Adam Tokunagaアダム徳永公式サイト

Mailmagazine

過去のメルマガ詳細

保護中: ★スローセックスレポート/井口和子編その五

日付:2021年04月06日

かつての日本では、
好きな相手と今ほど
自由に結婚できませんでした。

“家に嫁ぐ”という
言葉があったように、
戦後しばらくまでは、
親が結婚相手を決めることが
多くありました。

離婚にしても、
今ほどお手軽なものでは
ありませんでした。

昔は一度結婚すると、
親や親戚縁者の強烈な反対や、
離婚は恥という社会の風潮などで、
今と比べてはるかに
離婚は不自由でした。

それが今では、
自由に好きな相手と結婚できて、
嫌になれば、
これまた比較的自由に
離婚することができます。

ほんの半世紀ほどの間に
結婚に関する意識や風潮が
大きく変わりました。

しかし自由になった社会だけれど、
果たして女性に
幸せをもたらしたでしょうか。

「こんなはずじゃなかった」と、
結婚する前のイメージと
現実のギャップに
悩み苦しんでいる妻が、
いま日本に溢れています。

あなたは何のために
結婚したのですか?

なぜ結婚したのですか?

結婚における幸せの本質は
一つしかかりません。

それは「愛し愛されること」です。

この願いが満たされなければ
どんなにお金持ちの男性と
結婚したとしても、
どんなに夫が
イケメンだろうと、
どんなに大きな家に
住んでいようと、
あなたは決して幸福に
満たされることはありません。

もしあなたがいま
結婚生活で幸せを
実感できないでいるのなら、
一度立ち止まって
夫婦生活を省みてください。

自分たちは本当に
愛し合っているだろうかと。

アダム徳永

PageTop