アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

私はよく「どうしてアダムさんは、
そんなに女心がわかるんですか」と
感心されることがあります。

しかし実は私も女心はわかりません。

謙遜ではなく本当にそうなのです。

男性にとって女性は
感性も思考経路も
価値観もまったく違います。

そのような存在を簡単に
理解できるものではありません。

私たち男性は日常の会話の中でよく
「本当に女って…」
ということを口にします。

しかし私はそうした決めつけを
しないように気を付けています。

女性に対する決めつけは、
男の傲慢です。
女性を見下している証拠です。

男女に限らず、
自分と他人は同じことよりも
違うことの方が圧倒的に多いのです。

違いがあるから
この世は豊かなのです。

私が女ごころが分かるとすれば
女性はまったく違い生き物であることを
理解していることです。

そしてそのような女性に対して
尊敬していることです。

些細な意識の違い
かもしれませんが、
この違いが実は
大きいのかもしれません。

たとえば喫茶店やレストランで、
女性の店員さんと接するときも、
気持ちは同じです。

立場は違えども
女性として
内心は尊敬しています。

よく女性の店員さんに
横柄なオジサンがいます。

そのような男性は、
女性から嫌われる
タイプの典型です。

きれいな女性や
タイプの女性には
好意を示すことは
誰にでもできます。

しかし普段から女性を
尊敬の対象として
みていない男性が、
自分の好きな女性の前だけ
好意を示しても
すぐに化けの皮は剥がれます。

「この人は女性を見下す
男性なんだな」と。

男性にとって女性は、
本当に素晴らしい存在です。

かけがえのない存在です。

もっともっと女性を尊敬しましょう。

今の100倍尊敬しましょう。

そのくらいの心構えで
日々女性と接してみてください。

きっとあなたは男性として
女性から魅力的に
映るに違いありません。

アダム徳永