アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★女性がイクことは自然なこと
日付: 2018年09月11日

マスターコースを
受講中の男性から
感想のメールが届きました。

今日はこのメールを
ご紹介したいと思います。

☆☆

相模九二夫(仮名)54歳

前略

アダム先生、講習4回目の
感想をお送りします。

まず最初に技術面に関して言えば、
講習でアダムタッチの
調整をしていただいたおかげで、
タッチのスピードや圧が
以前より安定してきたと感じます。

また最初のころは、
なかなか覚えられなかった
タッチの全身の愛撫の流れも、
ようやく最近になって
頭に入ってきたと思います。

スクラッチ愛撫を使うようになり、
愛撫にメリハリが
ついてきたのも進歩だと思います。

それからアダムタッチで
女性を十分に高めたあと、
全身にサウンドキスを行うことが、
とても効果的だと分かってきました。

サウンドキスは物理的な
接触としては弱いはずですが、
女性の「脳」には
強い刺激になるようです。

愛撫と言うとついつい
「触覚」だけを中心に考えがちですが、
「聴覚」もとても大切なのですね。

先生は「女性は体で
感じるのではなく、脳で感じる」と
言っておられましたが、
言葉の意味が私なりに
理解できてきたと思います。

スローセックスを
学び始めた最初のころは、
正直なところ女性を
「イカせたい」という
欲望が強くありました。

しかしテクニックを学ぶうちに、
習ったとおりの丁寧な愛撫をすれば、
(復習で風俗の女性に
協力してもらっています)
ほとんどの女性が
イクことが分かってきました。

女性の「イク」が
特別なことではなく、
自然なことだと
感じられてくると、
女性を「イカせる」
ことに対する執着は
なくなってきました。

「イク」のは単なる
通過点のようなもので、
セックスが終わったあと、
温かくて満たされた
気持ちになって欲しい
というのが今の目標です。

私は以前はクリトリスの愛撫などに、
市販のマッサージオイルを
使用していました。

しかし講習で何度か
「アダムオイル」を使ってみると、
市販のマッサージオイルや
ローションに比べると、
とても滑らかで
またサラッと軽い感じで、
やはりそれ専用に
開発されただけあって、
すばらしいと感じました。

最初のころはとにかく必死で、
オイルの粘り気まで
気がつきませんでした。

今後の課題としては
2点の同時愛撫です。

私にとってまだまだ
難しいところです。

どうしてもどちらか一方に
意識が集中してしまい、
他の一方が
止まってしまいがちです。

次回の講習で
学んでいきたいと思います。

☆☆

相模さんは
スローセックスを学ぶ中で
女性を愛することの
喜びを学ばれています。

とても温厚で腰が低く謙虚で
優しい人柄の男性ですが、
最近では男として自信をもたれ
どこか堂々とした印象を受けます。

今は独り身で
彼女のいない状態ですが、
将来の彼女のために
スローセックスを
学んでおられます。

相模さんはこれから
より豊かで充実した人生を
歩まれるに違いありません。

なぜならそんな波動を
発しているからです。

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る