アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★女性をイカせようとする男の誤解
日付: 2018年06月26日

男性はAVで女性が
イキまくってる姿を
目の当たりにします。

実はAVにおける「イク~!」の
ほとんどはプロの演技です。

しかしそのAVの影響もあって
単純な男という生き物は、
「女はイクのが当たり前だ」と
思ってしまうのです。

そして男性はイカない女性に出会うと、
「不感症なんじゃないか?」と、
イカない原因を
女性に押し付けてしまいます。

これは男性の無知以外の
何物でもありません。

この男の無知でどれだけの女性が
傷ついてきたことでしょう。

しかしこの事実を放置したままでは
問題の解決になりません。

女性の皆さんに
認識してほしいことがあります。

それは男性の本能として
男は女性をイカせたい
生き物であるということです。

この男性の本能的な意識は、
セックスをするうえで
とても重要なのです。

その欲求がなければ
女性を愛撫する
動機がなくなります。

問題はイカせたい気持ちに
テクニックが追いつかず、
男性の気持ちだけが
空回りしていることにあります。

そこで女性の皆さんにお願いです。

男性のイカせたいという気持ちを、
「感じさせたい」
「気持ちよくなって欲しい」
という方向に
導いてあげてほしいのです。

男性のイカせたいという
気持ちを尊重しながら
「感じさせたい」に導けば、
男性のテクニックは
驚くほど女性のカラダに
マッチしてきます。

女性が感じている姿を
目の当たりにすれば
男性の「もっと感じさせたい」
という欲求は高まっていくのです。

男性は女性を官能させることに
夢中になってくれます。

しかしどうやって
男性をそのように
誘導できるのでしょうか。

答えは簡単です。

それは彼にスローセックスを
学んでもらうことです。

それが確実で
一番簡単な方法です。

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る