アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★セックスレスに悩む女性からの手紙
日付: 2018年04月08日

金沢からカップル講習を
受講された奥様から
後日メールが届きました。

奥様の受講の動機が
したためられています。

女性の気持ちを知るうえで
とても参考になります。

奥様の了解を得て
皆さまと共有したいと思います。

☆☆☆

結婚生活20年になります。
しかし15年セックスレスです。

30歳過ぎてからの結婚で
子供はいません。

セックスレスのきっかけは
性交痛でした。

あまりにも奥にあたる感覚が痛くて
病院にも行きましたが…

特に異常なし…。

乳首も直ぐ痛くなってしまうので
主人も怖かったのかもしれません。

それでも主人が大好きです。

優しくて楽しい人です。

今でもその気持は変わりません。

しかし度々折れる事があります。

以前に何度かセックスをしないのなら
せめて名前で呼んで欲しい…
褒めて欲しい…
スキンシップして欲しい…
とお願いしてみたのですが
こういった話になると
いつも逃げるのです。

私から先に褒める様にも
してみましたが
調子に乗るばかりで
やめました。

昨年50歳を迎えた私は
これからの人生を考える様になり
「このままでは嫌だ ! ! 」
と思いました。

今年に入って
「セックスしないのなら
別れて欲しい」
と伝えました。

多分、私が求めるセックスは
優しい言葉がけだったり
髪を撫でてくれたり

いつも私がひとりで怒って
彼は黙ってしまうので
キチンとした
話し合いになりません。

口を開いたと思ったら
その場しのぎの言葉。

1ヶ月ほどまえ
行き場のない思いで
暫く家を出ようとしました。

すると主人は察知したのか
「心から愛しているから
出て行かないで欲しい」
と 手紙が置いてありました。

この人は面と向かって表現出来ない
本当に不器用な人なんだ
と思いました。

とても気の毒にも思えました。

そこで 以前から気になっていた
アダム徳永先生へのプライベート講習の
依頼を考えた次第です。

☆☆

夫婦の数だけ悩みがあります。

しかし人生は悩むために
あるのではありません。

幸せを実感するためにあるのです。

もしあなたが悩みや苦痛のなかで
夫婦生活を過ぎしておられるなら、
解決の道は必ずあります。

諦めて惰性で生きるのではなく
ぜひ前向きに生きてください。

幸せを貪欲に求めてください。

ちなみに受講されたご主人は
ほんとうに人の良い
優しい男性だったのです。

理系タイプで
愛情を表現することが
不得手だけだったのです。

指導をしたら
それはとてもセンスがあり
その場で奥様を
官能の世界に誘うことが
できたのです。

そのときのお二人の
喜びはいかばかりだった
ことでしょうか。

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る