アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

男なら誰だって
「いい女とセックスしたい!」
と思うもの。

時代がどれだけ移り変わろうと、
これだけは変わらぬ男の本性のはず。

しかし最近の若い男性を見ていると
ちょっとその確信が
揺らぎそうになります。

というのも男盛りの若者が
草食系男子と呼ばれても
平気な顔をしているからです。

生身の女性の裸に
興味を示さないように
なってきているのです。

なぜ今の若者は性欲が
低下したのでしょうか。

オスとしての本能が
無くなったのでしょうか。

その最大の理由は
ネットの普及にあります。

パソコンや携帯から簡単に
AVを見ることのできる環境が
原因であると私は考えています。

彼らは性に目覚めたときから
自由にAVを見る環境にあります。

私が子どもの頃は、
女性の裸や女性器を
見る機会などありません。

公園で拾ったエロ本が
お宝だった時代です。

輸入物のエロ本を密かに買って
マジックで黒く塗りつぶされた部分を
必死になってシンナーで
消したものです。

見たくて仕方ない欲求は
半端ではありませんでした。

そしてただひたすら
寝床で妄想を膨らませ
ひとりエッチで
欲求を満たしたものです。

ところが今やそれが
何の苦労もなく女性の裸を
見ることができるのです。

セックスの過激なシーンを
ダイレクトに見ることができるのです。

それは何を意味するのでしょうか。

実は成長過程の男子の
性欲中枢を麻痺させるのです。

思春期に育つべき性欲や
性的感性の発育が阻害されるのです。

そのため大人になっても
女性の裸や女性器が特別な存在では
なくなってしまったのです。

丹田に充満させるべき
性エネルギーが
カスカスの状態なのです。

彼らはAVを見て自分で抜いて
それで満足。

お手軽に性欲を
処理して充分なのです。

生身の女性を
抱くことが煩わしく
彼らには負担なのです。

それが現代の若者の
状況ではないかと思います。

こんな話をご祖先さまが聞いたら、
「それでも男か!」と、
その場で刀を抜かれそうです。

では性欲が相対的に減退し
女性を抱こうとしなくなった
若者のこのような現象を
どう改善していったらいいのでしょうか。

これからの時代の課題です。

男性としてオスの力が弱まれば
相対的に国力が落ちるのは確かです。

物質的に豊かになったこの時代。

新たな課題が発生しています。

実はこれは陰陽の宇宙法則からいっても
深刻な問題なのです。

アダム徳永