アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

今では死語に
なってしまいましたが、
キスのことをAという
時代がありました。

Aはキス・Bはペッティング・
Cはセックス。

昔は男女が結ばれるまでに
ひとつひとつ
段階を踏んだものです。

しかし現代はキスから
そのままセックスに
突入してしまうカップルは
少なくありません。

せっかくワクワク感を
楽しむ大切な恋愛なのに
セックスにすぐ到達するのでは
映画の前半を飛ばして
ラストシーンだけを
見るようなものです。

これではなんだか
もったいない気がします。

ところで女性はセックスに
美しさを求めます。

そこで重要に
なってくるのがキス。

初めて彼女と
するキスするときに
いきなりディープキスでは
美しさも潤いも
あったものではありません。

西洋映画の見過ぎです。

どうもキスは舌を絡めるものだと
思い込んでいる節があります。

本来女性は男性よりも
キスが好きな生きものです。

けれどいきなりディープキスだと
女性は引いてしまします。

突然ブッチュー。

そしてベロベロレロレロが
降りかかったら
どうなるでしょう。

期待は裏切られ、
理想と現実のギャップに
頭とカラダが
硬直してしまいます。

それが原因で
キスが嫌いになったり、
苦手意識を持ったりする
女性が少なくないのです。

愛する女性をキス嫌いに
させないために
意識を改めてください。

女性が思い描いている
あなたとの初めてのキスは、
映画のワンシーンのような、
ソフトで優しく甘く
美しく綺麗で繊細なキスです。

キスは男女の粘膜が
初めて触れ合う
神聖な行為です。

キスをお互いの愛情を表現する
芸術的なレベルまでに
高めてください。

そして愛のスタートラインに
ふさわしい思い出を
つくってあげてください。

ちなみに思い出つくりの
ロケーションは、
野外が一番です。

夕暮れの公園、
遊園地の観覧車、
洒落たホテルの庭園、
海辺の砂浜、
山頂のドライブイン。

具体的なキスのテクニックは
また別の機会に…

アダム徳永