★女神セッションレポート/安井朋子編その四


昨日からの続き・・・

☆☆

今度は先生が仰向けになり
私がペニスを見下ろす
体勢になりました。

先生はご自分のペニスを、
本当に如意棒のように
自由自在に瞬間に
大きくできたりするようです。

しかもとても若々しく、
大きく立派でびっくりしました。

でも私は主人以外、
フェラは美味しくなくて
苦手でしたので、
恐る恐るでしたが
口にくわえました。

するととても美味しく
フレッシュという感じで、
みずみずしい果物のようでした。

それを告げると
先生は冷静に、
「味ではなくて、
エネルギーを観てください」

「そうだ実験中だった!」
と思い感覚に集中しました。

するとペニスが
脳天に突き抜けていく
感覚になりました。

もう私の頭の中を
ペニスが貫く感じになり、
後頭部から先生のペニスの先端が
出てくる感覚です。

思わず頭の後ろを手でさすって
確認してしまいました。

次にペニスキスの体験。

女性の舌がペニスに
男性の口を女性器に
見立てたキスです。

舌で先生の口い出し入れするたびに、
ウッと快感が走ります。

「これが男性の気持ちなのかな。」
と。

時計を見ると18時。

13時に先生にお会いしてから、
5時間が経っていました。

「今日はエネルギーワーク中心でしたので、
翌日には好転反応で、
体が重くなると思います。
それは覚えていて下さいね。」

帰宅後ベッドに入って
右の手の平を見たら、
手の平に白い、
光の粒の玉が見えました!

「わっこんなの出せるように
なっちゃったかな!」

「松果体が開くって
こういうことなのかな~。」
とルンルンして眠りました。

先生のセッションを
受けさせて頂いた後は、
自分との統合・調和が起こって、
人と比べてしまいがちな
自分でしたが、
大地にしっかり
根を張った気分が致します。

性を聖なるものと捉え、
かつ実体験を伴った
セッションを行って、
人生を変えて下さるのは、
大袈裟ではなく、
日本でアダム先生が
唯一無二のように思います。

この貴重な体験をさせて頂き、
心から深謝申し上げます。

本当に有難うございました。

以上

☆☆

今回の女神セッションの
レポートはちょっと
特殊だったかもしれません。

しかし女性は同じような
能力を備えているのです。

スローセックスは女性の能力を
開花する力を秘めているのです。

スローセックスでチャージされた
膨大な性エネルギーが爆発起こすと
そのエネルギーは脳天を突き抜け
天に上昇するのです。

それが究極のオーガズムです。

そのオーガズムを得たとき
女性は女神として昇華するのです。

このあたりの話しは
「男は女を知らない」
講談社プラスα新書に
詳しく書かれています。

ぜひお読みいただき
セックスの本当の価値を
知ってください。

アダム徳永