アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★クンニは女性への誠実な愛情表現
日付: 2018年01月30日

以前ある男性が
プライベート講習を受講しに
はるばる熊本から来られました。

女性経験が豊富で
男としても自信にあふれ
人生を謳歌しておられる印象でした。

その彼が私に
「アダム先生、僕は女性が大好きです。」

「とくに女性を官能させることが
一番の趣味みたいなものです。」

話しの様子から
多くの女性と関係を
持っているようです。

私は女性に悲しい思いを
させないのであれば
人は他人のことをとやかく
言うべきではないと思っています。

ですから私は
「それは素晴らしいことですね。」
「魂が男性として成熟している証拠です。」
と素直な気持ちを述べました。

そして彼に質問しました。

「女性にクンニされるのですか?」

クンニは女性を愛する
一つの目安になるからです。

彼は当然と言わんばかりに
「はい、僕はクンニが好きで
30分でも1時間でもします。」

その返事に私は驚きました。

私は最低クンニに20分は
かけるようにと指導しています。

彼はその上をいっていたからです。

彼の女性に対する姿勢に
内心敬服しながら
指導を始めました。

さすがに女性を愛することが
生きがいの彼は
テクニックの習得の能力は高く
スローセックスのテクニックを
湯水のごとく吸収していきます。

そして終盤。

クリトリスの愛撫の
指導に入りました。

そこで私がテクニックを
指導する前に、
彼の技を見せて
もらうことにしました。

実際にモデルにクンニを
実践していただきました。

ところがどうしたことか
モデルの女性は喘ぐのだけれど
なかなかイク気配がないのです。

通常であるならば
3分・5分でイケる女性なのに
10分が経過し15分が経過しました。

そこで一旦クンニを中断しました。

モデルさんに「どうだったのか」
と感想を聞き、
また彼からもどのように
クンニをしているのか
聞き取りをしました。

すると彼は女性器のクリトリスに始まり
小陰唇・尿道・膣口と至るとろを
舐めたり吸ったり舌で突いたりと
工夫しながら愛撫している
とのことでした。

原因はこれでした。

クンニはクリトリスに対して一点集中的に
皮をむいて優しい舌触りでずっと
舐め続けるのが効率的な愛撫です。

いろいろなところを舐めるのは
最初のうちだけ。

そうでないと快感が
昇っていかないのです。

モデルさんにしてみれば
それがもどかしくて
エクスタシーに昇りつめることが
できなかったのです。

要領を得た彼はすぐに実践しました。

彼女は瞬く間に
オーガズムに身をよじり
カラダを震わせました。

私は彼にクンニを
マスターしてもらうべく
20分間トライしてもらいました。

するとモデルの女性は
その間に何度も
オーガズムを迎えました。

ちょっとした知恵とテクニックで
このように女性をオーガズムに
誘うことができるのです。

そんな彼を見ていて
ふと私は思いました。

彼ほど女性が好きで
献身的に優しく
女性に尽くしているのに
クンニでモデルを
イカせられなかったとするならば、
他の男性はどうなんだろうと…

私は立場的に女性から
イッタことがないという意見を
よく耳にします。

正しくクリトリスを愛撫すれば
このように女性を官能の世界に
誘うことができます。

クリトリスは
股間の割れ目の上部にある
米粒から小豆大の大きさの突起物です。

この突起物、
他に何か役目があるでしょうか。

実はこのクリトリスは
快感を感じオーガズムを
得るためにのみ
存在しているのです。

まさに神さまが
女性にオーガズムを
与えるために
つくられたものなのです。

神さまのギフトなのです。

男性の皆さんにお願いです。

ぜひクンニをマスターし
女性に喜びと官能とオーガズムを
提供してあげてください。

ちなみに私は過去に2時間
クンニをした経験があります。

イカせることに
執着したわけではないのですが、
その女性は100回ばかり
イキ続けました。

たまたま彼女はそういう体質でした。

めったにない経験ですが…

いずれにしても
セックスの達人の私でも
イッたことのない女性に対して
クンニに20分はかけます。

ですから男性諸君、
私を見習ってクンニに20分は
挑戦してみてください。

きっとあなたの彼女は
あなたの誠意と熱意と
愛に感動しますよ。

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る