★天国モードがイクの基準


男性に限らず
女性もまた
イクことにこだわりを
持っています。

男性は射精と同時に
オーガズムを感じ
イクことができます。

しかし女性は男性と違って
セックスで必ず
イケるとは限りません。

その分女性はイクことに
こだわりがあるのかもしれません。

ところであなたの
イク快感のレベルは
どの程度のものでしょうか。

たぶんイケたとしても
マスターベーションに
毛がはえた程度のもの
ではないでしょうか。

それでもジャンクセックスでは
イケる確率は少ないでしょうから、
イケただけでもマシという
捉え方もあるかも知れません。

しかしそんな現状ですから
セックスよりも
マスターベーションのほうが
気持ちいいという意見が
女性の口から
飛び出したりするのです。

セックスの本質は
エネルギーの交流です。

お互いの性エネルギーを循環させ
増幅させることで
快感は増大します。

一人でするマスターベーションとは
まったくレベルも次元も違います。

生み出すエネルギーは、
たき火と溶鉱炉ほどの
差があります。

スローセックスの本質を理解し
正しく実践すれば
マスターベーションの何十倍の
快感を得られるようになります。

そして開花した性感脳に
極上の愛撫が行われると、
絶頂期の快感が
大きくなるだけではなく、
オーガズムの時間が
長く続くようになります。

一瞬の快感ではなく
長い時間に渡って
官能し続けることが
できるようになるのです。

私はこの現象を
天国モードと呼んでいます。

あなたが今までに
経験したどんなイクよりも、
遥かに高水準の
快感が続くのです。

経験のないあなたにとって
信じられないことかも
知れませんが、
これが事実です。

男性の一瞬で終わってしまう
オーガズムを考えると、
天国モードは女性だけに
与えられた特権なのです。

ですから一度でも
天国モードを味わうと、
セックスがなくても平気とか、
マスターベーションのほうが気持ちいい
なんてことは絶対に言えません。

もしあなたのこころの片隅で
「女に生まれてきて損をした」
という気持ちがあるなら、
今までのセックスを
見直してみてください。

せっかく女として生まれてきて、
天国モードを知らずにいることは
何よりの損失です。

アダム徳永