アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

私たちは美しいものに触れると
幸せな気持ちになります。

それは美しいもの中に、
必ず「愛」が宿っているからです。

言い換えれば、
愛が「美」という形で
表現されているのです。

愛に触れたとき
人は幸せな気持ちに
なるのです。

これは普遍的原則です。

たとえば美しい自然。

そこには神の愛があります。

その愛に人は
癒されるのです。

きれいに盛りつけられた
美味しい料理。

そこには料理人の愛が
込められているのです。

その愛に触れたとき
感動を覚えるのです。

だから幸せを感じるには
愛と美に目を向けることが
大切なのです。

つまり愛と美を意識して、
関心をもつことです。

もともと日本人は、
豊かな感性を持っています。

日本人は昔から
俳句や和歌をたしなむ感性を
持っているからです。

日本の精神文化が開花した
江戸時代の人々は
公家に限らず武士や町人までも
俳句を楽しみました。

彼らは木の葉が一枚
ひらひらと舞い落ちるだけで、
一句詠んでしまうのです。

このとき俳人である彼らは
過去を振り返って
思い悩んだり、
未来を案じたりしません。

その一瞬の美に
意識を向けるのです。

そして目の前にある美しさから、
愛と幸せを感じるのです。

物質的な豊かさに
意識を奪われてしまう現代社会。

日常の様々な雑事に振り回さて
忙しく日々を過ごしてしまう私たち。

いまあなたの素晴らし感性は
眠っています。

ちょっと立ち止まって
自然の美しさに
意識を向けてみませんか。

そして俳人としての豊かな感性を
呼び覚ましてみませんか。

アダム徳永