アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★受講生の体験報告/吉田健太編
日付: 2018年08月18日

プライベート講習を受講された
男性からメールが届きました。

今日はそのメールをご紹介します。

☆☆

吉田健太(仮名)45歳

ちょうど前回講習を
受講させていただいてから
1年が経ちます。

恥ずかしいことに
いまだに彼女は
できておりません。

しかしながら先生に
教えていただいた技術は
しっかりと役に立っております。

というのはショットバーで
出会った女性と
セックスすることになりました。

スローセックスが
とても気持ち良かったようで、
「すぐまた会いたいから
連絡先を教えて」
とお願いされました。

おかげさまで、
今では会うたびに4時間ほど
スローセックスを
楽しんでいます。

その女性は今まで丁寧に
ゆっくり時間をかけて
愛撫してもらったことが
なかったそうで
スローセックスを
とても喜んでくれます。

また非常に相性のいい相手で、
回数を重ねるたび、
彼女の感度が高まっていきます。

会うたびに彼女は、
少ない時でも15回はイキます。

彼女はこのスローセックスで
感じまくって理性が
飛んでいるといった感じです。

彼女は最後には足がふらついて
一人で立つことができないほどです。

また以前先生に講習で
見せていただいたような
「触れずに気で感じさせる」
こともできるようになりました。

もちろん先生の域には
到底及びません。

やはりセックスは
気の交流がポイントであり、
それと同時に
信頼によって感度が
大きく異なるのだなと
思うようになりました。

お互い割り切った
関係と分かっていても、
ここまで感じ合えるというのは、
スローセックスならではの
ことではないでしょうか。

ピロートークで、
「どうしてそんなに
女子が感じるところとかがわかるの」
と聞かれたので、
私は先生のことを正直に話しました。

「アダム徳永って知ってる?」と。

すると彼女は
「誰それ?変な名前~!」
といって大笑いしてしまいました。
(先生すみません、
あくまで事実として
お伝えしているだけですので
ご容赦ください)。

先生の無料電子書籍を
読んでもらったところ
彼女は
「こんなに女子のことを
理解してくれてる男の人がいるの」

「すごい!みんなにこれ
読ませたほうがいいよね!」
と大興奮していました。

きっと彼女も
AV紛いの乱暴な愛撫で
痛い思いや辛い経験を
してきたんだろうなと
痛感した次第です。

彼女はまだ21歳で
私的には恋愛対象ではないので
この関係がいつまで続くかは
わかりません。

しかし素晴らし経験ができたことを
とても感謝しています。

こんどこそ結婚できる
彼女を探します。

彼女ができたときは
すぐに報告します。

☆☆

スローセックスは
男女が愛しあうメソッドです。

神さまからのギフトです。

ぜひ皆さんも
スローセックスを
学んでみてください。

性のマスターである
私から学ぶ機会は
今しかありません。

講習で受け取る価値は
1億円では済みません。

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る