくてはいけないのが
セックスです。

彼にセックスを求められたとき
仕事の疲れや
カラダの不調で
誘いを断ることがあります。

しかし理由も告げずに
無下に彼の誘いを断ると
彼を傷つけてしまうことになります。

それが何回か繰り返されると
彼は「もう絶対誘わない」と
意固地になってしまうのです。

その後あなたのほうから誘っても
「いいよ無理しなくて」
「そんな気分じゃないんだろ」
と逆に拒否されてしまうのです。

ほんと男って三歳児の子供なのです。
(私もそうです)

実はこのようなきっかけから
セックスレスになっていく
ケースが少なくないのです。

最初は些細なことだったのに、
いつしか傷口が深まり
しまいには口もきかない
関係になってしまうことに。

彼が指一本でも
触れようものなら
「触らないでくれる」
とあなたが叫んで
しまったりします。

そうなってしまうと
もう修復は簡単ではありません。

問題は小さいうちに。

できるだけ早く
解決することが必要です。

そのためにも
このようなことが起きたときは
勇気をもって
話し合うことが大切です。

お互いの行き違いを
放置しないことが
セックスレスを招かない
秘訣なのです。

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る