アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★講習モデルの感想/永子編
日付: 2018年08月17日

私はプライベート講習を
行っています。

しかし多くの皆さんは
講習がどのようなものなのか
わからないことも
あるかと思います。

そこで今日は
講習モデルの感想を
ご紹介したいと思います。

☆☆

永子(仮名)編

初めての講習モデルでした。

どんな方が来るのかを
想像するのが楽しかったです。

受講生は女性経験が
殆どない男性でした。

私も初めてなので
要領がわからず、
蝋人形になった気分で
横たわりました。

アダムタッチでは、
パウダーをふりかけるだけで
緊張なさっている様子が
伝わりました。

しかし男性に、
こんなに慎重に
扱っていただいたことが、
これまでにあったでしょうか。

まるで和紙でできた女体に
触れるかのように、
そっと恐る恐る触れられ、
普段のお人柄が
伝わるようでした。

こんなに素敵な方なのに、
奥手でこれまで
女性経験がないなんて、
「もったいない!!!」
そう思いました。

アダム先生が、
「これからは地域で
一番上手な男になりますよ」
とおっしゃる言葉に
彼のはにかむ様子を見て
幸せな気分になりました。

先生が
「普段通りの
キスをしてみてください」
と先生に言われると、
私の唇をパクパクされました。

「奥手なのにガッつく本能はある!」

「男ってなんだろう?」

と思った瞬間でした。

AキスとBキスを覚えた後に
受講生が手こずったのは、
サウンドキスです。

「チュ!」という音が出せず
なんども練習するのですが
おかしな感じ。

それがまた微笑ましくて、
顔がほころぶのを
必死で堪えていました。

キスをした1秒後にエアでチュ。

思い出しても
微笑みが沸き起こります。

クリトリスの愛撫では、
産婦人科の研修さながらの光景です。

「ここをこうして剥いて・・・」

「ふむふむ」

と言ったやりとりを見て、
教える・学ぶ・知る
ということが
男女の営みにとって
どれだけ大切だろうと
感慨深く思いました。

オイルを塗って、
指で刺激をするという
パートでは、
「辛抱強く20分は
かかるつもりで
続けてください」
と言われ、
私も感じなかったら
どうしようという焦りが
一瞬頭をよぎりました。

しかし無事にオーガズムを迎え、
一安心でした。

私がイッた後
なんども頭を下げて、
「ありがとうございます」
と言われ、
涙が出そうでした。

なんて謙虚で優しい方だろうと
思いました。

スローセックスの醍醐味は
こんなところにもあるのですね。

最後にアダム先生から、
エネルギーを通すという
デモンストレーションがありました。

これには私自身も驚きでした。

当然挿入していないのに
アダム先生が呼吸をするたび
エネルギーが下から上に突き上げ
脳天から突き抜けて行き
絶頂を迎えてしまいました。

私の感度がさらに
開かれているようでした。

「凄いですね」

とおっしゃる生徒さんも挑戦。

エネルギーは微弱ながら、
開かれた回路に
しっかり流れていました。

ここで私の気づきですが、
一度開かれた女体は、
エネルギーの弱い男性の
それも吸い上げる力を
持つのではないかということです。

優しい生徒さんに、
何度もお礼をしていただき
部屋を後にしました。

素晴らしい経験を
させていただきました。

ありがとうございます。

私の性体験においてはその後、
めざましく進化と
進歩をしています。

一つは素敵な恋人ができたこと。

仮眠しながら
何日もくっついて
ぐちゃぐちゃになれる
パートナーです。

これは私にとって
人生初の出来事。

自分がこんなに
性的にタフだと
知らなかったのです。

ほとんどは
エネルギーによる絶頂です。

月に一度しか会えませんが
性体験を重ねることで、
私はどんどん優しい女になります。

また私のこれまでの
ヒステリーや鬱憤は
パートナーが
私の性エネルギーを
発散させて
いなかったからなのだと
心底気づききました。

鬱憤をためた理由が
私にもあったのです。

講習モデルたのしいです!!!

ありがとうございます。

☆☆

プライベート講習は
この世で一番楽しい
お勉強です。

ぜひ皆さんも
プライベート講習を
受講してみてください。

人生最高の学びです。

そして
人生最高の自己投資です。

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る