アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★男性の性意識に愕然とする
日付: 2018年10月23日

プライベート講習のモデルを
していただいている女性から
メールを頂きました。

以下にご紹介します。

☆☆

アダム先生。

今日私は軽いショックで
打ちひしがれていました。

先日男の友人に
アダムタッチとキス
クリトリスの愛撫の方法を
口頭で教えました。

彼女に施して
感想を教えて欲しいと
お願いしていたのでした。

昨晩彼から電話があり、
今彼女がお礼を言いたいと
言っていると言われ
彼女に電話を代わりました。

溌剌とした嬉しそうな声で、
「すごいです!!!」

「これはみんなが
知るべきです!!!」

「嬉しいです!!!」

「教えてくださって
ありがとうございます!!!」

と心からの喜びと感謝を
伝えてくださったのです。

これは素晴らしいことだなあと
喜んでいました。

けれど翌日である今日、
彼からまた電話を
いただきました。

話を聞いてみると・・・

「彼女はアダムタッチの
段階でたくさん濡れて、
クリトリスでは
30分間なんども
イキ続けた。」

「けれど
あんなに長く奉仕すると、
萎えてしまって
そのあと勃たない。」

「体勢も辛いし、
男にとって何の面白みもない。」

「彼女は喜んでいたけれど、
セックスするたびに
毎回それをお願いされたら
たまらない。」

「それならセックス
しない方がマシ。」

「昨晩も彼女にまた
して欲しいと言われたけれど、
これはプレゼントだから
誕生日や特別の日にだけ
すると伝えたんだ。」

「今回もそうしたけど、
またするとしたら
先にジャンクなセックスをして、
僕がすっきりしてから
お礼のような気持ちでする。」

と言われてしまったのです。

彼女はルンルンで、
今日は社食で彼のうまさを
自慢すると言っていたのに・・・

彼は勃起能力が強くないという
物理的な不安なども
あるのでしょう。

先生が男に教えるのは難しい。
女性が知る方が早い。

とおっしゃっていたことを思い出し、
たった一つのケースですが
体験として理解しました。

全く愛に目覚めていない!!!

「自分さえよければ」

「面倒だから・・・」

先にするそのセックスで
彼女はイクと言っていましたが
演技に違いありません。

女性は純粋に愛を求めています。

疲れさせたり、
面倒だと思われることを
望んでいません。

愛し合うことの本質を
理解できない男性に対して、
そのように誘導してゆくのは
女性の権利。

また責任であると感じました。

どのように女性に伝えていくのか。

広めていくのか。

どうしたら
女性が幸せになれるのか。

多くの女性が
鬱憤をためている中で、
どんな打開策があるのか。

改めて考えさせられます。

☆☆

以上です。

皆さんはどう思われましたか。

感想をお聞かせください。

頂戴しましたご意見を
メルマガでご紹介したいと思います。

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る