★交接はペニスによる膣への愛撫


スローセックス最大の醍醐味は、
なんといっても
長時間の交接にあります。

そこでスローセックスを
実践される皆さんには
まずは30分を目標に
してもらいたいと思います。

ところでスローセックスは
お互いが快感を
共有しあうことによって
二人の性エネルギーは増幅します。

やがて性エネルギーは臨界点に達して
爆発現象と呼ぶに相応しい、
強烈なオーガズムを迎えるのです。

手をつないだりキスをするだけでも
性エネルギーの交流はあります。

しかしペニスの膣への挿入は、
電気のプラグをコンセントに
つないだようなものです。

もっとダイレクトにそして強力に
性エネルギーが交流します。

お互いが時間を忘れて
交接することで
性エネルギーは増大し
爆発現象のようなオーガズムが
二人の間にもたらされるのです。

ところで日本人男性の
平均交接時間は
約5分といわれています。

これでは爆発的なオーガズムを
得ることはできません。

男性の交接時間が
短い原因の一つに
交接の目的が
射精にあることにあります。

男性は挿入するなり、
さも当然のように
腰をガンガン動かします。

早漏を克服した私でも、
激しくピストン運動をしたら、
5分か10分が精いっぱいです。

スローセックスは、
交接に対する
価値観が違うのです。

今までのセックスは、
激しいピストンに
重点を置いいました。

そこで男性の皆さんには
ぜひ交接にたいする意識を
180度変えて
いただきたいと思います。

交接はペニスによる膣への
愛撫であると考えるのです。

セックスは男女の究極のダンス。

ペニスで女性の膣を
ゆったりと愛撫するのです。

そうするといままでの
腰の動かし方が変わります。

単調で激しかった動きから
ゆったりとまったりとした
リズミカルなより
繊細なピストンに変わります。

いままで膣に痛みを
感じていた女性も
これなら男性のペニスを受け入れ
たゆたうような
快感に酔いしれることが
できるようになるのです。

アダム徳永