アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

愛妻家の夫は、
仕事が終われば
すぐに家に帰ります。

休日は妻や家族と過ごす時間を
少しでも増やせるように
スケジュール調整をしてくれます。

総じて愛妻家は、
家にいる時間が長いものです。

理由は簡潔にして明瞭です。
夫にとって居心地が
いい家だからです。

居心地がいい家とは
どんな家でしょうか?

一言でいえば夫にとって
「一番癒される場所」です。

ではいったい何が夫を
癒すのでしょうか?

ローンで購入した
マイハウスでしょうか。

健気にしっぽを振る
ペットの犬でしょうか。

元気に暴れまわる
子供でしょうか。

確かに癒す要素ではあります。

しかし私はそれ以上に
夫を癒す存在があると思っています。

それが妻です。

妻の待つ家が夫にとって、
癒しの場所なのです。

夫が家に帰ってきても、
食事と風呂を済ませたら、
そそくさと自分の部屋にこもって
パソコンのゲームに夢中。

もしもあなたの夫がこんな状態なら、
危険信号です。

妻としてのあなたは
一生懸命に頑張っておられます。

そのことはよくわかっています。

しかしもしかすると、
あなたの努力の中に、
「夫を癒す」
という項目が
入ってないかも知れません。

ぜひこの機会に、
夫を癒してあげることを、
日頃の心がけの中に
加えてみてください。

ちなみに夫が子供みたいに
手がかかるのは
妻から癒してもらいたいからです。

アダム徳永