アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★セックスの相性を気にするあなたへ
日付: 2018年05月26日

女性の性感は感情によって
大きく左右されます。

その中でも愛はセックスに
大きく影響します。

好きな男性に触られたら
気持ちよくても、
嫌いな人に触られたら
感じないどころか
逆に嫌悪を感じたりします。

愛はとても大切です。

けれども
「愛さえあれば気持ちいい
セックスができる」
という思い込みは、
気持ちいい
セックスをするための
落とし穴になって
しまうことがあります。

セックスでは愛を
過信してはいけません。

ところで女性はカラダの相性の
良し悪しをよく口にします。

しかし私にはとても一口に
カラダの相性が良いとか悪いとか
決められるようなものでは
ないと思うのです。

その証拠に相性がいいと
嬉しそうに話していたカップルが
1ヵ月後には別れていたなんて話は
良くあることです。

なぜそんな錯覚が
起きるのかと言えば、
セックスを2人で
育てていないからです。

付き合い始めたばかりの
ラブラブの頃は
感情の高ぶりだけで
女性は興奮しやすく
なっています。

ジャンクセックスでも
気持ちいいと
感じてしまうのです。

しかし決して性感ルートが
開いたことによる
快感ではないので、
気持ちの高揚が
落ち着いてくれば、
快感はゼロ地点に
逆戻りします。

女性と男性では、
性欲も性感帯も
セックスに
対する考え方も
まったく違います。

お互いの違う部分を知り、
それを認め合うという作業を
しなければなりません。

「どこが気持ちいいの?」

「何をして欲しいの?」

と言葉に出して
相手に聞いて、
それを実際に試して
相手の反応を確かめながら
修正していくのです。

そんな試行錯誤の
繰り返しの中から、
相手を知っていくのです。

その作業を繰り返しながら
セックスを育てていくことによって
ほんとうに気持ちいいセックスを
することができるのです。

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る