★短時間のジャンクセックス


私は皆さんのセックスが
短時間であることを
常々お伝えしています。

そのせいで
官能できない女性が
どれほど多いことでしょうか。

前戯に15分。
交接5分。

計20分のセックスでは、
性メカニズムの面から考えて
女性を満足させることはできません。

恋愛映画は2時間でも平気で
観ることができるのに、
二人の究極の
愛の表現であるセックスが
たったの20分だなんて、
あまりにも悲しいと思いませんか。

その原因が男性たちに
あることは事実です。

しかし女性もまた、
違う意味で
この20分足らずのセックスを
良しとしている現状があります。

私が知り合った女性に
「私はセックスを
2時間以上することがあるよ。」
と話をすると、
「長過ぎですよー」
とよく言われます。

そして必ず
「そんなに何をするんですか?」とか
「疲れないんですか?」といった
質問を受けるのです。

「いろんな愛撫をしたり、
たくさんの体位を愉しんでいるんだよ」
と答えても、
みなさん口をそろえて
「そんなのキツイ」
「フエラばっかりでアゴが疲れそう」
「アソコが痛くなりそう」と
あきれ顔ではやしたてます。

この女性たちは私が
「2時間セックスをする」と聞いて、
今の20分のセックスを
2時間に延ばすものだと
カン違いしているのです。

スローセックスは、
ジヤンクセックスをだらだらと
延ばしたものではありません。

「愛撫に時間をかけましょう」
といっても、
今までのジヤンクなテクニックを、
時間だけ延ばして
行なうのではないのです。

それでは女性たちが言うように、
ただ疲れて痛い時間が
延びるだけで、
不満が増すだけの
セックスになります。

ところがスローセックスによる
さまざまな愛撫で
女性を面白いように
感じさせていると、
2時間なんて
あっという間なのです。

これは男女ともに、
経験してみてはじめて
実感できることなのです。

アダム徳永